2017 平成29年5月14日(日)のできごと

平成10354日目

2017/05/14

【北朝鮮】弾道ミサイルを発射

Embed from Getty Images

北朝鮮は日本時間の14日午前5時28分ごろ、北西部亀城付近から東北東方向に弾道ミサイル1発を発射した。日本政府によると、約30分で約800キロ飛行し、日本海に落下した。到達高度は2千キロ超で過去最高とみられる。稲田朋美防衛相は「新型だった可能性がある」と述べた。通常より高い高度の「ロフテッド軌道」を使って飛行距離を抑えた可能性が高く、実際の射程は4千キロを超える恐れがある。

韓国では10日、南北関係改善に意欲を示す文在寅大統領による革新政権が発足したばかり。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は核・ミサイル開発を継続する姿勢を鮮明にした。《共同通信》

【男子ゴルフ・世界ランキング】松山英樹選手が3位に

男子ゴルフの14日付最新世界ランキングが発表され、前週4位の松山英樹が日本勢の史上最高を更新する3位に浮上した。1987年に中嶋常幸がマークした4位に、今年2月末から並んでいた。

5月14日終了の米ツアー、プレーヤーズ選手権で22位だった25歳の松山は、60位に終わったジェーソン・デー(オーストラリア)と入れ替わってランクを上げた。

1位ダスティン・ジョンソン(米国)、2位ロリー・マキロイ(英国)は変わらなかった。池田勇太は50位、谷原秀人は56位に後退。日本プロ選手権日清カップを制した宮里優作が141位から104位に上がった。《共同通信》

【エマニュエル・マクロン氏】仏新大統領に就任

Embed from Getty Images

フランスのエマニュエル・マクロン前経済相(39)が14日、新大統領に就任した。同国史上最年少の大統領。「政治刷新」を掲げて当選した親欧州連合(EU)のマクロン氏は就任演説で「世界は相互依存関係にある隣人同士だ」として改めてEUの再構築や国際協調、国民の結集を訴え、未来への希望を強調した。

大統領選は左派の社会党と中道・右派の共和党の二大政党に対する支持率が低迷し、異例の大混戦となった。マクロン氏は「左右対立の克服」を目指す超党派の市民運動「前進」を率いて戦い、決選投票で極右、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)に大勝した。《共同通信》

【岐阜・美濃加茂市長選】藤井浩人氏が3選

任期満了に伴う岐阜県美濃加茂市長選は14日告示され、汚職事件で逆転有罪判決を受け上告中の現職藤井浩人氏(32)=無所属=以外に届け出がなく、無投票で藤井氏の3選が決まった。藤井氏は、在任中に有罪判決が確定すれば失職する。

当選を決めた藤井氏は支持者を前に「事件は一切、事実無根」と自身の潔白を改めて強調。「後ろめたさはないので全力で市長職にまい進していく」と訴え、新庁舎建設に取り組む考えを示した。

市長選について自民党は「勝てないのに出すのは得策ではない」としたほか、民進党も「人材がいない」と静観。共産党は適任者が見つからず擁立を断念した。《共同通信》

5月14日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする