令和1200日目

2022/08/13

この日のできごと(何の日)

【台風8号】お盆休み直撃

日本の南海上を進んでいた台風8号は13日午後5時半ごろ、静岡県の伊豆半島に上陸した。関東甲信を進み、14日未明にも日本の東海上へ抜ける見通し。静岡県では強風で1人がけがをし、大雨で土砂崩れが発生。新幹線の遅れや飛行機の欠航があり、お盆で帰省する人らに影響した。

東京都の伊豆諸島北部で13日夜、線状降水帯が発生したとして、気象庁は顕著な大雨情報を発表。大島では1時間に84.5ミリの猛烈な雨が降った。

気象庁によると、台風は14日午前0時現在、水戸市の東約90キロを時速約40キロで東北東へ進んだ。中心付近の最大風速20メートル、最大瞬間風速は30メートル。《共同通信》

台風8号は13日午後5時半ごろ、静岡県の伊豆半島に上陸した後、神奈川や千葉県などを進んだ。東日本で雨や風が強まり、お盆期間で帰省客が増える交通網などに影響があった。大雨による土砂災害発生を警戒して、静岡市の一部や東伊豆町全域の計約8万4000人に避難指示が出された。浜松市では風にあおられて転倒した高齢男性が額から出血して搬送されたが、軽傷とみられる。

全日空は羽田、静岡空港を中心に計111便、日本航空も羽田など計24便の欠航を発表した。東海道新幹線は13日朝に静岡―掛川間の雨量計が規制値に達したことから同区間で一時運転を見合わせ、約9万2000人に影響が出た。

午後6時現在の24時間雨量は静岡県伊豆市372・5ミリ、静岡市葵区257ミリなど。台風は午後9時現在、千葉県成田市付近を東北東に進み、中心気圧998ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。14日未明に関東の東海上に抜ける見通し。14日午後6時までに予想される24時間雨量は多い所で関東甲信・東海150ミリ、東北100ミリで、気象庁は土砂災害への厳重な警戒を呼びかけている。

3年ぶりに新型コロナウイルス禍に伴う行動制限がない中で迎えたお盆休みは台風のあおりを受けた。静岡県富士宮市の「朝霧高原オートキャンプ場」はほぼ埋まっていた13日の予約の約8割がキャンセルに。管理人の男性(52)は「台風とコロナの感染拡大のダブルパンチで悪い夏になりそうだ」と声を落とした。《毎日新聞》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【秋田県】河川氾濫

停滞する前線の影響で東北北部では大雨が断続的に降った。秋田県では由利本荘市の芋川や五城目町の内川川と富津内川が氾濫し、近くの住宅や水田に泥水が流れ込んだ。同町は一時、最も高い警戒レベル5にあたる「緊急安全確保」を内川、富津内両地区(計716人)に出した。

県によると、13日午後3時時点で住宅などの浸水被害は300棟近くにのぼる。第三セクターの秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)では、のり面の崩落や線路への倒木があり、再開のめどは立っていない。

五城目町の2河川は13日未明に氾濫した。内川湯ノ又地区では増水した川に流された大量の木などが橋に引っかかり、あふれた水が周辺の住宅などを襲った。《共同通信》

【全国高校野球選手権大会】

全国高校野球選手権大会第8日は13日、甲子園球場で2回戦4試合が行われ、国学院栃木、浜田(島根)九州学院(熊本)敦賀気比(福井)が3回戦へ進んだ。

国学院栃木は2連覇を狙った智弁和歌山を5―3で破った。1点を追う六回に長田の適時二塁打などで2点を奪い、八回には平井が本塁打を放った。

浜田は有田工(佐賀)に5―3で勝利。同点の六回に高木の2点適時打などで3点を勝ち越した。九州学院は19安打と相手守備の乱れで14―4と夏初出場の帝京五(愛媛)に大勝。この4校は、初戦が最も遅い日程となるよう組み込まれた。

