1992 平成4年8月8日(土)のできごと(何の日)

平成1309日目

平成4年8月8日(土)

1992/08/08

【台風10号】九州地方を直撃

台風10号が直撃した九州地方は8日、空や海の便の欠航が相次いだり、新幹線が夕方まで運行を見合わせるなど交通機関が終日マヒ状態になったほか、停電や床上浸水、家屋の全半壊といった被害が続発した。

台風が通過した鹿児島、熊本、大分県などでは午前中から正午過ぎにかけて猛烈な風が吹き荒れ、鹿児島県枕崎市で未明に最大瞬間風速57メートルを記録した。《共同通信》



【長崎県深江町】火砕流で18棟消失

長崎県雲仙・普賢岳のふもとの深江町上大野木場で8日夜、火砕流による住宅火災が発生し、住宅6棟など計18棟が焼失した。火砕流による家屋焼失は昨年9月以来、11か月ぶり。

一夜明けた9日、上空から被災地を視察した九州大島原地震火山観測所の太田一也所長は、南東側斜面の赤松谷方向としては過去最大規模の火砕流が、二つのコースで発生していたことを確認した。また台風10号の影響で水無川では土石流が発生し、島原市と深江町で8日、避難勧告地域内の住宅など、10棟が全半壊した。

太田所長によると、被災地には、火砕流にのまれた家屋が点々と黒く焼け落ちており、一部は土石流に穏われていた、という。《読売新聞》

【大阪】元バス運転手が13件の放火を自供

今年5月、大阪市淀川区のマンション駐車場で段ボール箱に放火したとして、器物破損の罪で起訴された同区の元バス運転手A被告(40)が8日までの淀川署の調べに対し、一昨年10月から逮捕されるまでに自宅周辺で計13件の放火をしていたことを新たに自供した。

A被告は動機について「バスを運転中、渋滞で運行表通りにいかない時など乗客にしかられ、うさ晴らしにやった」と供述しているという。《共同通信》



8月8日のできごと

シェアする

フォローする