平成3893日目

1999/09/05

【小渕恵三首相】基礎年金「税方式移行」に前向き

小渕恵三首相は5日午前、自民党総裁選遊説のため訪れた富山市で記者会見し、懸念の年金改革問題について「(首相の諮問機関の)経済戦略会議で提言をちょうだいした。それを具体化する努力をしなければならない」と述べた。基礎年金の「税方式移行」という経済戦略会議の最終答申を念頭に、前向きに検討する考えを表明したものだ。

その上で「党内では保険で行くか、税で行くかという根本的な議論もある。大いに議論することは結構だ。再び首相(総裁)に当たることができれば良い考えは全部やる努力をしたい」と強調し、社会保障財源に関しては党内議論を踏まえて柔軟に対応する意向を示した。《福井新聞》




【WBCスーパーフライ級タイトル戦】山口圭司選手、戴冠ならず

世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は5日、東京・両国国技館で行われ、挑戦者で同級9位の山口圭司(タイコー小林)はチャンピオンの曹仁柱(韓国)に判定で敗れた。《福井新聞》

【神奈川県警】不祥事続出で本部長が謝罪

神奈川県警相模原南署の元巡査長(41)が、窃盗事件の押収物のネガフィルムを無断で持ち出し懲戒免職処分になっていた問題で、元巡査部長がフィルムに写っていた20代の女子大生に接触し、買い取りを要求したり交際を迫るなどしていたことが5日までに分かった。

深山健男同県警本部長は5日記者会見し、一連の不祥事については「県民に深くおわびする」と謝罪したが、不祥事隠しの指摘には「質問がなかったので触れなかった。やや正確性に欠けていた」などと回答、明確な答弁を避けた。《福井新聞》

9月5日/のできごと