平成476日目

平成2年4月28日(土)

1990/04/28

【リトアニア】ソ連との対話開始に道

ソ連リトアニア共和国のランズベルギス最高会議議長は28日、ビリニュスで記者会見し「独立には移行期間が必要であり、われわれはこれについて議論したい」と述べ、エストニアと同じように独立宣言後に「移行期間」を設け、妥協する考えを初めて明らかにした。

議長はまた、独立宣言後に採択した徴兵作業停止などの三つの法律・決定の凍結を求めたミッテラン・フランス大統領とコール西ドイツ首相の共同書簡について「これは(モスクワとの)対話の早期開始に役立つ」と述べ、三法律・決定を凍結してもよいとの考えも示した。

これは基本的にゴルバチョフ大統領の要求に応じる内容であり、リトアニア政府が正式決定すれば、ソ連による経済制裁解除、対話開始に道が開かれることになろう。

ランズベルギス議長としては、ゴルバチョフ政権がリトアニアに対する経済制裁の圧力を強める中で、米国、西欧諸国の対応も考慮して、独立宣言後に採択された法律・決定を一時的に凍結することにより、妥協を図る姿勢に転換きるを得なくなったことになる。これにより、11日目を迎えた経済制裁問題の焦点は、ゴルバチョフ政権がリトアニアの妥協のシグナルにどう対応するかに移った。《共同通信》




【野球・橋本到さん】誕生日

【海王丸】富山県新湊市で一般公開

「海の貴婦人」の呼び名で|親しまれている帆船「海王丸」の一般公開が28日、富山県新湊市の富山新港北ふ一頭で始まり、午後からの公開には約2万3000人の団体客らが訪れた。初日は午前9時すぎから約50分かけて29枚の帆をすべて張る「総帆展帆」がボランティア171人の手で試みられ、「海王丸」は青空の下に白い優美な姿を披露した。

5月6日までオープニングフェスティバルとして「海王丸」の周りで富山の名物太鼓競演などのイベントがあり、5月5日に再び「総帆展帆」が披露される。《北國新聞》

【海部俊樹首相】アジア歴訪に出発

海部俊樹
https://www.kantei.go.jp/

海部首相は28日夕、羽田発の日航特別機でインド、バングラデシュ、パキスタン、スリランカの東西アジア4カ国とインドネシア歴訪に出発した。幸世夫人をはじめ、自民党の池田行彦副幹事長ら国会議員6人が同行した。《共同通信》

【中国民航機ハイジャック事件】容疑者を中国に送還

中国民航機乗っ取り事件の張振海容疑者(36)の身柄は28日午後、ハイジャック防止条約(ハーグ条約)逃亡犯罪人引渡法に基づき、日本政府から中国当局に引き渡され、中国に送還された。本国で中国刑法107条(航空機破壊の罪)違反罪で訴追されるとみられる。事件発生から133日ぶり。《共同通信》




4月28日のできごと