平成3918日目

1999/09/30

東海村JCO臨界事故

9月30日のできごと(何の日)

30日午前10時35分ごろ、茨城県東海村石神外宿の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(本社東京都港区)の東海事業所転換試験棟で、放射能漏れの警報が鳴り、社員14人が被ばく、3人が倒れた。うち2人は嘔吐や下痢症状があり、意識はあるが重症。被ばく量は少なくとも8シーベルトと、原爆被ばくに匹敵するレベル。

核分裂の連鎖反応による日本初の臨界被ばく事故で、同日夜には再び臨界状態になった可能性が出ている。このため、茨城県が半径10キロメートル以内の住人約31万3000人に屋内に出ないよう呼び掛け、JR常磐線は水戸ー日立間で運転を中止。住民約160人が避難するなど日本の原子力史上、最悪の事態になった。《共同通信》



政府、緊急事態を宣言

政府は30日夜、小渕恵三首相を本部長とする東海村臨界被ばく事故対策本部会議を首相官邸内で開き、事故状況の報告を受けて今後の対策を協議した。

首相は冒頭、今回の事態について「引き続き放射線の影響も懸念される厳しい事態が判断される。住民の安全を第一に万全を期して対処する」と述べ、政府を挙げて対応に全力を尽くす考えを表明した。

野中広務官房長官は記者会見で、日本で最初の臨界事故であることを認めるとともに「異常な反応が継続して起きている可能性が高い。周辺への放射線の影響が懸念される厳しい状況にある」と説明し、今後の見通しについては「分からない」と答えた。

その上で長官は「わが国でも経験したことのない緊急事態であり、万全の対策をとっていかなければならない」と表明。「一般原発はそれなりに(事故の準備を)していたが、この種の事故は想定していなかった」とし、予想外の事故だったとの認識を示した。《共同通信》

【プロ野球・中日】11年ぶり5度目のリーグ優勝

プロ野球セ・リーグは30日、中日ドラゴンズが11年ぶり5度目の優勝を果たした。優勝へのマジックナンバーを1としていた中日は神宮球場でヤクルトスワローズと対戦。その試合の七回、横浜スタジアムでマジック対象チームの2位巨人が1−2で横浜ベイスターズに敗れたため、その時点で中日の優勝が決まった。それから約1時間半後に中日は5−4でヤクルトに勝ち、リーグ制覇に花を添えた。

日本シリーズは10月23日から、球団創設11年目でパ・リーグ優勝を決めたダイエーホークスの本拠地福岡ドームで開幕する。

星野仙一監督は88年にリーグ制覇を達成しており、中日球団史上初となる2度目の優勝監督になった。《共同通信》

【地下鉄サリン事件】横山被告に死刑判決

死者12人を出した地下鉄サリン事件の実行犯として、殺人未遂罪と武器等製造法違反の罪に問われたオウム真理教幹部の横山真人被告(35)の判決公判が30日、東京地裁で開かれ、山崎学裁判長は「教団の利益のため手段を選ばぬ狂信的かつ独善的な犯行で、社会秩序に対する無謀な挑戦」として求刑通り死刑を言い渡した。《共同通信》



9月30日のできごと