平成2272日目

平成7年3月29日(水)

1995/03/29

【警視庁】オウム施設を捜索

連日の捜索が続く山梨県上九一色村のオウム真理教施設付近は29日午後、雪とみぞれが激しく吹きつけた。チェーンソウやエンジンカッターの音が響き、押収した荷物を運ぶトラックがひっきりなしに行き交う。警視庁はこの日も350人を動員。「化学工場」とされる「第7サティアン」や中枢施設の「第6サティアン」を大掛かりに捜索した。《共同通信》

山梨県上九一色村のオウム真理教施設を強制捜査してている警視庁大崎署捜査本部は、29日午後も第6、第7サティアンの捜索を続行した。その結果、既に収されている細菌の培養材料「ペプトン」のほか、新たに、一定の温度で細菌を培養する「恒温器」や、器具の消毒、その他に使う「滅菌装置」などの器材を発見、押収した。

恒温器は細菌の研究に不可欠な器材で、教団が平成4年秋ごろ購入。また同時期にバイオテクノロジー研究の名目で、ガラス製実験器具の購入を始めたことも分かった。捜査本部は、教団が約2半前から、サリン製造とは別に、大掛かりな細菌の実験態勢を整え、培養を進めていた可能性があるとみて、培養の対象となった菌の特定など目的を調べている。

滅菌装置だけは今月初めに購入していることから、この装置は、警察の捜索に備え、培養した細菌の処分に使われた可能性も出てきた。

専門家によると、恒温器は細菌や細胞を一定の温度条件で成育させるのが目的で、これがないと培養はできない。同教団は都内の理化学機器代理店を通じ、教団関連会社である株式会社「オウム」が約40センチ四方のタイプを購入していた。

同教団は、恒温器購入と合わせるように、別の理化学機器代理店から「植物バイオの研究に使う」と、フラスコやホールピペットなどガラス製実験器具を平成4年から昨年9月まで継続的に買っており、購入量は計約1000万円分に上る。

また既に押収されている「ペプトン」の押収量は18リットル入り金属缶約160個と極めて大量だった。大学の研究室レベルでは、年間の使用量が多くても20リットル程度であることから、捜査本部は同教団がかなりハイペースで研究を進めていたとみている。《共同通信》

上九一色村のオウム真理教の施設から抜け出す信者が相次いでいる。山梨県警や地元のオウム反対派住民によると、昨年だけで約50人、今年に入って5−10人に上るとみられる。

2、3年前までは厳しい修行に疲れ、逃げ出す人が多かったが、最近は入信したものの教義に傾倒する前に脱会するケースが目立つという。

今年2月に施設を抜け出したという東京の大学の理工学部学生(20)は「昨年暮れ、親に連絡せずに入信したが、心配していると思って逃げた」と打ち明けた。「第8サティアン」にあるコンピューター工場「マハーポーシャ」で精神統一のため数学の勉強をさせられていたと話し、九州地方の実家に帰った今も、オウム信者から戻るよう説得を受けるという。

大阪・西成地区で昨年末ごろ「施設で働けば月40万円稼げる」と誘われ、上九一色村に連れて来られたという日雇い作業員の男性(20)は2月、血が付いた作業服姿、はれ上がった顔でオウム施設から抜け出し、村民に保護された。村民によると、男性は「一度逃げたところを連れ戻され、殴る、けるの暴行を受けて独房に閉じ込められた」と話した。さらに、西成では脱会者に目を光らせるオウム信者もいるため大阪には帰らない、と訴えたという。

別の作業員は(25)は「一日に大豆のハンバーグと固いまんじゅうぐらいしか食べさせてもらえない上、上九一色に来てから月給3000円と言われ、昨年10月、逃げ出した」としている。《共同通信》



【連立与党代表団】北朝鮮・姜成山首相と会談

連立与党代表団(座長・渡辺元外相)は29日午後、平壌の万寿台議事堂で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の姜成山首相と約1時間会談、国交正常化交渉の早期再開で合意した。

姜首相は「3党共同宣言に基づいて開かれた政府間交渉の再開を期待する」と述べたのに対し、渡辺氏は「核問題に関する米朝合意が着実に実行されれば一応の解決になる。交渉中断は不自然だ。交渉を条件なしに再開してほしいという気持ちだ。言いたいことは言い、譲り合ってまとめていく交渉をしてほしい」と述べ、交渉再開に期待を示した。

