2017 平成29年10月5日(木)のできごと

平成10498日目

2017/10/05

【世界体操・男子個人総合】白井健三選手が銅

Embed from Getty Images

体操の世界選手権第4日は5日、モントリオールで男子個人総合決勝が行われ、予選4位の白井健三(日体大)が合計86・431点で銅メダルを獲得し、同種目で2003年大会から続いていた日本の表彰台を守った。予選2位の肖若騰が86・933点で初の金メダル、林超攀(以上中国)が86・448点で銀メダルを手にした。

種目別床運動で2度の優勝を誇る白井は全6種目で争う個人総合に初出場。最初の床運動では唯一の15点台となる15・733点をマークし、跳馬でも全体トップの15・000点を出した。《共同通信》




【カズオ・イシグロ氏】ノーベル文学賞受賞決定

スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を、長崎市生まれの英国人小説家カズオ・イシグロ氏(62)に授与すると発表した。代表作「日の名残り」や「わたしを離さないで」などで知られる。日本出身の作家としては1968年の川端康成、94年の大江健三郎氏に次ぎ3人目、23年ぶりの受賞となる。同アカデミーは授賞理由について「偉大な感性を持った小説によって、世界とつながる幻想的な感覚の下にある深淵を明らかにした」とした。

ロンドン在住のイシグロ氏は5日、BBC放送に「偉大な作家たちの歩みに加わることができ、最高の名誉だ」と述べた。《共同通信》

【立憲民主党】幹事長に福山哲郎氏

民進党の福山哲郎元官房副長官(参院京都選挙区)は5日、離党届を提出し、立憲民主党に参加した。立憲民主党の枝野幸男代表は国会内で福山氏と会談し、幹事長に起用する考えを伝えた。近く執行役員も発表する予定。今後は衆院選に向け、公約の策定や候補者擁立を加速させる。

民進党関係者によると、立憲民主党への参加が明らかになった参院議員は初めて。

元民主党衆院議員の横光克彦氏(73)も衆院大分3区に立憲民主党から立候補する意向を固めた。俳優としてテレビドラマ「特捜最前線」の刑事役などで活躍。衆院当選6回で、環境副大臣を務めた。《共同通信》

【都民ファーストの会】都議2人が離党

小池百合子東京都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の音喜多駿都議と上田令子都議が5日、離党届を提出した。都庁で記者会見した音喜多氏は「市場移転や東京五輪・パラリンピックなど都政に課題が山積する状態で、国政に手を伸ばすのが正しいとは思えない」と述べ、「希望の党」代表に就いた小池氏の政治姿勢に対する疑問を離党理由の一つに挙げた。

2人は昨年夏の知事選でいち早く小池氏を支援した。古参メンバーの離反で、衆院選にも影響する可能性がある。2人は今後、新たな会派を結成して無所属で活動する。

音喜多氏は、都民ファの代表交代人事などへの疑念も示した。《共同通信》

10月5日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする