平成220日目

平成元年8月15日(火)

1989/08/15

【全国戦没者追悼式】新天皇、皇后両陛下がご出席

44回目の終戦記念日を迎えた15日、東京・北の丸公園の日本武道館で新天皇、皇后両陛下をお迎えし、政府主催の「全国戦没者追悼式」が行われた。式典には全国から約6600人の遺族と就任間もない海部首相や閣僚、各界代表ら約1000人が参列。正午から1分間の黙とうをささげ、戦争犠牲者310万人のめい福を祈り平和への誓いを新たにした。

海部首相は靖国神社参拝を見送り、これで中曽根、竹下両元首相に続いて4年連続首相の参拝は行われなかったが、閣僚はことしも参拝する人としない人に分かれた。

昭和から平成へと時代は変わり、戦争体験の風化は一層進んでいるが、追悼式とは別にこの日、東京・千鳥ケ淵戦没者墓苑で社会党・護憲連合による追悼式をはじめ、全国各地で戦没者を悼み、反戦平和を誓う市民団体などの行事や集会も開かれた。《共同通信》




【俳優・岡田将生さん】誕生日

【宮崎勤容疑者】連続犯行を自供

東京都江東区の保育園児A子ちゃん誘拐殺害事件で警視庁と埼玉県警の合同捜査本部に殺人容疑などで逮捕されていた宮崎勤が、15日までに、埼玉県西部で相次いだB子ちゃん、C子ちゃんの2件の誘拐殺人事件についても犯行を自供。世間を震かんさせた一連の幼女誘拐事件は、史上例を見ない凶悪事件に発展した。

事件の背景として、識者はビデオブームの中で現実感を喪失した犯罪予備軍的な若者群の存在を指摘する。幼児誘拐が横行する米国型犯罪が、ついに日本にも登場したと憂える声もある。《共同通信》

【山下徳夫官房長官】海部政権で総選挙

山下官房長官は15日、共同通信社とのインタビューに応じ、秋に予定されている臨時国会の召集時期について「外交日程もあるし、なるべく早い方が良い。(11日か)そこらあたりかなあと思う」と述べ、当初有力だった9月20日前後召集より早めて11日ごろの召集となる公算が大きいことを示唆した。

衆院解散について「(海部内閣は)次の選挙に勝つ(のが使命の)内閣だ」と述べ、海部内閣における衆院解散・総選挙が不可避だとの見通しを示した。しかし具体的な時期については「まだ国会の審議も始まっていないのに言える段階ではない」として、次の臨時国会における与野党攻防が大きなポイントになるとの考えを示すにとどまった。《共同通信》

8月15日のできごと