平成3891日目

1999/09/03

【自民党・加藤紘一前幹事長】自自公連立政権は「判断行き過ぎ」

自民党総裁選に出馬する小渕恵三首相と加藤紘一前幹事長は3日、自民、自由、公明3党の連立政権路線をめぐり、激しい応酬を繰り広げた。加藤氏が「判断が行き過ぎ」と批判したのに対し、小渕首相は「民主主義は数がないと駄目だ」と反論、舌戦はエスカレートした。

加藤氏は3日午後、京都府精華町での記者会見で、小渕首相の自自公連立の決断を「一挙に閣内までという判断が行き過ぎだったのではないか。どうせなら、と思ったのかもしれないが、ちょっと踏み込みすぎ、判断が違ったのではないか」と異論を唱えた。《福井新聞》




【民主党・鳩山由紀夫幹事長】憲法改正問題「党分裂を恐れず議論」

民主党の鳩山由紀夫幹事長代理は3日夕、党代表選への立候補表明を受けて共同通信のインタビューに応じ、憲法改正問題について「党分裂を恐れずに徹底した議論をし、結論を出すことによって党の力を強めることができる」と述べ、選挙戦では憲法前文、9条の見直しなど積極的な改憲論争を進める考えを明らかにした。《福井新聞》

9月3日/のできごと