令和1193日目

2022/08/06

この日のできごと(何の日)

【中国】台湾本島攻撃の演習

台湾国防部(国防省)は6日、中国軍の多数の艦船と航空機が台湾海峡で台湾本島を攻撃する模擬演習を実施したと発表した。前日に続き、一部は中間線を台湾側に越えた。台湾軍は海空部隊を配置して警戒を強化した。ペロシ米下院議長の訪台に反発した中国の大規模な「重要軍事演習行動」は3日目となり、「台湾統一」を念頭に圧力をさらに強めた。

中国軍東部戦区も6日「陸地への攻撃と海上への突撃」の訓練を同日実施したと発表した。台湾国防部によると、5日の演習でも多数の艦船と航空機が中間線を越えた。中国軍が台湾側への進入を常態化させる恐れがある。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【原爆死没者慰霊式・平和祈念式】

広島は6日、米軍による原爆投下から77年の「原爆の日」を迎え、広島市の平和記念公園で午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれた。核保有国ロシアによるウクライナ侵攻のさなかの開催となり、松井一実市長は平和宣言で、核抑止力を支持する考えが勢いを増していると指摘し「一刻も早く全ての核のボタンを無用のものにしなくてはならない」と核兵器廃絶を訴えた。

日本政府に対しては、米ニューヨークで開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で核保有国と非保有国の橋渡し役となるよう訴えた。核兵器禁止条約の早期批准も求めた。《共同通信》

【全国高校野球選手権大会】

第104回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。49代表校による17日間(休養日3日を含む)の熱戦が始まった。

新型コロナ感染拡大予防のため、開会式には各校の主将のみが参加し、入場行進で球場を1周した。横浜(神奈川)の玉城陽希主将が「高校野球の新たな歴史に名を刻めるように、全身全霊でプレーをし、最高の夏にすることを誓います」と選手宣誓した。

新型コロナ集団感染と判断された県岐阜商などのほか、複数の体調不良者が出た九州国際大付(福岡)の計6校は欠席。

大会は新型コロナの感染対策を講じて、3年ぶりに一般の観客を入れた開催となった。

全国高校野球選手権大会が6日、甲子園球場で開幕した。開会式に続いて1回戦が行われ、一関学院(岩手)、国学院栃木、明豊(大分)が2回戦に進出した。

一関学院は前回4強の京都国際にサヨナラ勝ち。5―5の延長十一回に寺尾が中前適時打を放った。甲子園20年ぶりの勝利。

37年ぶり出場の国学院栃木は日大三島(静岡)を10―3で下した。3―3で迎えた五回に平井の適時二塁打で勝ち越し、六回に4点を加えて突き放した。夏は甲子園初勝利。

明豊は樹徳(群馬)に7―3で競り勝った。先手を取り、3人の継投で反撃をかわした。《共同通信》

【プロ野球・6日】

オ3―1日

オリックスが今季の日本ハム戦勝ち越しを決めた。0―1の一回に吉田正の2ランで逆転し、七回に吉田正の適時二塁打で加点。東が六回途中5安打1失点でプロ初勝利、本田が2セーブ目を挙げた。日本ハムは攻めきれなかった。

西1―2ロ

ロッテが連敗を3で止めた。0―1の八回1死二塁で代打レアードの15号2ランで逆転した。小島は8回6安打1失点で6月10日以来の2勝目を挙げ、益田が25セーブ目。西武は山川の32号本塁打の1点だけで、連勝が4で止まった。

ソ9―1楽

ソフトバンクが9カードぶりに勝ち越し。1―1の五回に川瀬の勝ち越し犠飛、牧原大と柳田の連続適時打で3点を挙げ、終盤も得点を重ねた。今季初先発の武田が七回途中1失点で白星。楽天は田中将が五回に粘れず4位に転落した。