さらに渡辺氏は「政府が実行できないことは約束できない。首相の決断で妥結できればありがたい」と述べ、新たな4党合意文書を30日朝までに作成できるよう要請した。《共同通信》

【政界談話室】

○…渡辺元外相ら与党訪朝団の一行は29日午前、平壌市近郊で「5000年前に朝鮮の国を築いた始祖」と伝えられる檀君の陵を見学。渡辺氏は女性通訳の説明に熱心に耳を傾けていたが、遺骨があるとされる安置所まで延々と続く階段の途中で立ち止まり「まだ登るのか」。それでも同行の自民党議員が支えようとする手を払いのけて頂上に立ったが、見学を終えて車に乗り込む際は「ああ疲れた」。もっとも「(階段より)会談で疲れた」と、一筋縄ではいかない朝鮮労働党との協議の方が疲労の原因とチクリ。(この項平壌)

○…村山首相はこの日、北方領土の弁論大会で受賞した高校生の表敬を受けた。首相が「弁論の中身は自分で調べて書くのですか」と質問すると、最優秀賞の竹田茂人君(北海道・羅臼高二年)は「はい、そうです」ときっぱり。首相は日ごろの国会答弁で官僚の作文の棒読みと批判されているが、竹田君の勢いに感化されたか、統一地方選の応援演説については「各県の問題や県民の期待などを目分で調べますよ」と、自信たっぷりの様子。村山らしさを打ち出せるかどうか、これからの遊説がお楽しみ?《共同通信》

【村山富市首相】新党結成は参院選後

村山富市
https://www.kantei.go.jp/

村山首相は29日夜、首相公邸で野坂建設相と会い、社会党の新党問題について意見交換した。首相は同党の鈴木参院国対委員長が参院選前の新党結成に反対する意向を表明したことに触れて「参院は既に選挙に向けて走り出している。難しいな」と述べ、現実問題として新党結成は参院選後にならざるを得ないとの認識を示した。《共同通信》

【第67回選抜高校野球大会】第5日

第67回選抜高校野球大会第5日は29日、甲子園球場で1回戦行い、熊本工(熊本)日南学園(宮崎)の九州勢と関西(岡山)が2回戦へ勝ち進んだ。

優勝候補の一角、熊本工はバントを絡めて堅実に攻め、二回から四回までに内野ゴロ、捕逸、スクイズでそつなく4点を挙げた。速球投手、松本が郡山(奈良)打線を1点に抑え、4−1で勝った。関西打線は初出場、清陵情報(福島)の投手の制球難を捕らえ、五回までに7点を奪って大勢を決め、左腕エース吉年は毎回の3奪三振で完投、10−2と快勝。東北勢は2校とも姿を消した。初出場の日南学園は伝統校の市岡(大阪)と今大会2度目の延長戦にもつれ込んだ末、十回に坂元の左中間二塁打などで一気に4点を勝ち越し、8−5で競り勝った。大阪勢は昭和55年、第52回大会の上宮、北陽以来の2校そろっての初戦敗退となった。《共同通信》

【Jリーグ・サントリーシリーズ】第4節

Jリーグ・サントリーシリーズ第4節(29日・国立競技場ほか=7試合)横浜マリノスがジェフ市原を3−2で破り、開幕4連勝。セレッソ大阪がジュビロ磐田に3-4で敗れたため、唯一の全勝チームとなった。

ともに延長にもつれ込む接戦。横浜Mは鈴木健、磐田は藤田がVゴールを決めた。新加入の柏レイソルは延長の末、ミューレルのVゴールで横浜フリューゲ-ルスを2-1で破る殊勲の星。精彩を欠く前年度チャンピオンのヴェルディ川崎はサンフレッチェ広島に0-2で屈し、ついに3連敗、最下位に沈んだ。ガンバ大阪は5-3でベルマーレ平塚を退け、清水エスパルスは4-2で鹿島アントラーズに競り勝った。名古屋グランパスはPK戦の末、浦和レッズを下し初勝利。《共同通信》



3月29日のできごと