平成3471日目

1998/07/10

【北陸地方】大雨

福井県地方に停滞した梅雨前線の影響で、嶺北各地は10日早朝から激しい雨に見舞われ、16市町村で土砂崩れや家屋浸水、冠水などの被害が相次いだ。局地的大雨となった鯖江市では浅水川が増水しJR北陸線が上下線とも寸断された。

県の災害派遣要請で陸上自衛隊が出動、住民168人が一時避難した。福井地方気象台によると、11日朝にかけて雷を伴った強い雨が降る恐れがあり、引き続き警戒を続けている。《福井新聞》

10日の石川県内は、梅雨前線の影響で降り始めの9日午前3時から10日午前11時までの総雨量が七尾で100ミリを超えたのをはじめ、能登を中心に大雨となった。このため、北陸自動車道で50キロ、能登有料道路で60キロの、それぞれ全線に速度規制が敷かれたのをはじめ、白山スーパー林道では同日早朝から通行止めとなった。

金沢地方気象台によると、能登半島沖にあった梅雨前線が南下して加賀地方の福井県境近くに停滞したため、雨は能登から加賀に移り、夕方にかけて多い所で50ミリの雨量の見込みである。同地方気象台は、今後予測される気象状況から加賀地方に引き続き大雨、雷、洪水注意報を出して、警戒を呼び掛けている。《北國新聞》

9日深夜から10日朝にかけて富山県東部を中心に降り続いた雨で、魚津市東尾崎の布施川左岸4カ所が約400メートルにわたり崩れるなどの被害が出たほか、計97戸が床上、床下浸水した。黒部峡谷鉄道のトロッコ電車も一部で線路が冠水したため始発から全面運休するなどの影響が出た。

富山地方気象台の観測では、降り始めから10日午前7時までの雨量は宇奈月で238ミリ、魚津で172ミリに達している。

富山県消防防災課のまとめでは、黒部市田家新で民家4戸が同日未明に床上浸水したほか、滑川市47戸、黒部市27戸、魚津市や宇奈月、立山町などで計93戸が床下浸水した。

宇奈月町内山の富山地鉄本線内山駅構内では線路が延長約100メートル、深さ約10センチ冠水したほか、木材が流れ込んだため電車の運行を見合わせ、バスで代替運送した。約300人の通勤客の足に影響した。

また、魚津市坪野の県道宇奈月大沢野線で土砂崩れのため全面通行止めとなったのをはじめ、宇奈月町、朝日町、立山町などで土砂崩れがあり、県道など9路線が一時通行止めとなった。《北國新聞》



【北の国から’98時代(前編)】放送

【大相撲名古屋場所】6日目

大相撲名古屋場所6日目(10日・愛知県体育館)新横綱若乃花に土がついた。若乃花は出島の当たりに後退し突き落とされて、初の金星配給。出島は3個目の金星で5勝1敗。横綱貴乃花は敷島を寄り切り、大関武蔵丸は五城楼を押し出し、ともに無敗をキープした。横綱曙は栃乃和歌を突き出し、大関貴ノ浪は巌雄を寄り切って、いずれも1敗を堅持。関脇千代大海、栃東、琴の若、若の里も勝ち、全勝の二人を追う1敗は八人となった。十両は安芸ノ州が6戦全勝で単独トップ。《共同通信》

【サッカー・中田英寿選手】移籍合意を否定

サッカー日本代表のMF、中田英寿(平塚)は10日午前の練習後に平塚市内で記者会見し、イタリア一部リーグ(セリエA)に今秋復帰するペルージャから移籍交渉が大筋で合意に達したとの発表があったことについて「合意の事実はない。まだ何も決まっていない」と語った。中田がこの「問題に関して公の場で言及したのは初めて。

外国クラブへの移籍交渉については「いくつかの話がある」と認めたが、「(交渉次第では)平塚に残ることになるかもしれない」と話した。ペルージャ側は7日、中田との移籍交渉でほぼ合意に達したとする文書を発表。中田サイドはクラブとの接触の事実を認めたものの、合意の事実は否定していた。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】訪仏、訪米の日程固まる

今月下旬の橋本龍太郎首相のフランス、米国公式訪問の日程と、それぞれの首脳会談のテーマが10日、固まった。首相は19日午前、政府専用機で羽田空港を出発、午後にパリに到着、直ちに歓迎式典に臨む。20日午後にシラク大統領、ジョスパン首相と個別に会談。21日にはワシントンに移り、22日午前にクリントン大統領と会談し、共同記者会見に臨む。《共同通信》

【ロス銃撃事件】高検が上告

東京高検は10日、ロス銃撃事件で元会社社長三浦和義被告(50)の殺人罪を逆転無罪とした1日の東京高裁判決について、判例違反などを理由として最高裁に上告した。一、二審とも無罪の駐車場経営A被告(46)については「上告理由が見当たらない」と上告を断念、無罪が確定する。

三浦被告が指示しA経営者が実行したとの検察側主張を基に約10年にわたり争われてきた同事件は、特定されない実行行為者と三浦被告との共謀という構図で争われることになる。

検察当局は控訴審判決について、上告理由を検討。状況証拠によって認められる間接事実を積み重ねれば、三浦被告が銃撃を仕組んだ犯人と認められると判断。

控訴審判決は、三浦被告に有利な証拠に偏っていたとして「証拠の選択や事実認定は経験則(経験に基づく常識的な考え方)によるべきだ」との最高裁判例に違反すると指摘し、「到底承服し難く、破棄しなければ著しく正義に反する」とした。

記者会見した東京高検の「高野利雄次席検事は「三浦被告は単に共謀したというだけではなく、殺害目的で現場に一美さんを連れ出して銃撃させた実行犯と考えられる」と述べ、仮に銃撃実行犯が特定されなくても三浦被告の犯行を立証することは可能との立場を強調した。

三浦被告は昭和56年11月に米ロサンゼルス市で保険金を目的としてA経営者に妻一美さん=当時(28)= の頭を銃撃させ、殺害したとして起訴された。

一審東京地裁はA経営者の殺人罪について無罪とし、三浦被告は「氏名不詳の第三者に銃撃させた」と無期懲役判決を言い渡したが、控訴審判決は「肝心の点で立証が欠落している」と指摘し、二人に無罪を言い渡した。《共同通信》



7月10日のできごと