令和1192日目

2022/08/05

この日のできごと(何の日)

【福井県】交通網寸断

福井県内は5日午前、発達した積乱雲が次々流れ込み、丹南と嶺南東部を中心に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降った。南越前町今庄地区で鹿蒜川(かひるがわ)が氾濫し、床上浸水した住宅に住民が取り残され、災害派遣の陸上自衛隊などが救助した。同町内ではJR北陸線の線路が複数箇所で冠水。北陸自動車道と国道8号も土砂の流出が相次ぎ、嶺北と嶺南を結ぶ交通網が寸断された。福井県は南越前町への災害救助法の適用を決めた。

気象庁は同日明け方から朝にかけて、「記録的短時間大雨情報」を南越前町に3回、敦賀市に1回発表。同町今庄では同9時20分までの24時間雨量が405.5ミリと平年の8月1カ月分の2倍超に達し、同地点の観測史上最多を更新した。県によると、同町荒井では同10時までの24時間雨量567ミリを観測した。

同町は町内全域に避難指示を出した。日野川の水位上昇などを受け、越前市は市内10町内に、鯖江市も7地区に避難指示を出した。2市1町の避難指示対象は約2万7800世帯、7万5600人となった。

南越前町によると、鹿蒜川の氾濫で上新道、下新道、南今庄、大桐、二ツ屋、孫谷の計6集落で浸水被害が発生。県の派遣要請を受けた陸上自衛隊鯖江、金沢駐屯地の部隊計約60人が午後から現地入り。南越消防組合によると、逃げ遅れた住民少なくとも約30人が救助された。町内の床上浸水は少なくとも140軒に及び、床下浸水も多数発生。町内263戸が断水しているという。

県は4日設置した災害対策連絡室を災害対策本部会議に格上げした。5日夕に開かれた第2回会議には、岩倉光弘・南越前町長がオンラインで参加し、各集落につながる道路の復旧を要望。町内を通るJR北陸線、北陸道、国道8号についても「一日も早く復旧を」と訴えた。災害救助法の適用により、避難所の設置や運営などにかかる経費は国と県で負担する。

農林水産関係の被害では、県が午後3時半時点で福井、大野、勝山各市のソバ畑154ヘクタールで冠水や浸水を確認した。水田への濁水や土砂の流入も各地で発生しており、県やJAが被害状況の把握に追われている。

勝山市、大野市、福井市、鯖江市、越前市、越前町は5日夜までに避難指示などを解除した。《福井新聞》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【プロ野球・5日】

西4―3ロ

西武は2試合連続のサヨナラ勝ちで4連勝を飾った。2―3の八回2死三塁から暴投で追い付き、延長十回に川越の一発で勝負を決めた。1回を完璧に抑えた増田が2勝目。ロッテは救援陣が踏ん張れず、3連敗を喫した。

ソ7―3楽

ソフトバンクが2位に浮上した。一回にデスパイネの適時二塁打、松田の適時内野安打で2点先行。五回はデスパイネの2ラン、中村晃のソロで3点を奪った。8投手でつないで2番手の松本が4勝目。楽天は滝中が崩れて3位転落。

オ5―2日

オリックスが連敗を3で止めた。0―1の四回に宗が2号ソロ。1―2の六回は杉本の14号3ランで逆転し、若月も適時打を放った。竹安が6回6安打2失点で今季初勝利。日本ハムはポンセが来日ワーストの5失点で3敗目を喫した。

中2―4D

DeNAが逃げ切り、3連勝で勝率5割に復帰した。三回に楠本の適時打で先制。五回は嶺井の適時打、六回は宮崎の2点二塁打で加点した。大貫が6回を2失点で8勝目、山崎が22セーブ目。大野雄が4失点と粘れず、中日は3連敗。

ヤ5―9巨

巨人は二回に大城の2ランで先行し、四回にポランコのソロ、七回に代打ウォーカーの適時二塁打からポランコの2ランまで4連打で5点を加えた。堀田は7回2安打1失点で3月31日以来の2勝目。ヤクルトは連勝が3で止まった。

