平成3132日目

平成9年8月5日(火)

1997/08/05

【小泉純一郎厚相】HIV被害者と面談

薬害エイズの被害者が5日、厚生省を訪れ、小泉純一郎厚相と大臣室で面談、今後の被害救済について話し合った。小泉厚相は、同省がこれまで建立に難色を示していた「薬害根絶を誓う碑」について、「事件を深く反省し、心に刻むために作ります」と明言した。

「大臣交渉」には、東京、大阪のHIV訴訟原告・弁護団約80人が参加した。冒頭、原告側は「最近の厚生省には薬害エイズを幕引きしようという姿勢が感じられる」と指摘。小泉厚相は「被害を拡大させた責任を深く感じており、対策に全力を挙げる」と答え、「不信感があれば率直にぶつけていただきたい」と述べた。《読売新聞》



【安田病院グループ】患者たらい回しで報酬

看護職員数の水増しで診察報酬(看護料)を詐取したとされる安田病院と系列の2病院が入院患者を「たらい回し」で新規入院扱いにして、より高額な入院時医学管理料を得ていたことが5日、関係者の証言で分かった。

同管理料は、長期入院の弊害を防ぐため、入院期間が伸びるほど定額になるよう設定され、この制度が悪用された形。

大阪地検特捜部はグループの実質経営者、A容疑者(77)が指示したとみて、看護料不正請求などと併せて不明朗な経営実態の解明を進めている。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】「靖国参拝せず」

橋本龍太郎
https://www.kantei.go.jp/

自民党の国会議員有志による「英霊にこたえる議員協議会」(会長・村上正邦参院自民党幹事長)は5日、首相官邸で橋本首相に対し、今月15日の終戦記念日に靖国神社を参拝するよう申し入れた。

これに対し首相は「(参拝したい)気持ちはあなたたち以上かもしれないが、状況は複雑だ」と述べ、外交的な配慮などから参拝しない考えを改めて強調した。《読売新聞》



8月5日のできごと