平成2260日目

平成7年3月17日(金)

1995/03/17

【山陽新幹線】レールつながる

阪神大震災で新大阪ー姫路間が不通になり、4月中旬にも全線開通する見通しが強まっている山陽新幹線の第一中食満高架橋(兵庫県尼崎市)上で、震災から2カ月の17日午後、最後まで未接続で残っていた営業運転用のロングレールがつながった。 レールの敷設が完了することで、「東西を結ぶ大動脈」東海道・山陽新幹線は再生に向け大きく前進、復旧工事はいよいよ最終段階に入る。 震災後、山陽新幹線の不通区間では、ロングレールをはずし、復旧作業用の短いレールに敷き替えて資材などを運搬していた。 この日昼からの作業では、作業用レールを切断して取り除いた後、上り線の線路わきに並べられた長さ12.5メートルの真新しい調整用レールを作業員約20人がクレーンで持ち上げて、コンクリート製のまくら不の上に設置。新大阪側から延ばしてきたレールと姫路側からのレールをつないだ。

亀井運輸相は17日の閣議後の記者会見で、阪神大震災で新大阪ー姫路間が不通の山陽新幹線の復旧について「強化工法による突貫工事が順調に進んでいる。早ければ4月初めあたりに、鉄道施設耐震構造検討委員会と運輸省による検査に入れる可能性が出てきた」と語った。運輸相は具体的な検査期間については触れなかったものの、これで4月中旬にも開通できる可能性が高まった。《共同通信》



【村山富市首相】震災復興に努力

村山富市
https://www.kantei.go.jp/

政府は17日午前、全閣僚による兵庫県南部地震緊急対策本部の会合を開き、本格的な復興事業の着手に向け(1)仮設住宅の建設促進(2)がれき処理のための仮置き場増設(3)高速道路など主要交通網の復旧時期の繰り上げーなどを急ぐとともに、災害に強い街づくりに全力を挙げる方針を確認した。

また、阪神大震災から2ヶ月にあたり「本格的復旧を早急に進めるため、あらゆる手立てを尽くして精いっぱいの努力をする」との村山首相の談話を発表した。《共同通信》

【政界談話室】

○…村山首相は17日午後、国会出席のため官邸を出る際、窓の外にそぼ降る春雨を見ながら、「一雨ごとに春らしくなって。雨振って地固まる」と何やら意味ありげな独り言をつぶやいた。何のことかと気をもむ記者団が「訪朝団のことか」「不戦決議のことか」と執ようにせんさくしたが、首相は「よく世間でそう言うじゃろう」と笑顔でかわすだけで、真意は不明のまま。このところ首相の回りは信組問題、円高、それに支持率の低下と雨模様の難題ばかりだけに、「政権基盤を盤石に」という思いなのかも。

○…自民党の森幹事長はこの日の記者会見で、19日に細川政権と並ぶ263日となる村山政権について聞かれ、「毎日毎日難問が出てくるが、何とか夢中で3党協力して支えてきた」と感慨深げ。「村山さんの誠実な政治姿勢、謙虚な人格、社会党委員長としての政治信念が大きなものを持っていると感じ、素晴らしい政治家を求めることができた」と首相に最高の賛辞を贈った。さらには「地震などで村山政権に一時不安もあったが、共通の理念・哲学を求めて、日本の議会制民主主義もいい方に向かっている」と自民・社会の蜜月ぶりを強調した。《共同通信》

【大相撲春場所】6日目

大相撲春場所6日目(17日・大阪府立体育会館)両横綱と全勝の2大関は白星を重ね6連勝。しかし大関貴ノ浪が4敗目を喫した。横綱貴乃花は四つの体勢から小城卵を寄り切った。隣は相手をよく見たき、押しで初風の朝乃若を退けた。大関武蔵丸は落ち着いて小結浪乃花を押し出した。若乃花は持ち前のうまい相撲で寺尾を送り出した。貴ノ浪は、左差し、右前まわしを引いた剣晃の寄りにいいところなく敗れた。この日の結果、幕内全勝の貴乃花、曙、武蔵丸、若乃花の4人を1敗で平幕の貴闘力、若翔洋の二子山勢が追う展開。十両は力桜が1人勝ちっ放し。《共同通信》

【大阪市中央区】ごみ袋からバラバラ遺体

17日午前6時15分ごろ、大阪市中央区千日前の路上のごみ箱に人体の一部が入った黒色ビニール袋2個が置いてあるのをごみ収集中の清掃作業員が見つけ大阪府警南署に通報した。

袋の一つに頭と胴体、もう一つに両脚が入っており、大阪府警捜査一課はバラバラ殺人、死体遺棄事件として南署に捜査本部を設置、捜査を始めた。

調べでは被害者は女性で。年齢は推定20−40歳。脚と腕は付け根から切断されており、両腕は見つかっていない。捜査本部では腕の発見と身元の割り出しを急いでいる。《共同通信》



3月17日のできごと