令和1180日目

2022/07/24

この日のできごと(何の日)

【桜島】爆発的噴火

24日午後8時5分ごろ、鹿児島県の桜島で爆発的噴火が発生した。気象庁によると、大きな噴石が火口から約2.5キロまで飛散した。同庁は噴火警戒レベルを3の「入山規制」から、最高レベルの5「避難」に引き上げた。南岳山頂火口および昭和火口から約3キロ以内の居住地域では大きな噴石に厳重な警戒を呼びかけた。約2キロ圏では火砕流が起こる可能性もある。

鹿児島市は市内の一部地域に避難指示を出した。桜島の一部の住民らはフェリーで鹿児島市街地側に向かった。市によると、25日午前0時時点で17世帯28人が避難した。県によると24日午後10時半現在、人的被害は確認されていない。

鹿児島地方気象台は24日午後8時50分、桜島の噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。5への引き上げは初めて。《共同通信》

鹿児島県の桜島が噴火した24日、一部の住民らが急いで避難するなど緊迫の一夜となった。桜島との間を結ぶフェリーの鹿児島市街地側では、島から出た人々が「怖かった」「こんなこと初めて」と緊張の表情を浮かべた。地元のホテル関係者は「避難活動中だ」と電話で語った。

桜島の勤務先のホテルからフェリーで戻った男性(59)は「初めての経験で怖かった」。噴火の音は聞こえず施設の被害もなかったが、「経営者に『とにかく帰りなさい』と言われて急いで船に乗った。明日以降のことは分からない」と話した。フェリー乗り場は電話が鳴りっぱなしだったという。《共同通信》

気象台によると、24日午後8時5分、桜島南岳が爆発。大きな噴石が火口から約2.5キロ飛んだ。

気象台は南岳山頂火口と昭和火口から3キロ以内の居住地域(鹿児島市有村町と古里町の一部)の住民には避難するなど厳重な警戒を呼びかけている。火口から2キロの範囲では火砕流への警戒も呼びかけた。

鹿児島県は午後8時50分、災害対策本部を設置した。午後9時半現在、被害の情報は入っていない。首相官邸は危機管理センターに官邸対策室を設けた。《南日本新聞》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【大阪府吹田市】不発弾処理

陸上自衛隊は24日、大阪府吹田市のマンション工事現場で4月に見つかった不発弾から信管を取り除き、撤去した。市は半径300メートルの住民約2千人に避難を呼びかけ、周辺を交通規制。JR西日本は正午ごろから約3時間、近くを通る東海道線(京都線)などの一部区間で運転を取りやめ、約4万8千人に影響した。

市によると、現場は同市南吹田3丁目のJR南吹田駅近くで、午前11時半ごろ、住民の避難誘導を完了。信管が除去され、午後1時半ごろに安全宣言を出した。不発弾は4月27日に発見。太平洋戦争中に投下されたとみられる米国製の1トン爆弾で、長さ約1.8メートル。《共同通信》

【関西電力・高浜原発3号機】運転再開

関西電力は24日、定期検査で停止中の高浜原発3号機(福井県高浜町)の原子炉を起動させ、運転を再開した。21日にポンプ室で見つかった油漏れの対応のため、23日としていた再開が遅れた。26日に発送電を開始し、8月19日に営業運転に入る予定。

漏れたのは約8リットルの潤滑油。油のフィルターが入っている部品のふたのへこみと、パッキンのずれが原因とみられ、部品を交換した。

県内では、関電大飯原発3号機(おおい町)が稼働中。同4号機は8月12日に営業運転に入る見通しとなっている。《共同通信》

【大相撲】

大相撲名古屋場所千秋楽は24日、名古屋市中区のドルフィンズアリーナで行われ、平幕逸ノ城が宇良を寄り切り、12勝3敗で初優勝を果たした。平幕優勝は昨年初場所の大栄翔以来。ただ一人3敗で並んでいた横綱照ノ富士は大関貴景勝に押し出された。照ノ富士、貴景勝はともに11勝4敗。3場所連続で12勝以下の優勝となり、1972年初場所から夏場所まで以来の低い成績となった。

大関正代は関脇若隆景をはたき込み10勝5敗。若隆景は8勝7敗。両小結は豊昇龍が9勝6敗、阿炎は8勝7敗。1横綱2大関を破った逸ノ城が3度目の殊勲賞。新入幕で10勝を挙げた錦富士が初の敢闘賞を受賞した。《共同通信》

【プロ野球・24日】

プロ野球は24日、オールスター戦を前に最後の5試合が行われ、セ・リーグは昨季日本一に輝いたヤクルトが11年ぶり、パ・リーグはソフトバンクが3年ぶりに首位で折り返した。

ヤクルトは広島に4―2で勝ち、DeNAが阪神に0―1で敗れたため、ヤクルトに優勝マジックが「41」で再点灯した。2日にセ、パ両リーグ史上最速で初点灯させたが、14日にDeNAに自力優勝の可能性が復活したため消えていた。

オリックスは7―4でソフトバンクに、楽天は9―2で西武に勝ち、日本ハムは5―4でロッテを破った。パは新庄新監督が率いる日本ハムだけが勝率5割を下回った。《共同通信》

日5―4ロ

日本ハムが連敗を6で止めた。一回に今川の満塁本塁打で先制、4―4の七回に清宮の適時内野安打で勝ち越した。伊藤が7回11安打4失点で8勝目、堀が5セーブ目を挙げた。ロッテは好機を生かし切れず、連勝が5で止まった。

オ7―4ソ

オリックスが2連勝で、前半戦を貯金1で終えた。同点の六回に杉本の2点二塁打で勝ち越し、七回に若月の1号ソロで突き放した。ワゲスパックが来日初セーブ。ソフトバンクは先発の東浜、3番手和田らが粘れず2連敗となった。

西2―9楽

楽天が3位に浮上。三回に辰己、浅村の適時打と茂木の2点打で4点を先制。五回は浅村、島内の連続適時打で2点を挙げその後も加点した。辛島が5回2失点で3勝目。西武は平井ら投手陣が崩れ今季ワーストの9失点を喫した。

ヤ4―2広

ヤクルトがソロ本塁打4本で競り勝った。二回にサンタナが左中間へ先制弾。1―1の五回に長岡が右、2―2の六回に山田が左へ放って勝ち越した。サイスニードは6回2失点で5勝目。広島は3安打にとどまり連勝が3で止まった。

神1―0D

阪神が3連勝で今季初めて勝率5割に到達した。四回の大山の犠飛による1得点を4投手の無失点リレーで守り抜いた。ガンケルは辛抱強く六回まで投げて5勝目。DeNAは浜口が踏ん張ったが、打線が振るわずに3連敗を喫した。

【ゴルフ】

大東建託いい部屋ネット・レディース最終日(24日・北海道滝のCC=6560ヤード、パー72)首位でスタートした34歳の菊地絵理香が4バーディー、1ボギーの69で回り、通算20アンダーの268で今季初勝利、通算5勝目を挙げた。優勝賞金は2160万円。

1打差の2位は三ケ島かな。通算18アンダーの3位が小祝さくらだった。トップと4打差の4位が森田遥。昨年優勝の申ジエ(韓国)は14位に終わった。《共同通信》

【サッカー】

サッカーの東アジアE―1選手権は24日、愛知・豊田スタジアムで男子の第2戦が行われ、日本は中国と0―0で引き分けた。宮市(横浜M)細谷(柏)らを軸に押し込んだもののゴールを奪えず、1勝1分けの勝ち点4で2位に後退した。中国は1分け1敗。

大会3連覇中の韓国は香港を3―0で下し、2連勝の勝ち点6で首位に浮上した。香港は2敗。

日本は4大会ぶり2度目の優勝を懸け、27日に豊田スタジアムで行われる最終戦で韓国と顔を合わせる。《共同通信》

【陸上・世界選手権】

陸上の世界選手権最終日は24日、米オレゴン州ユージンで行われ、新種目の男子35キロ競歩で川野将虎(旭化成)が2時間23分15秒で銀メダルを獲得した。

野田明宏(自衛隊)は2時間25分29秒で9位、松永大介(富士通)は2時間33分56秒で26位。

マッシモ・スタノ(イタリア)が川野に1秒先着して優勝した。《共同通信》

【F1】

自動車のF1シリーズ第12戦、フランス・グランプリ(GP)は24日、フランスのルカステレで決勝が行われ、8番手からスタートしたアルファタウリの角田裕毅はリタイアした。1周目に他車と接触して最後尾まで後退し、レース中盤に車を止めた。

