平成3894日目

1999/09/06

【東ティモール】併合派がベロ司教邸を襲撃

独立派が勝利した東ティモール住民投票の結果を不服とするインドネシア併合派民兵は6日、中心都市ディリで、ノーベル平和賞受賞者のベロ司教の公邸を襲撃、司教の執務室に放火した。

ベロ司教らにけがはなかったが、司教公邸を最も安全な場所として身を寄せていた1000人以上の避難民は追い出された。このうち、民兵に殺害されたとみられる20人の射殺体が公邸近くの海岸で見つかった。《共同通信》




【神奈川県警】巡査部長2人が痴漢、万引

相次いで不祥事が発覚した神奈川県警で1997年10月と昨年11月、40台の巡査部長2人が、電車内での痴漢行為と病院の売店での万引で調べを受け、ともに諭旨免職処分になっていたことが6日、新たに分かった。

諭旨免職処分は地方公務員法上の処分には当たらず、依願退職と同様に扱われる。退職金も規定の全額が支払われており、甘い処分との批判も出そうだ。《福井新聞》

【小渕恵三首相】「北野武さんと対談したい」

小渕恵三首相は6日午後、映画監督の北野武さんの兄、北野大淑徳大教授らと首相官邸で会った。

北野氏らの母さきさんが先月亡くなった際、首相が供花と弔電を贈ったお礼のため訪れたもので、武さんが雑誌で首相のことを「海の家のラーメン」に例えたことなどが話題になり、首相は「武さんと対談したい」と大乗り気だった。

「海の家のラーメンは、あまり期待していなかったが、食べてみるとうまかった」というのが「落ち」で首相は大氏に「非常に気に入って使わせてもらってます」と上機嫌だった。《福井新聞》

9月6日/のできごと