1998 平成10年1月5日(月)のできごと(何の日)

平成3285日目

平成10年1月5日(月)

1998/01/05

【新党友愛】旗揚げ

旧新進党の旧民社党系議員23人(衆院14、参院9)でつくる「新党友愛」の結党大会が5日午後、都内のホテルで開かれ、代表に中野寛成氏、幹事長に伊藤秀成氏を選出した。

中野代表はあいさつで「できるだけ多くの政党と院内統一会派を組み、目前の通常国会で力を発揮したい」と述べ、民主党が提唱する野党大統一会派に積極的に参加する考えを表明。

さらに「来るべき選挙までに選挙協力や新党結成に向け協議を急ごう」と新・新党結成も視野に入れ野党勢力が結集するよう呼び掛けた。《共同通信》




【6野党】統一会派を確認

民主党、新党友愛、国民の声、太陽党、フロムファイブ、民主改革連合の野党6党は5日夜、都内のホテルで党首会談を開き、12日召集の通常国会までに6党による衆院統一会派の結成を目指す方針で基本的に一致、6日から6党の政策担当者による政策協議に入ることで一致した。

ただ友愛と太陽党が、党内論議が必要としたため、7日夜に再度会談し、最終決定することになった。6党の統一会派が実現すれば、無所属議員数人も加わる100人近くの勢力が誕生する。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】「新党とも協力を」

橋本龍太郎首相は5日午後、三重県の伊勢神宮を参拝後に神宮司庁内で記者会見し、旧新進党の分裂を受けた政権運営について「政策によっては各党各会派それぞれと協力し、相談しながら金融システム安定化や景気対策、予算の成立に努めていきたい」と述べ、重要政策課題に関しては新党各党にも幅広く協力を求めていく考えを表明した。

ただ現在の自民、社民、さきがけの与党3党体制に関しては、1998年度予算案を自社さ3党で編成したことを強調し「3党協議による成果を大事にして、この連立をきちんと維持する」と、今後も与党の枠組みを堅持する姿勢を強調した。《共同通信》

1月5日のできごと

シェアする

フォローする