2番手から出たレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が今季7勝目、通算27勝目をマーク。2位にルイス・ハミルトン、3位にジョージ・ラッセル(ともに英国)のメルセデス勢が続いた。《共同通信》

【COVID-19】

国内新規感染17万6554人

国内で24日、新たに17万6554人の新型コロナウイルス感染者が報告された。20万人を超えた23日と比べて減少したが、1週間前と比べると約1.7倍で、日曜日の1日当たりの感染者数としては過去最多となった。

山際大志郎経済再生担当相は24日のNHK番組で「さらに新規陽性者数は増えると見込まれる。政府として最大限の警戒感をもって事に当たらないといけない」と述べた。

都道府県別では、東京2万8112人、大阪1万7445人、埼玉1万2185人など都市圏で多かった。茨城と京都では過去最多を更新した。死者は愛知、福岡で各3人など、計25人が報告された。《共同通信》

【中国】宇宙実験施設の打ち上げ成功

中国は24日午後、南部海南省文昌の発射場から宇宙実験施設「問天」を運搬ロケット「長征5号B遥3」に搭載して打ち上げ、無事に予定の軌道に投入することに成功した。新華社電が伝えた。

問天は中国が建設中の宇宙ステーションの中核施設「天和」にドッキングし、年内にステーションが完成する予定。

問天は天和に続くステーションの要となる施設で、重量は23トン。実験のためのワークスペースがあり、宇宙飛行士の船外活動や科学実験に使われる。問天に続いて別の実験施設「夢天」も打ち上げる予定で、天和と連結して宇宙ステーション「天宮」が完成する。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】

林外相、ロシアの攻撃非難

林芳正外相は24日、ロシアによるウクライナ南部オデッサの港への攻撃を非難するとの談話を発表した。ウクライナ産穀物の輸出再開に関するロシアやウクライナの合意に触れ「履行を含め、責任を果たすことを強く求める」と訴えた。

世界的な食料危機を巡り「ロシアによるウクライナ侵略が根本的原因であり、ロシアが全面的な責任を負っている」と強調。ロシアの攻撃に関し「合意履行への信頼性を著しく損なうものだ」と指摘した。《共同通信》

ロシア外相「政権転覆目指す」

ロシアのラブロフ外相は24日、ウクライナ侵攻について「国民を敵視する政権からウクライナ国民が解放されるよう、必ず支援する」と述べ、ゼレンスキー政権の転覆を目指す考えを示した。ドイツのメディアが、訪問先のエジプト首都カイロでの発言として伝えた。

ラブロフ氏は、今年4月のインドのメディアのインタビューでは「ウクライナでの政権交代は目指していない」と説明していたが、前言を覆した形。

ラブロフ氏は20日にも、欧米の兵器供与を理由に、ロシア側が一部を実効支配するウクライナ東部ドンバス地域を守るにはウクライナ軍をさらに押し戻す必要があると強調していた。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは24日、後半戦最初の第16週を終了し、ア・リーグ西地区で大谷のエンゼルスは40勝55敗で4位のままで、5連勝した首位アストロズとは23.5ゲーム差に広がった。

東地区はヤンキースが66勝31敗で首位を独走。菊池のブルージェイズが12.5ゲーム差の2位、沢村のレッドソックスが5連敗で4位となった。中地区は前田のツインズが首位を守った。

ナ・リーグは西地区で首位ドジャースが8連勝し、64勝30敗で両リーグ最高勝率。ダルビッシュの所属する2位パドレスとのゲーム差を11.5に広げた。中地区はブルワーズ、東地区はメッツが首位を保った。《共同通信》



7月24日 その日のできごと(何の日)