平成3348日目

1998/03/09

【森田健作参院議員】衆院補欠選出馬表明

新井将敬衆院議員の死去に伴う衆院東京4区補欠選挙で、自民党は9日、森田健作参院議員を公認候補に決めた。森田氏は同日、記者会見し出馬を表明した。

自民党の公認が得られない場合、無所属でも出馬するとしていた元民社党委員長の大内啓伍氏は同日、自民党本部の説得を受け入れ、立候補を断念した。《福井新聞》

広告




【橋本龍太郎首相】金融検査を増員で強化

橋本龍太郎首相は9日、衆院予算委員会の景気、経済、金融問題をめぐる集中審議で、6月までに発足させる金融検査庁の検査部門について「増員は(大蔵省の金融行政見直しの)次か、あるいは並行していくべき問題だ」と述べ、当初の約250人体制を将来的には増員で強化する考えを明らかにした。

野党側は、自民党の山崎拓政調会長が打ち出した10兆円以上の追加景気対策構想などに関連、「現在の予算案が最善と考える」とする首相との見解の違いを追求。首相は予算案の早期成立を重ねて訴えるとともに、政府、自民党の間で足並みが乱れないよう意思確認を図ることを約束した。財政構造改革法の適用棚上げについては「今、頭にない」と明確に否定した。《福井新聞》

3月9日/のできごと