広2―3神

阪神が逃げ切った。一回に佐藤輝の犠飛で先制し、四回はロハスが2点本塁打。西勇は5回1/3を2失点でしのぎ、湯浅らの好救援もあって8勝目を手にした。広島は1点を追う八回無死一、二塁から中軸3人が倒れ、連敗が7に伸びた。《共同通信》

【秋篠宮皇嗣同妃両殿下】発明展をご視察

秋篠宮ご夫妻は5日、東京都千代田区の科学技術館を訪れ、「第80回全日本学生児童発明くふう展」を視察された。小中、高校生が考案した作品約160点が展示され、ご夫妻は児童・生徒から説明を聞き、興味深そうにしていた。

最も優れた「恩賜記念賞」は、室内の二酸化炭素(CO2)濃度によって自動的に窓を開閉させる換気装置を作った神奈川県の聖光学院中3年、工藤貴博さん(15)が受賞した。秋篠宮さまは「作るのにどれぐらいかかりましたか」と製作期間などを尋ねた。工藤さんが実演してみせると、ご夫妻はうなずいていた。

同展は常陸宮さまが総裁を務める公益社団法人発明協会の主催。《共同通信》

【サル痘】国内感染確認3例目

厚生労働省は5日、米軍横田基地(東京都)に所属する20代男性がサル痘に感染しているのを確認したと発表した。日本での感染確認は3例目。

男性は東京都在住。2019年以降渡航歴はないが、発症前、海外から日本を訪れた人と接触があった。頭痛や発疹があり、基地内の米軍医療機関で入院している。

1例目は東京都の30代男性で、6月下旬〜7月中旬に欧州に滞在。帰国後に倦怠感を訴え、感染が判明した。2例目は、北中米居住で日本に入国した30代男性。《共同通信》

【COVID-19】

国内新規感染23万3767人

国内で5日、23万3767人の新型コロナウイルス感染者と214人の死者が報告された。死者が200人を超えるのは3月11日以来。

感染者は5道県で最多となった。都道府県別では東京3万7767人、大阪2万327人、愛知1万4619人など。死者は神奈川22人、東京21人、大阪16人など。

厚生労働省によると、重症者は前日から40人増えて556人となった。

秋田、福島、群馬などで過去に公表された感染者が取り下げられた。《共同通信》

【東京株式市場】

5日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸し、前日終値比243円67銭高の2万8175円87銭と2万8000円台を回復して取引を終えた。6月9日以来約2カ月ぶりの高値水準。国内の好調な企業決算などを受け、買い注文が膨らんだ。

東証株価指数(TOPIX)は16.44ポイント高の1947.17。出来高は約12億1200万株。 米国の景気後退に対する警戒感が根強く、前日の米ダウ工業株30種平均は反落。東京市場も朝方は様子見ムードが強かった。《共同通信》

【東アジアサミット外相会議】

カンボジアの首都プノンペンで5日に開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)と日米中ロなど計18カ国による東アジアサミット(EAS)外相会議は、ペロシ米下院議長の台湾訪問を巡り、中国の軍事演習を非難する日米と、中国とともに反発を示すロシアの対立が鮮明となった。ASEAN外交筋が明らかにした。

ブリンケン米国務長官は、中国による台湾周辺での軍事演習について「威嚇は正当化できない」と厳しく指摘。林芳正外相は日本の排他的経済水域(EEZ)にミサイルが落下したことを強く非難し、現状変更の試みをやめるよう中国に要求した。《共同通信》

【岸田文雄首相】米・ペロシ下院議長と会談

岸田文雄首相は5日午前、ペロシ米下院議長と首相公邸で会談し、台湾周辺で軍事演習を実施した中国に対し、即刻中止を求めたと伝達した。演習はペロシ氏の台湾訪問への報復措置として行われ、弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。首相は会談で「中国の行動は地域、国際社会の平和と安定に深刻な影響を与える」と懸念を表明。両氏は、台湾海峡の平和と安定の維持に向けた日米間の緊密な連携を確認した。

中国は、4日にカンボジアで調整していた日中外相会談を急きょ中止し、日本をけん制した。今年9月の日中国交正常化50周年に向け、首相は難しい対応を迫られそうだ。《共同通信》

