平成3917日目

1999/09/29

【下関駅通り魔殺人事件】

9月29日は何の日 下関駅通り魔殺人事件

29日午後4時25分ごろ、山口県下関市竹崎町4丁目のJR下関駅東口で、乗用車が人をはねながら1階コンコースに猛スピードで突っ込み、降りてきた男が構内で包丁(刃渡り約18センチ)を振り回し、近くにいた人を次々に刺した。

胸や肩などを刺されたAさん(79)ら3人が間もなく死亡し、2人が重体、10人が重軽傷を負った。

駆け付けた山口県警鉄道警察隊隊員が、殺人未遂の現行犯で、山口県豊浦町、運送業U容疑者(35)を逮捕。U容疑者は下関署の調べに対し「何をやってもうまくいかない。社会に不満があったから、だれでもいいから殺してやろうと思った」と話している。県警は同署に捜査本部を設置、詳しい動機などを調べている。

調べでは、U容疑者はレンタカーで駅東口のガラスを破り構内に侵入、フロント部にはねた人を乗せたまま停止した。その後、包丁を持ったまま2階のプラットホームに駆け上がり、包丁を振り回して乗客らに襲いかかった。

駅入り口付近で目撃した女性(17)は「男が車で人をはねながら笑っているのが見えた」と話した。駅構内にある洋品店の女性店員は「『ギャー』という叫び声が聞こえ、車が人をなぎ倒しながら駅に入ってくるのが見えた。刺された女の人が頭にタオルを巻き、血をしたたらせていた」と興奮した様子で話していた。《共同通信》




【甲山事件】高裁、元保母に三度目の無罪判決

兵庫県西宮市の知的障害児施設「甲山学園」(廃園)で1974年、男女2人の園児が浄化槽から水死体で見つかった甲山事件で、うちF君=当時(12)=殺害の罪に問われた元保母山田悦子被告(48)の2回目の控訴審判決で、大阪高裁の川上元康裁判長は29日、「園児の目撃証言や。元保母の捜査段階の自白は信用性が乏しく、検察側主張の動機は人間の考えることとしては不合理」などとして差し戻し一審・神戸地裁の無罪判決を支持、検察側の控訴を棄却した。

無罪判決は3度目で、一審、二審が続けて無罪を維持したのは初めて。検察側の上告については、起訴後21年が経過している上、上告要件が制限されていることなどから、検察内部にも消極論が大きく、断念する公算が大きい。《共同通信》

【民主党】政調会長に菅直人前代表

民主党の鳩山由紀夫代表は29日、新執行部の政調会長に菅直人前代表、副代表に横路孝弘前総務会長らを起用する党役員人事を決めた。幹事長には羽田孜氏が留任。幹事長代理に熊谷弘氏、国対委員長には川端達夫氏を起用した。10月1日に衆参両院議員総会を開き、了承を得る運びだ。

鳩山氏は、代表選を争った菅、横路氏を主要ポストで処遇。選挙戦で鳩山支持を明確にした旧民社系・自民党出身議員の「功績」にも配慮し、党の結束を重視したバランス人事となった。

ただ、役職は代わったものの、顔ぶれは前執行部とほぼ同じ、代わり映えしない布陣ともいえそうだ。《共同通信》

【河野洋平氏】外相就任要請を受諾

自自公連立政権の改造人事で、小渕恵三首相から外相就任を要請されていた河野洋平自民党元総裁は29日午後、受託を決断し電話で首相に伝えた。

これにより宮沢喜一蔵相、河野外相、青木幹雄官房長官が内定、経済再生と来年の主要国首脳会議(沖縄サミット)という二大課題に取り組む新内閣の狙いが鮮明になった。《共同通信》

9月29日/のできごと