中0―1D

DeNAが4連勝。0―0の九回2死一、三塁から牧が適時二塁打を放って均衡を破った。3番手の入江が2勝目、山崎が23セーブ目を挙げた。中日は4連敗。小笠原が8回を無失点と好投したが、九回にR・マルティネスが打たれた。

ヤ2―3巨

巨人が逆転勝ちで3連勝。ポランコが六回に同点2ラン、八回に勝ち越し犠飛で全3打点を挙げた。直江は五回途中2失点だったが、救援陣が踏ん張り、井納が2年ぶり勝利、クロールが来日初セーブ。ヤクルトは4安打に終わった。

広6―5神

広島がサヨナラ勝ちで連敗を7で止めた。2―5の九回に上本の内野安打に失策が重なり1点返し、1死二、三塁から遊ゴロ失策で2走者がかえって追い付き、秋山が右前打で試合を決めた。一岡が4年ぶりの勝ち星。阪神は岩崎が誤算。《共同通信》

【J1】

明治安田J1第24節第1日(6日・サンガスタジアムbyKYOCERAほか=4試合)柏は2―1で京都を下し、今季初の4連勝で勝ち点42とした。終了間際に武藤が決勝ゴールを決めた。C大阪は3―0で神戸を退け、3連勝で同41。

広島は川村のJ1初得点などで鹿島を2―0と破り、5試合ぶりの白星で勝ち点38とした。鹿島は今季初の連敗で同40のまま。名古屋は3―0で浦和に快勝した。

福岡―G大阪は新型コロナウイルスの影響で行われなかった。《共同通信》

【COVID-19】

国内で新たに22万7563人の新型コロナウイルス感染者が報告された。1週間前と比べ約5千人増え、増加傾向が続いている。都道府県別では、東京3万970人、大阪2万2550人、愛知1万5937人など。

死者は大阪23人、愛知15人、東京13人など計152人が確認された。

厚生労働省によると、重症者は前日から11人増え、567人となった。

兵庫や青森などで、過去に公表した感染者の取り下げがあった。《共同通信》

【日、米、豪】中国に軍事演習中止要求

林芳正外相、ブリンケン米国務長官、オーストラリアのウォン外相は、中国が台湾周辺で展開する軍事演習を即刻中止するよう求める声明を出した。弾道ミサイル5発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことに触れ「中国の弾道ミサイル発射が緊張を高め、地域を不安定化している」と非難した。日本外務省が6日、発表した。

軍事演習を含む中国の最近の動きについて「国際的な平和と安定に深刻な影響を与える」と懸念を表明。台湾海峡の平和と安定の重要性を再確認したとした。台湾に関する基本的な立場に変更はないとも説明した。

3氏は、ASEAN関連外相会合に合わせ4日に会談した。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】

侵攻後初の貨物船入港

ウクライナのクブラコフ・インフラ相は6日、同国産穀物を積み込むためバルバドス船籍の貨物船が同日、黒海に面する南部オデッサ州のチョルノモルスク港に到着したとフェイスブックで明らかにした。外国の貨物船入港は2月のロシアによる侵攻後、初めて。

ウクライナは貨物船の出入港を加速し、穀物の輸出正常化に弾みをつけたい考えだ。クブラコフ氏は「近い将来少なくとも1カ月に100隻の船を出港させ、300万トンの穀物を出荷できるようになる」と強調した。

今月1日に第1便、5日に3隻、7日には4隻が出港したが、いずれもロシアの侵攻前に入港していた。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは6日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシアトルで行われたマリナーズとのダブルヘッダーにいずれも「2番・指名打者」でフル出場し、第1試合は4打数無安打、第2試合は九回に犠飛で1打点を挙げ3打数無安打だった。チームは第1試合は1―2で敗れ、第2試合は7―1で勝った。 カブスの鈴木はマーリンズ戦に「3番・右翼」でフル出場し、4打数無安打だった。チームは4―0で勝った。《共同通信》



8月6日 その日のできごと(何の日)