平成272日目

平成元年10月6日(金)

1989/10/06

【自民党総裁選】海部俊樹氏が再選

自民党総裁選が6日告示され。海部首相が立候補を届け出たほかは立候補者がなく、無投票で首相の総裁再選が確定した。31日の党大会で正式決定する。

わずか2カ月で退陣した宇野総裁の後継として8月10日に発足した海部政権は、安倍元幹事長らがリクルート問題で身動きがとれない状況下、党内各派の支持を得て引き続き政権を担当することになった。

当面の最大課題は消費税の見直しだが、早ければ年内にも予想される衆院の解散・総選挙で過半数維持できるかどうかが本格政権への試金石となる。《共同通信》




【自民党、社会党】両マドンナ受難

消費税存廃をめぐり国会で与野党激突さ中の6日、社会党の土井委員長(60)が都内の議員宿舎で滑って転び、左手首骨折の大けがをした。また森山官房長官(61)は国会内のエレベーターが故障して約8分間、閉じ込められ、自社両党のマドンナにとって災難の日となった。

土井さんは午前9時半ごろ、東京・赤坂の議員宿舎の玄関先で、雨にぬれた金属製のマットに足を滑らせて転び、とっさに左手をついたため、手首を骨折。全治2カ月という。《共同通信》

海部内閣の“看板娘”森山官房長官が6日午前、国会のエレベーターに閉じ込められ“箱入り娘”となるハプニングが起きた。

老朽化した機械の配線がショートし途中で動かなくなったための事故で、非常電話の通報で8分後に救出されたものの、本会議には遅刻。「皆さんが大事にしてくれるものだから、つい箱入り娘にされてしまって…。ついナイト(騎士)が救出に来てくれるかと思ったら、ナイトも一緒に閉じ込められていたわ」と官房長官付きのSP(護衛官)を見やりながら苦笑いし、「30分ぐらい閉じ込められるかと思ったら、案外早かったわね」とケロリ。《共同通信》

【ソ連・ゴルバチョフ書記長】ドイツ再統一の動きを非難

東ドイツ(ドイツ民主共和国)の建国40周年記念式典は6日、国内各地で民主化を求める反体制グループのデモや警官隊との衝突が伝えられる中で、首都ベルリンの共和国宮殿で内外から5000人が参加して盛大に行われた。

ホーネッカー国家評議会議長兼社会主義統一党書記長が基調演説をし、独自の路線に基づく限定的な改革を打ち出したが、社会主義路線の堅持を強調した。あいさつに立ったゴルバチョフ・ソ連最高会議議長兼共産党書記長は、西ドイツ国内にあるドイツ再統一への動きを強く非難して東ドイツ国家の独立主権を擁護した。《共同通信》

【セ・リーグ】巨人(藤田監督)2年ぶり25度目の優勝

プロ野球セ・リーグは6日、巨人が大洋に5-0で勝ち、ことしのペナントレースを制した。2年ぶり25度目のリーグ制覇で、1リーグ時代を含めると通算34度目の優勝となった。

優勝へのマジックナンバーを「1」としていた巨人は横浜球場で大洋と対戦。原が七回、遠藤から14試合ぶりの25号2点本塁打を放って均衡を破り、八回にも中尾のソロ本塁打などで加点し、突き放した。《共同通信》




10月6日のできごと