1998 平成10年1月6日(火)

平成3286日目

平成10年1月6日(火)

1998/01/06

【自由党】旗揚げ:党首に小沢一郎氏

小沢一郎旧新進党党首を中心とする「自由党」は6日、都内のホテルで結成両院議員総会を開き、小沢氏を初代党首に選出、衆参両院議員54人(衆院42人、参院12人)で旗揚げした。この後の常任幹事会で副党首に西岡武夫、副代表常任幹事に野田毅両氏を充てる主要人事を決めた。野田氏は幹事長、政策責任者も兼ねる。

小沢氏に共鳴する議員を集める「純化路線」の結果、参加議員は当初見込みより半減、野党第二党としての出発となった。

総会での「所信表明」で小沢氏は、自由、共産両党などを除く野党統一会派や新党結成の動きについて「国会内の数合わせによる政権交代は、理念・政策の一致がない以上、仮に成功したとしても形を変えた55年体制を生み出すだけだ」と強く批判した。

自由党は、新進党当時の政策審議会や総務会は廃止し、常任幹事会と「明日の内閣」を兼務する11人に党運営、政策全般の決定・執行を一本化。代表常任幹事と「明日の内閣」首相を兼ねる小沢氏に権力が集中するトップダウン型の仕組みになっており、批判や不満が出にくい体制となった。《共同通信》




【橋本龍太郎首相】「金融、景気に全力」

橋本龍太郎
https://www.kantei.go.jp/

橋本龍太郎首相は6日午前の年明けの初閣議で、今後の政権運営に関連して「金融システム安定と景気回復に万全を期し、今日までの経験と反省に立って日々全力を尽くす」と述べた。

12日召集の通常国会で、1997年度補正予算案、金融システム安定化法案(仮称)など関連法案の早期成立を目指したものだ。

沖縄の米軍基地問題や経済振興についても「引き続き内閣を挙げて取り組みたい」と強調。外交関係では「平和条約締結を含む日ロ関係の一層の改善、日中友好関係のさらなる前進、朝鮮半島問題にも全力を尽くす」と表明した。《共同通信》

1月6日のできごと