【イスラエル・パレスチナ情勢】

イスラエル軍が5日、パレスチナ自治区ガザで過激派「イスラム聖戦」を標的に空爆を行い、多数の死傷者が出た。昨年5月にはガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエル軍の大規模戦闘が起き、ガザで空爆により約250人が死亡。今回も衝突激化や市民の犠牲が懸念されている。

今回の空爆の背景には、イスラエルとイスラム聖戦の間で緊張が高まっていたことがある。イスラエル軍は今月1日、占領するヨルダン川西岸北部ジェニンでイスラム聖戦の幹部を拘束。イスラム聖戦は「代償を払うことになる」との声明を出し、戦闘員の攻撃態勢を強めていた。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】

原発敷地への砲弾6発

ウクライナの国営原子力企業エネルゴアトムは5日、ロシア軍が占拠しているウクライナ南部のザポロジエ原発に複数の砲撃があり、一部の装置や高圧送電線が損傷したと通信アプリで明らかにした。「放射性物質が飛散する危険性がある」と指摘したが、放射線量の上昇は観測されていないとした。

 タス通信によると、ロシア側が一方的に設置した「軍民行政府」はウクライナ側からの砲撃で原発構内で火災が発生したと発表した。エネルゴアトムはロシア軍が多連装ロケットシステムを使用して攻撃したと主張。双方が互いの攻撃だと非難している。

ロシアが占拠しているウクライナ南部ザポロジエ原発への5日の砲撃に関連し、原発の運転主体のウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムは同日、ロシア側からの原発敷地内への砲撃は計6発で、計6基ある原子炉のうち1基付近にも飛来したと通信アプリで発表した。

原発が立地するエネルゴダール市のオルロフ市長は5日、原発は稼働を続けているとし、放射性物質の飛散は確認されていないと通信アプリで明らかにした。

タス通信によると、ロシア側が一方的に設置した「軍民行政府」の関係者は5日、ロシアのテレビ番組で原発を攻撃したのはウクライナ軍で、砲撃は3回あったと主張した。《共同通信》

キーウ近郊の拷問部屋を公開

ウクライナ警察は5日、首都キーウ(キエフ)近郊ブチャで、ウクライナに侵攻したロシア軍が市民を拷問し、殺害したとされる地下室を報道陣に公開した。壁に複数の弾痕があるなど現場の状況から、警察幹部は「市民は処刑された」と改めて主張した。

ロシア軍は3月下旬に首都近郊から撤退し、警察によると、ブチャではこれまでに市民約420人の遺体が見つかり、多くが銃で殺害された。ウクライナや欧米の「大量虐殺」との非難に対し、ロシアのプーチン大統領は「フェイクだ」と述べ、ロシア軍の関与を否定している。

拷問部屋は子どもが夏に利用するキャンプ場の宿舎の地下。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは5日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシアトルでのマリナーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、5打数1安打、今季初の4三振を喫した。チームは延長十回、タイブレークの末に4―3で勝った。

レッドソックスの沢村はロイヤルズ戦で5―1の七回から3番手で登板し、1回を無安打無失点だった。チームは7―4で勝利。

カブスの鈴木はマーリンズ戦に出場しなかった。チームは2―1で勝ち、連敗を5で止めた。《共同通信》

【三宅一生さん】死去

ファッションの既成概念を破る斬新な服作りで世界的に知られたデザイナー三宅一生さんが5日、肝細胞がんのため東京都の病院で死去した。84歳。広島市出身。葬儀は既に行った。故人の遺志で告別式やお別れの会は開かない。

パリに渡って服飾を学んだ。帰国後、1970年にデザイン事務所を開設し、翌年「イッセイミヤケ」ブランドを立ち上げた。

日本の伝統文化をアピールしながら、洋の東西を問わない斬新なアイデアを打ち出し、衣服と人体との関係を「一枚の布」を通して追究した。 布地をひだ状に加工したポリエステル素材のブランド「プリーツプリーズ」は高い評価を得た。《共同通信》



8月5日 その日のできごと(何の日)