平成2807日目

平成8年9月14日(土)

1996/09/14

【O-157被害者の会】大阪・堺市で結成

大阪府堺市の病原性大腸菌O-157による集団食中毒で、被害にあった児童の保護者7人が14日、「被害者の会」を結成し、同市内で初会合を開いた。

参加者は「今回の食中毒は堺市の学校給食に起因する」と確認した上で、同市に対し、看病や後遺症の心配などの精神的苦痛に対する損害賠償請求訴訟の提訴や、刑事告訴、告発を検討するなどの活動方針を決めた。

また「市が注意義務を怠ったため食中毒で多大な税金を投入した」として同市の食中毒関連予算約12億円を幡谷豪男市長が市に返還するよう求める住民監査を来週中にも請求する。《共同通信》



【Jリーグ】第19節

Jリーグ第19節(14日・カシマスタジアムほか=8試合)鹿島アントラーズは長谷川が決勝点を挙げ、横浜フリューゲルスを2−1で振り切って4連勝で首位等った。鹿島を勝ち点2の差で追う2位の柏レイソルは延長の末、3−2でジュビロ磐田に競り勝って2連勝。3位の名古屋グランパスは京都サンガを3−0で下した。ヴェルディ川崎は5−1でサンフレッチェ広島に大勝して6連勝。清水エスパルスはジェフ市原を1−0で破って連敗を7で止めた。《共同通信》

【大相撲秋場所】7日目

大相撲秋場所7日目(14日・両国国技館)今場所初めて横綱、大関陣が安泰。横綱貴乃花は危なげなく琴稲妻を寄り切り、7戦全勝で単独首位を堅持した。横綱曙は関脇魁皇を力強く寄り切り6勝1敗。魁皇は3敗目を喫し、場所後の大関昇進が絶望的となった。大関武蔵丸は苦戦の末に剣晃を突き落として1敗をキープ。旭豊が敗れたため、1敗は曙と武蔵丸の二人になった。大関若乃花は琴別府を寄り切って5勝目、大関貴ノ浪は小錦を寄り切り4勝目。小結同士の一番は琴の若が勝って今場所初白星、負けた武双山は4連勝の後、3連敗。十両は栃東が7連勝で依然単独トップに苛立っている。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】早期解散を明言

橋本龍太郎
https://www.kantei.go.jp/

橋本龍太郎首相は14日午後、山形市で講演し、衆院解散・総選挙について「いや応なしにそう遠くない将来、(小選挙区制という)新しい選挙制度の下で衆院の審判を受ける日が来る。私自身もふるさとで初めての制度による審判を受ける」と述べ、早期解散を初めて明言した。

首相は「10月8日公示、20日投票」という衆院選日程を固めており、「それぞれ新制度の下で素晴らしい合格点をもらえるよう願っている」と、自民党の選挙態勢に万全を期す考えを示した。

また衆院解散の前提としてきた沖縄米軍用地強制使用の公告・縦覧代行問題が決着したことについて「ようやく沖縄県に『国の行政に協力してやろう』と言ってもらえるところまできた」と述べた。《共同通信》



9月14日のできごと