平成2751日目

平成8年7月20日(土)海の日

1996/07/20

【東京都狛江市】失踪前市長が会見

多額の負債を抱え6月中旬から失踪していた東京都狛江市の石井三雄・前市長(65)が20日、東京都内で記者会見し「世間の方や、債権者などに迷惑をかけ申し訳ない」と謝罪するとともに、失踪の経緯について釈明した。

石井氏は失踪した理由について①今後の債務処理を考えるため②目や首などの持病の治療のため③自分がいれば市長選に影響を与えかねないーなどと述べた。

また負債総額は約30億円で、大半は連帯保証による債務だが在職中の韓国へのとばく旅行による借金も4億ー5億円になることを明らかにし、「ばくちやカジノのことはもう考えたくない」と話した。《共同通信》



【海の日】施行

今年から祝日となった「海の日」の20日、県内各地の海岸や港などで記念イベントが開かれた。福井市鷹巣海岸では県内初のニュースポーツフェスティバルが開かれ、砂浜が若者の熱気で包まれた。越前町では恒例のギャルみこしで海水浴場が活気付いたほか、福井港や敦賀港では、ボードセイリング、カッターレースとマリンスポーツが花盛りとなった。

昨年までは7月20日は「海の記念日」だったが、海の恩恵に感謝、海に親しもうと14番目の国民の祝日に制定された。東京・日比谷の帝国ホテルでは皇太子ご夫妻のほか、橋本龍太郎首相らが出席して「海の日制定記念式典」が開かれた。全国各地でも記念行事が相次いだ。《福井新聞》

【大相撲名古屋場所】14日目

大相撲名古屋場所14日目(20日・愛知県体育館)横綱曙が2敗目を喫し、そろって勝った横綱貴乃花と大関貴ノ浪の3人が横一線に並んで千秋楽に優勝を争う展開となった。

曙は大関若乃花を攻め込みながら、かわず掛けの奇襲に遭って敗れた。若乃花は10勝目。貴乃花は大関武蔵丸の突き、押しをかわして左四つから寄り切り、貴ノ浪は関脇武双山に右小手投げで逆転勝ちした。武双山は負け越し。

千秋楽に貴ノ浪が関脇魁皇に勝てば、貴乃花−曙戦の勝者との優勝決定戦に持ち込まれ、貴ノ浪が負けると、結びの一番で優勝が決まる。十両は大善と若翔洋が10勝4敗で並んだ。《共同通信》

【プロ野球オールスターゲーム第1戦】

全パ(仰木監督)7−4全セ(野村監督)

プロ野球サンヨーオールスターゲーム第1戦、全パー全セは20日、福岡ドームで行われ、全パが3本塁打などで7−4で打ち勝ち、最優秀選手(MVP)には6回に代打本塁打を放った山本(近鉄)が輝いた。通算成績はパの66勝49敗6分け。

全パは1回、イチロー(オリックス)の先頭打者本塁打とブリトー(日本ハム)の本塁打で3点を先制。6回に落合(巨人)に二塁打などで同点とされたが、その裏一死、一、二塁で初芝(ロッテ)が中前へ勝ち越し打を放ち、続く代打の山本が右翼席に打ち込んだ。《共同通信》

【ボクシング・原田剛志選手】WBC王座獲得ならず

世界ボクシング評議会(WBC)ジュニアフェザー級タイトルマッチ12回戦は20日、大阪府立体育会館で行われ、挑戦者で同級3位の原田剛志(ハラダ)はチャンピオンのダニエル・サラゴサ(メキシコ)に7回2分17秒TKOで敗れ、世界初挑戦でのタイトル奪取に失敗した。

原田の戦績は22戦20勝(11KO)2敗となった。2度目の防衛に成功したサラゴサの戦績は63戦53勝(27KO)7敗3分け。

原田は2回に右目上を切りながら果敢に打ち合いを挑んだ。しかし、38歳のサラゴサは右ジャブを有効に使って冷静に対応。7回、左右フックを浴びせ、原田をロープに詰めたところでレフェリーストップがかかった。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】介護保険「市町村が担当すべき」

橋本龍太郎首相は20日午後、福岡市で開かれた自民党九州ブロック国会議員総決起大会で講演、次期臨時国会への提出が予定されている公的介護保険法案に関連して「住民が身近に求める仕事は、身近な行政がやるべきだ」と述べ、保険制度の運用主体に想定される市町村の理解と協力を積極的に求める考えを表明した。

その上で「世代間の同居が少なくなり、お嫁さんに年寄りの面倒を背負ってもらうことは限界にきている」と、あらためて新制度導入への決意を示した。

首相は景気対策を内閣の最優先課題に挙げ、景気が回復傾向にある中で中小企業の立ち上がりが遅れていると指摘。「規制緩和や規制撤廃といった薬(緊急対策)を作ることで、風穴を開けなければならない」などと経済構造改革に言及して、雇用創出の重要性を訴えた。《共同通信》



7月20日のできごと