平成3890日目

1999/09/02

【所沢ダイオキシン報道訴訟】農家362人がテレビ朝日を提訴

埼玉県所沢市産野菜から高濃度のダイオキシンが検出されたとのテレビ朝日の報道で、ホウレンソウなどの価格が暴落、誤報で風評被害を受けたとして、JA所沢市組合員の野菜農家ら362人が2日、訂正放送と全国紙への謝罪広告掲載、経済的損害約1億9700万円の賠償を求めて浦和地裁に提訴した。

訴えられたのは、テレビ朝日と、調査データを提供した民間調査機関「環境総合研究所」(青山貞一所長)。

訴えによると、テレビ朝日は2月1日、青山所長も出演した「ニュースステーション」で、実際はせん茶から検出されたダイオキシンの最大値を、所沢市産の野菜から検出されたと報道。この虚偽の数値を前提に、所沢市産の野菜は直ちに人体に有害で危険であるかのように報道。この結果、所沢市産の野菜の価格が暴落したとしている。《福井新聞》




【小渕恵三首相】韓国・金鍾泌首相と会談

小渕恵三首相は2日午前、公賓として来日中の金鍾泌韓国首相と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。両首相は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のミサイル発射問題について、日米間3カ国が緊密に連携し、北朝鮮から再発射停止などの前向きな対応を引き出すよう最大限努力することを確認した。

小渕首相は、会談後の共同記者会見で「北朝鮮が再発射を凍結すれば、日米韓が北朝鮮との関係を前向きに進めることが可能となり、北朝鮮にとっても利益になる」と述べ、米朝協議などで北朝鮮が建設的な態度を示すことに強い期待を表明した。《福井新聞》

9月2日/のできごと