平成96日目

平成元年4月13日(木)

1989/04/13

【自由革新連盟】自民党の若手議員36人が旗揚げ

リクルート事件のけじめを求め、自民党の若手議員が結成準備を進めていた派閥横断の新グループ「自由革新連盟」が13日、旗揚げした。同日午後、衆院第二議員会館前の設立発起人会を開き(1)リクルート問題けじめの明確化(2)硬直化した党運営の活性化(3)徹底的な政治改革、を柱とする設立趣意書を発表した。さらに参加者を募った上で、20日に正式スタートする。

同連盟は党内若手タカ派議員集団「国家基本問題同志会」座長の亀井静香氏(安倍派)らを中心に設立準備が進められてきたが、竹下内閣退陣につながるリクルート関係議員の役職辞任を求めると伝えられ、安倍幹事長らが事実上の「待った」をかけるなど動きが注目を集めていた。《共同通信》




【JR飯田線・北殿駅】列車正面衝突事故

13日午後4時58分ごろ、長野県上伊那郡南箕輪村北殿のJR飯田線北殿駅構内で、下り線に停車していた天竜峡発長野行き下り普通電車=3両編成=に、進入してきた上諏訪発天竜峡行き上り普通電車=2両編成=が正面衝突した。

下り電車には約330人、上りには約220人、下校途中の高校生らが乗っており、ほぼ満員状態で、負傷者は伊那市の伊那中央総合病院、天竜河畔病院など5つの病院に運ばれた。《共同通信》

【天皇皇后両陛下】中国・李鵬首相と会見

天皇、皇后両陛下は13日午前11時半から、政府公賓として来日中の中国の李鵬首相を皇居に招き、宮殿・竹の間で会見された。会見の席上、首相は非公式に、両陛下の中国訪問を招請した。

会見に同席した宮内庁の安倍勲式部官長によると、この招請に対し天皇陛下は「ありがとう。そのことについては政府と協議しなければいけません」との内容の答えをされた。《共同通信》

4月13日のできごと