敦賀気比は8―6で市船橋(千葉)に競り勝った。《共同通信》

【プロ野球・13日】

楽4―6西

西武が今季最多の16安打を放って勝ち、2年ぶり楽天戦勝ち越しが決定。0―1の四回にオグレディの2点打、外崎の3ランで逆転し、九回はスクイズで加点した。与座は6回3失点で9勝目。楽天は最大18あった貯金が無くなった。

ソ5―4オ

ソフトバンクがサヨナラ勝ち。4―4の九回1死で周東が5号ソロを放って試合を決めた。九回を抑えたモイネロが今季初勝利。オリックスは八回に3点差を追い付いたが、あと一歩及ばなかった。九回は宇田川が打たれた。

巨4―1広

巨人は直江がプロ4年目で初勝利。球威があり、6回を3安打無得点に抑えた。一回に重信の適時二塁打と中田の適時打で2点先制し、四回はポランコと大城がソロ本塁打。広島は8安打を放ってもつながりを欠き、4連勝で止まった。

神0―2中

 中日は小笠原が7回を4安打無得点に抑えて6勝目。緩急巧みで、コースを突き、四回無死二、三塁からの3者連続を含めて11三振を奪った。六回に岡林のスクイズで先制し、八回に加点。阪神は藤浪が力投しても連日の零敗で5連敗。《共同通信》

【J1】

明治安田J1第25節第1日(13日・札幌ドームほか=2試合)神戸は汰木の2ゴールで札幌に2―0で快勝した。連敗を2で止め、勝ち点24として最下位を脱した。今季初の2連勝を逃した札幌は同28のまま。

浦和は6―0で磐田に大勝した。モーベルグと小泉が2点ずつ決め、勝ち点は35。同22の磐田は最下位に沈んだ。

台風の影響で横浜M―湘南、川崎―京都、FC東京―C大阪は開催されなかった。《共同通信》

【COVID-19】国内新規感染18万3609人

国内で13日、新たに18万3609人の新型コロナウイルス感染者が報告された。前週の同じ曜日に比べて約19%減ったが、死者は計256人で、5日連続で200人を超えるなど高い水準が続いている。

感染者の内訳は東京2万3773人、大阪1万7557人、愛知1万2178人など。死者は東京32人、大阪29人、福岡15人などだった。

厚生労働省によると、全国の重症者は625人で前日から12人減った。

群馬や神奈川、熊本などで過去に公表された感染者の取り下げがあった。《共同通信》

【西村康稔経済産業相】靖国神社を参拝

西村康稔経済産業相は13日午前、終戦の日の15日に先立ち、東京・九段北の靖国神社を参拝した。昨年10月の岸田内閣発足後、閣僚の参拝が確認されたのは初めて。西村氏は今月10日の内閣改造で入閣した。

参拝後、記者団に「故安倍晋三元首相のことも思いながら、日本の平和と発展のために全力を尽くす決意をした」と述べた。西村氏は自民党安倍派に所属している。

玉串料を私費で納め「衆院議員西村康稔」と記帳したと説明。「戦後日本の繁栄は先人の犠牲の上に築かれている。二度と戦争の惨禍を起こさず、平和国家の道をさらに発展させると誓ってきた」と強調した。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは13日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのツインズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、八回に3試合ぶりの26号ソロ本塁打を放つなど4打数1安打1打点だった。チームは延長十一回、タイブレークの末に5―3でサヨナラ勝ちした。

 パドレスのダルビッシュはナショナルズ戦に先発して6回0/3を投げ、2本塁打を含む7安打4失点で6敗目(10勝)。試合は3―4で敗れた。

 カブスの鈴木は7―2で勝ったレッズ戦に「4番・右翼」でフル出場し、5打数無安打。レッドソックスの沢村はヤンキース戦で1回を1安打無失点。チームは2―3で負けた。《共同通信》



8月13日 その日のできごと(何の日)