平成868日目

平成3年5月25日(土)

1991/05/25

【サッカー・高木俊幸さん】誕生日

Embed from Getty Images

【NHK・松平定知アナ】酔ってタクシー運転手に暴行

紅白歌合戦や朝のニュース番組「モーニングワイド」など、看板番組の司会を担当しているNHKの人気アナウンサー、松平定知さん(46)が、25日未明、東京都内で酒に酔って個人タクシーに乗車中、運転手に暴行していたことが、明らかになった。松平さんは同日夜、現在出演中の「モーニングワイド」の出演自粛を申し入れ、NHK側もこれを了承、当面、佐藤淳アナウンサーが一人で担当することになった。

代々木署の調べなどによると、騒ぎがあったのは25日午前1時前。松平さんが渋谷区神南のNHK放送センター近くで、タクシー車内の自動車電話の使用をめぐって運転手と口論になった。この際松平さんは、運転手ともみ合いになり、受話器で頭を殴ったりしたという。松平さんは酒に酔っていた。

NHK側の説明では、松平さんが電話をかけたいと言ったため、運転手が代わってダイヤルしたが、通じなかった。このため、二人で何回かかけ直しているうちに、運転手が「業務用なので、いつまでも私用には使えない」と断ったことから、口論になったという。二人は同署の代々木派出所に行き、事情を説明。この時松平さんは「悪かった。反省する」などと話し、運転手も納得したため、二人ともそのまま帰宅した。同署では、刑事事件としては立件しない方針。

松平さんは、同日午後9時過ぎから、東京・渋谷のNHK放送センター内で記者会見し、「大変申し訳ないの一言に尽きる。常識を欠いた行動で、深く反省しています。運転手の方には、改めておわび申し上げたい」と述べた。出演自粛の期限について、NHK側では「本人と相談したうえ決定する」としているが、番組降板はないとしている。

松平さんは昭和44年、NHKに入社。49年からアナウンス室に入り、「ひるのプレゼント」「連想ゲーム」などの人気番組を担当、平成元年4月から「モーニングワイド」のキャスターを務めるかたわら、昨年、一昨年と紅白歌合戦の総合司会もこなすなど、“NHKの顔”として人気を得ていた。また、昨年6月には、主管級から、部長級を通り越して一気に局次長級に昇進。スピード出世が話題を呼んだ。《読売新聞》

【自民党・宮沢喜一元副総理】平和維持軍への自衛隊参加を容認

自民党の宮沢喜一・元副総理は25日午後、遊説先の福岡県大牟田市内のホテルで講演し、国連の平和維持活動(PKO)への協力問題について、「後方での(平和維持軍の)兵力引き離し活動支援はあってしかるべきだ」と述べ、武力行使を伴わない後方支援に限定して、平和維持軍に自衛隊が参加することを認める考えを表明した。

PKO協力組織については、政府が法案を作成中だが、焦点の自衛隊参加の範囲について、選挙監視や停戦監視にとどまらず、平和維持軍にどう関与するかがポイントとなっており、宮沢氏の平和維持軍参加容認発言はPKO論議の行方にも影響を与えそうだ。

宮沢氏は、PKO協力のうち停戦監視と選挙監視については「憲法が禁じておらず、問題はない」と言明した。その上で、平和維持軍への参加について、①厳密な意味での平和維持活動であり、武力行使の心配が出てくる②その場合直接戦闘に巻き込まれることが前提となる―などの問題点を指摘。後方での兵力引き離し支援の形の参加ならば、「そう問題はない」と述べた。

また、宮沢氏はこうした活動にあたって、「自衛隊のように訓練された組織でないと有効な仕事ができない」として、自衛隊の参加が不可欠であることを強調した。ただ、具体的な参加の形態については、「自衛隊そのものでいいのか、それともいったん休職して参加することを考えるのかという問題がある」と述べるにとどまり、この問題については近く与野党間で何らかの結論が出るとの見通しを示した。《読売新聞》

【海部俊樹首相】サミット外遊日程固まる

海部俊樹
https://www.kantei.go.jp/

海部首相の先進国首脳会議(ロンドン・サミット)出席を中心とする外遊日程が25日までにほぼ固まった。それによると、首相は7月12日に特別機でロンドンへ出発、サミット前に今回の議長国である英国のメージャー首相と初の日英首脳会談に挑む。

サミット出席のためロンドン入りするブッシュ米大統領とも会談、サミットへの対応をめぐって意見調整するほか、日米二国間問題についても協議する。《共同通信》

【大相撲夏場所14日目】小錦が14連勝

大相撲夏場所14日目(25日・両国国技館)全勝の小錦は琴錦を慎重にさばいて14連勝、旭富士も霧島に完勝して1敗を守った。この結果、2人が千秋楽の結びの一番で優勝をかけ対戦する。

前半戦で上位陣を対した貴闘力、安芸ノ島、貴花田の藤島勢が勝ち越しを決めた。《読売新聞》



5月25日のできごと