1997 平成9年12月18日(木)

平成3267日目

平成9年12月18日(木)

1997/12/18

【東京湾アクアライン】開通

世界最長の海底自動車トンネルと海上橋で神奈川県と千葉・房総半島を結ぶ東京湾横断道路(アクアライン、全長15.1キロ)が構想から約35年にして完成し、18日午前、川崎市、千葉県木更津市側それぞれで開通式が行われた。

民間資金を導入した第三セクター方式の巨大プロジェクトとして総事業費1兆4300億円を投じ、本格着工から8年がかりで建設した。トンネル部分の工事では、海底を世界最大級のシールド機で掘り進み、海洋土木技術の進歩にも大きく貢献、注目を集めた。

川崎と木更津が直結、渋滞が恒常化している首都圏の新たな環状ネットワークとなりそうだ。通行料は開通後5年間は普通車で4000円。利用者確保と1兆円を超す建設借入金の返済がアクアラインを運営する日本道路公団の大きな課題となる。《共同通信》

【新進党代表選】小沢一郎氏が再選

新進党の党首選挙は18日午後、都内で開かれた臨時党大会で投開票を行なった結果、小沢一郎党首(55)が鹿野道彦元総務庁長官(55)を破り再選された。

小沢氏は党再生のため党名、綱領、組織のすべてを改めるとしているほか、旧党派グループの解散を求めるなど「解党的出直し」を訴え、解党ー分党も辞さない強い姿勢で思い切った党改革を進める考え。周辺は「小沢氏主導体制」を確立するための人事を進める構えだ。

しかし、選挙戦を通じて一定の勢力を確保した鹿野陣営が公平な人事、党運営を求めるのは確実。党内の亀裂が拡大し、分裂の可能性をはらんだ厳しい局面を迎えることになろう。《共同通信》

【韓国大統領選】金大中氏が当選

21世紀に向けた指導者を選ぶ18日投票の韓国大統領選挙は、19日朝までに開票作業を終え、野党、新政治国民会議の金大中氏(72)が大接戦の末、旧与党系ハンナラ党の李会昌氏(62)を約39万票差で下して当選した。韓国で選挙により与野党の政権が交代するのは初めて。新政権は来年2月に発足する。《共同通信》

12月18日のできごと