平成2360日目

平成7年6月25日(日)

1995/06/25

【政党交付金】自民132億、新進87億円

自治省は主要9政党に対する平成7年分の政党助成金の年間交付金額を決定、25日付で発表した。9党への交付総額は299億円。交付金額が最も多いのは自民党で、132億円(1000万円未満四捨五入)を受け取る。以下は新進党86億8000万円、社会党59億2000万円、新党さきがけ7億2000万円、民主改革連合5億7000万円、公明5億3000万円、自由連合1億8000万円、平和・市民1億1000万円、第二院クラブ700万円となっている。

助成金は参院選終盤の7月20日に、今年前半分として決定額の半額が各党の銀行口座などに振り込まれる。政党助成制度は今年から導入され、今回が初めての支給。交付金額は今年1月1日の国会議員数などに基づいて算定され、各党の前年収入実績の3分の2が交付限度額となる。今回は社会、民改連、二院クの3党が、「3分の2条項」によって算定額を満額受け取れない。

算定額と受取額の差額は、社会党が7億8000万円、民改連6000万円、二院ク2億6000万円で、それぞれ減額されている。社会党は前回衆院選(5年)での大幅議席減に伴って、議員が納める党費が減ったことなどが響いた。社会党などが満額を受け取れなかったことで、与野党にある「3分の2条項」の撤廃論議が活発化しそうだ。

今年後半分の助成金は、10月と12月に総額の4分の1ずつ支給されるが、参院選での各党議席の増減に応じて、交付金額も再算定される。共産党とスポーツ平和党は、助成制度に反対する立場から受給手続きを取っていない。自治省は26日に各党の前年収入実績を官報に告示し、正式に交付金額の決定手続きを取る。



【 JR日豊線】倒木に電車が衝突、車掌が死亡

25日午前9時20分ごろ、鹿児島県曽於郡財部町北俣のJR日豊線で、線路上に倒れていた木に西鹿児島発宮崎行きの快速電車が衝突、車掌のAさん(35)が前部窓ガラスを突き破った木の枝で頭を強打、死亡した。乗客26人のうち2人がむち打ちなどの軽いけがを負い、病院に運ばれた。24日午後以降、鹿児島県を見舞った大雨の影響で、線路わきのがけの木が滑り落ちた、とみられる。《共同通信》

【オリックス・伊藤隆偉投手】プロ初完封

オリックス6−0日本ハム◇25日◇東京ドーム

8年目の伊藤がプロ入り初完投勝利を完封で飾り、オリックスは4連勝。伊藤はフォークボールを有効に使う投球だった。ピンチは一回一死一、二塁だけでわずか3安打に抑えて投げ切った。

オリックスは三回、馬場の今季初本塁打で2点を先制。続く四回には小川の適時三塁打の後、ニールの3試合連続本塁打で計3点を加え、八回にはイチローが13号本塁打した。《共同通信》

6月25日のできごと