平成3463日目

1998/07/02

【オウム真理教・松本智津夫被告】第85回公判

オウム真理教松本智津夫被告(43)=教祖名麻原彰晃=の第85回公判が2日、東京地裁で開かれ、地下鉄サリン事件の実行犯とされる元幹部林泰男被告(40)が「麻原が破防法の弁明手続きで言っていたことはうそ」と証言した。国選弁護団の反対尋問に答えた。

弁明手続きは、教団に破防法の団体規制処分を請求する前に公安調査庁が実施。平成8年1月から6月にかけて6回にわたり開かれ、松本被告も意見陳述した。

弁護団は、その際に松本被告が自分の指示の絶対性をめぐり「訳が分からなくてもグル(教祖)の言う通りやるのは(オウムの)教義ではない」と説明した、と指摘。

しかし林被告は「麻原は本当のことを言っていない」と反論。松本被告が「君たちは最終解脱していないから正しい考え方ができない。私の言うことが理解できなくても当たり前で、疑問に思ってはいけない」と説いた、と述べた。《共同通信》



【日本サッカー協会】岡田監督の辞任認める

日本サッカー協会は2日、東京都内で強化員会を開き、ワールーカップ(W)フランス大会一次リーグで3戦全敗の責任を取って辞任を申し出た日本代表チームの岡田武史監督(41)への続投要請を断念し、辞任を認めることを決めた。19日の理事会で承認される。

昨年秋のW杯アジア最終予選途中で更迭された加茂周前監督の後を受けて昇格した岡田監督の任期は7月いっぱいだった。しかし、強化委は手腕を評価し、日本と韓国が共催する次回2002年大会までの続投を要望していた。

大仁邦弥強化委員長は岡田監督を「W杯は3敗でもチーム戦略など、十分に評価できるものだった。持てる力を十分に出してくれた」と高く評価。しかし「岡田監督の家族が傷つき、犠牲になったというのが一つの大きな判断になった」と断念の理由を説明した。

日本代表は8月19日に大阪でブラジル代表と対戦する。同強化委員長は、それまでに後任監督を選定したい意向を示したが、2002年大会を視野に入れた人選となる見通し。同強化「委員長は期間や日本人か外国人か全く白紙の状態。強化委員会の意見では若い選手を育てた実績のある人が望ましい」と話した。《共同通信》

【香港国際空港】開港記念式典(営業開始は6日)

香港西端にあるランタオ島の埋立地に完成した新「香港国際空港」の開港式典が2日午前、同空港で行われ、返還記念行事のため訪問していた江沢民・中国国家主席らが出席した。同空港は英国が中国への置き土産として1992年に着工した。しかしこの日行われた開港式典には、最後の香港総督パッテン氏ら旧植民地当局首脳は招かれなかった。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】ブリッジバンク制度「役に立つと思う」

橋本龍太郎
https://www.kantei.go.jp/

橋本龍太郎首相は2日夕、政府、自民党が決めたブリッジバンク(つなぎ銀行)制度について首相官邸で記者団の質問に答え「僕が指示したことをよく整理してくれた。役に立つと思う」と述べ、金融機関の不良債権処理に有効との考えを示した。《共同通信》

【航空自衛隊・小松基地】田母神司令が着任

1日付で航空自衛隊小松基地に就いた田母神俊雄基地司令の着任式は2日午前、同基地で行われた。隊員約1000人を前に田母神司令は「地域の住民に愛され、頼りにされる部隊作りを目指したい」と抱負を述べ、続いて開かれた記者会見で着任の意欲を語った。

田母神司令は福島県出身、防衛大15期生。福岡県春日基地の第2高射群を振り出しに、幹部学校教官、青森県三沢基地の第3航空団基地業務群司令、航空幕僚監部厚生課長などを経て、平成9年3月から南西航空混成団司令部幕僚長を務めた。《北國新聞》

【林家正楽さん】死去

紙切り芸の第一人者で、自伝がNHKドラマにもなった二代目林家正楽さんが2日午前0時2分、腸閉塞のため東京都文京区の病院で死去した。62歳。埼玉県出身。

落語家を目指し、19歳で八代目林家正蔵(後の彦六)に入門するが、言葉のなまりで苦労し紙切りに転向、初代正楽の門下に入る。昭和41年に二代目正楽を襲名した。長男は落語家桂小南治、二男は紙切り林家二楽。正蔵に入門したころの思い出をつづった自伝的エッセー「正蔵師匠と私」は、平成元年にNHKの水曜ドラマ「晴のちカミナリ」として放送された。《共同通信》



7月2日のできごと