平成891日目

平成3年6月17日(月)

1991/06/17

【女優・波瑠さん】誕生日

6月17日のできごと(何の日)>【女優・波瑠さん】誕生日” style=”border:none !important; margin:0px !important;” /></p><h3>【野球・菊池雄星さん】誕生日</h3><p><a target=6月17日のできごと(何の日)【野球・菊池雄星さん】誕生日

【野球・大瀬良大地さん】誕生日

6月17日のできごと(何の日)【野球・大瀬良大地さん】誕生日

【南アフリカ】人種差別法全廃

Embed from Getty Images

開会中の南アフリカ国会は17日、アパルトヘイト(人種隔離政策)根幹法案のうち、最後まで残っていた人口登録法(1950年制定)廃止を賛成89、反対38で決めた。これを受けデクラーク大統領は「いまやアパルトヘイトは歴史上のものとなり、全国民がアパルトヘイトから解放された」と宣言した。 他の残存根幹法である土地法、人種別集団地域法は今月5日に廃止を可決、いずれも30日失効する。

新憲法制定までの間、国会議員補欠選挙、地方議会選挙は、これまで通り、黒人以外の白人、インド人、カラード(混血)により行われるなど現憲法に関連した行政細則には分断制度が存続するが、出生時の人種別登録、人種による居住、営業地域の制限は無くなり、すべてが南ア国民として平等に扱われる。

しかし、白人と非白人、特に黒人の収入、生活格差が直ちに縮まるわけではない。新憲法下での所有の形態、土地、企業の一部国有化などをめぐり、黒人解放組織と、白人の既得権益確保を図る政府の交渉が焦点となろう。

政府は17日、南アフリカでのアパルトヘイト(人種隔離政策)を支えてきた人口登録法、人種別集団地域法、土地法の廃止が可決されたことを歓迎して、「対南ア政策の見直しを行う」との渡辺泰造外務報道官談話を発表した。《読売新聞》

【プロ野球・巨人】藤田元司監督の留任を発表

巨人の藤田元司監督(59)が来季からの3年間も引き続き監督を努めることが17日までに決まり、同日、遠征先の甲子園球場で武石巨人球団代表補佐が明らかにした。

今季限りで3年契約が切れる藤田監督の去就と“ポスト藤田”をめぐる周囲の憶測が流れることを憂慮した親会社の読売新聞社が、その最高首脳で構成する「巨人軍最高経営会議」の意思として藤田監督に留任を要請し、同監督が受諾したことから、異例のシーズン中早期留任公表となったとみられる。《共同通信》

【故・安倍晋太郎氏】山口県民葬

故安倍元自民党幹事長の山口県民葬が17日正午から、地元・下関市の市体育館で営まれ、海部首相と6閣僚、自民党3役や旧安倍派議員ら約100人の国会議員が2機のチャーター機で大挙して参列した。

平井知事は弔事の中で「山口県8人目の総理大臣との願いがかなわず、県はもとより国の大きな損失となった」と述べた。《共同通信》

【海部俊樹首相】デンマーク・シュルター首相と会談

首相海部首相とポウル・シュルター・デンマーク首相との会談が、17日夕、首相官邸で約1時間半行われた。

この中で海部首相は、先進国首脳会議(ロンドン・サミット)後に開かれる日・欧州共同体(EC)首脳協議に向けて検討中の日・EC共同宣言について、「健全な競争と建設的協力に基づく日・EC関係を構築するもので、包括的関係を大所高所からうたった政治宣言としたい」と述べ、協力を要請した。これに対し、シュルター首相は、「ECと日本との宣言は、全世界に良いシグナルを送るものだ」として共同宣言に支持を表明した。

これに関連して、シュルター首相は、ハンガリー、チェコスロバキア、ポーランドの東欧3か国が「数年内にECの正式メンバーとなる可能性がある」との見方を示した。

このほか、軍縮・軍備管理問題に関し、シュルター首相は、海部首相が提唱している通常兵器の輸出入に関する国連への報告制度などに支持を表明した。《読売新聞》



6月17日のできごと