平成298日目

平成元年11月1日(水)

1989/11/01

【中国・天安門】戒厳部隊撤収

北京の天安門広場を警備していた中国人民解放軍戒厳部隊は1日午前0時に撤収、代わりに武装警察官が配置についた。戒厳令に対する国際的イメージの悪化と海外からの観光客激減などの経済的影響を考慮しての措置とみられ、未明の交代は外国人記者にも公開された。

人民英雄記念碑の四方を固める兵士の前に武装警官が立ち双方が敬礼、警察官が「解放軍同志」と呼び掛けると、兵士は「任務は、記念碑と周囲の安全を維持することだ」と気合の入った口調で告げ、引き継ぎを行った。

しかし、どちらも緑の制服で、違いは自動小銃が短銃になったことくらい。両治安組織の幹部が笑い、握手を交わす傍らで、外国人記者が「どっちが軍で、どっちが警察か」と戸惑う場面もあった。この日以降も、天安門広場への立ち入り規制は続けられる。《共同通信》




【小泉今日子さん】シングル「学園天国」発売

【BARBEE BOYS】シングル「三日月の憂鬱」発売

【Wink】シングル「One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜」発売

【ZIGGY】シングル「I’M GETTING BLUE」発売

【東ドイツ】民主化求め5万人がデモ

東ドイツ北部のノイブランデンブルクなど数都市で1日夜、民主化や住宅改善、大気汚染防止などを求めて市民計5万人以上がデモ行進した。

国営ADN通信によると、ノイブランデンブルクのデモには市民約2万人が参加。ドレスデンに近いフライタルでは1000人以上の市民が市役所前に集まり、住宅不足に抗議するとともに大気汚染の防止を求めた。《共同通信》

【韓国・ポーランド】国交樹立

韓国の崔浩中外相と訪韓中のポーランドのマイエフスキ外務次官は1日、韓国外務省で国交樹立の議定書に署名、両国は正式に国交を樹立した。韓国とソ連・東欧諸国との国交樹立はことし2月のハンガリーに続きポーランドが2番目。

韓国は近くユーゴスラビアやアルジェリアとも国交を樹立することで基本的に合意している。韓国の対社会主義圏との“北方外交”の大きな成果といえ、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)には大きな打撃になるとみられる。《共同通信》

【自民党】「パチンコ献金」リスト公表

自民党の小沢幹事長は1日夜、国会内で記者会見し、パチンコ業界から党・同党議員への政治献金について独自の調査結果をまとめたリストを公表した。

それによると、パチンコ業界から政治献金を受けていた議員は衆参両院で52人、総額7969万5000円に上るほか、自民党として昭和52年から64年までの13年間に計3868万8000円の献金を受けており、議員を含めた同党への献金総額が1億1838万3000円となっている。

これには、既に公表された海部首相への45万円など8閣僚への献金計497万円分は含まれておらず、合算すると1億2335万3000円に達し、社会党への献金総額802万円を大きく上回っている。

献金を受けた議員には竹下、福田両元首相、安倍元幹事長、後藤田政治改革推進本部長代理ら大物政治家が含まれている。

野党各党は「集中審議後の公表は誠意がない」など一斉に批判の談話を発表した。《共同通信》




11月1日のできごと