平成211日目

平成元年8月6日(日)

1989/08/06

【福島・猪苗代町】台風13号豪雨災害

台風13号が通過した6日夜、福島県耶麻郡猪苗代町の磐梯吾妻レークラインで大倉川に架かる二連の大倉川橋の中央部分が豪雨による増水で崩れ落ちた。橋を渡ろうとしていた3台の車が濁流にのまれ、6人が遺体で発見され、5人が行方不明になった。《共同通信》




【広島】平成初の「原爆の日」

人類初の被爆地・広島に6日朝、また「原爆の日」が巡ってきた。核廃絶と平和を訴え続けて44年。爆心に近い広島市中区・平和記念公園では、犠牲となった二十数万人の尊い命を悼む市主催の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」が営まれた。《共同通信》

8月6日のできごと