平成3266日目

1997/12/17

【橋本龍太郎首相】総額2兆円規模の減税を表明

橋本龍太郎首相は17日、首相官邸で緊急会見し、金融不安や景気失速の懸念を鎮静させるため金融安定、経済最優先へと政策を転換、1997年度補正予算で赤字国債を財源とする総額2兆円規模の所得税・住民税減税に踏み切ることを表明した。2月から源泉徴収税額などを控除、夫婦と子供2人の世帯の減税額は合計で6万5000円となる。

特別減税に踏み切った理由として「家庭や企業の景況感が厳しく、金融システムやアジア経済への国民の不安は払しょくできない。日本発の世界恐慌の引き金を引くことはできない。思い切った施策を講じる必要がある」と指摘、内外の経済不安定をにらんだ経済、景気重視への政策転換であることを強調した。《共同通信》



【フィギュア・宇野昌磨さん】誕生日

【テレビ東京】“ポケモンショック”で謝罪

テレビ東京は17日夕、東京・虎ノ門の本社で記者会見を開き、18日にも「調査チーム」の初会合を開いて「ポケモン被害」の究明に当たると同時に、結論がすぐに出ない場合は、来週放送予定の39話のオンエアを見送る可能性があることを明らかにした。

また、問題になった38話については、ビデオに録画して見ている子供がいることから、「局からのお願い」として録画したビデオを見ないようニュースなどで注意を促している。

森広成・編成専任局長は「楽しく番組を見ようと思った方にご迷惑をおかけしました」と謝罪。「『ポケモン』はお子さんに人気がある番組。番組自体に問題があるとは思えないので、できれば(放送を)続けたい」としながらも、「あくまで調査チームの意見を聞いて結論を出す」とした。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・橋本龍太郎首相は17日、国会で記者団からアニメ番組「ポケットモンスター」を見た子供たちが相次ぎ発作を起こした事件の感想を聞かれ、「光やレーザーは武器としても考えられていた。効果には未知の部分が残っている」と解説。「ブラウン管を通して国民の目に触れた時、どういう影響があるか定かでない」とも分析し、社会現象への目配りをさりげなくアピールした。もっとも、ポケモンそのものは「よく知らないんだよ」と、話題の核心についてはリサーチ不足。

○・・・自民党の山崎拓政調会長はこの日、党の臨時経済対策協議会で「誠に突発的な総理の提案、イニシアチブだった。大蔵省も急きょ具体案を準備せざるを得ない状況に追い込まれた」と、寝耳に水だった二兆円減税発表の経緯を説明。「昨夜の自社さ三党の幹事長、政調・政審会長の会談で、社民が二兆円の減税を主張した。偶然は必然。必然は偶然。これはトルストイの言葉だ」とけむに巻いた。これまで財政構造改革に反すると大幅減税を求める党内の声を退けてきただけに、苦しい立場を笑いでごまかした?《共同通信》



12月17日のできごと