令和732日目

2021/05/01

【宮城県】震度5強

1日午前10時27分ごろ、宮城県で震度5強の地震があった。青森、岩手、福島各県でも震度5弱を観測した。気象庁によると、震源地は宮城県沖で、震源の深さは51キロ。地震の規模はM6.8と推定される。津波の心配はない。宮城県警によると、同県女川町の入浴施設で高齢の夫婦がガラスで切り傷を負った。

気象庁は緊急記者会見を開き、今後1週間程度は最大震度5強の地震に注意が必要と呼び掛けた。

JR東日本とJR東海によると、東北新幹線は午前10時半ごろから全線で運転を見合わせ、東海道新幹線も東京―掛川間で一時運転を見合わせた。

宮城県で最大震度5強を観測した1日の地震で、運転を見合わせていた東北新幹線は午後3時半、5時間ぶりに全線再開した。秋田、山形両新幹線や在来線のダイヤも乱れ、ゴールデンウイークの5連休初日に多くの乗客が足止めされた。地震の負傷者は福島県で1人判明して計3人になった。気象庁は、東北地方で2日にかけて大雨が予想されるとして、被災地に警戒を呼び掛けた。

帰省のためJR仙台駅から新青森駅に向かう予定だった仙台市の女子大学生(20)は「新幹線に乗ろうとした時に激しく揺れたので怖かった。2月から大きな地震が続き不安だ」と話した。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【COVID-19】

国内新規感染5985人

国内の新型コロナウイルス感染者は1日、全都道府県と空港検疫で新たに5985人確認された。重症者は、前日から42人増えて1020人となった。1000人を超えるのは1月29日以来、約3か月ぶり。

都内では1050人の感染が判明した。男女6人が死亡し、80歳代の女性から変異ウイルスが検出された。都内の変異ウイルス感染者の死亡は計5人となった。

大阪府は過去最多の1262人で、5日連続で1000人を超えた。死者は過去2番目に多い41人。兵庫県では、重症者がこれまでで最も多い94人となった。《読売新聞》

インド、1日の感染40万人

インド政府は1日、新型コロナウイルスの1日当たりの感染確認が40万1993人となったと発表した。40万人を超えるのは初めて。4月22日に約31万5000人で世界最悪となって以降もほぼ連日、最悪を更新し、拡大が止まらない事態に陥っている。各地で病床や医療用酸素の不足が続き、医療体制は崩壊した状態。

累計感染者は約1916万5000人で、3000万人を超えた米国に次いで世界で2番目に多い。死者数は前日から約3500人増えて計21万2000人近くに上っている。《共同通信》

【福島県双葉町】成人式

2011年の東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町は1日、原発事故後初めて町内で成人式を開いた。新型コロナウイルス感染拡大のため、当初は1月に予定していた式典を延期していた。新成人は「町民の誇りを忘れず前に進みたい」と未来に希望を込めた。

昨年開所した企業誘致の拠点となる複合施設「産業交流センター」で開催し、当時小学4年だった新成人62人のうち19人が出席した。保育士半谷愛さん(20)と会社員落合晃輝さん(20)が「生まれ育った双葉町をひとときも忘れなかった。成人を迎え、地域のために貢献したい」と誓いの言葉を述べた。《共同通信》

【プロ野球・1日】

楽3―0ロ

楽天が今季初の4連勝とした。三回に浅村の適時打で1点を先制し、四回に岡島の2ランで加点した。田中将が6回を投げて5安打を浴びながらも無失点で切り抜け2勝目を挙げた。松井は7セーブ目。ロッテは勝率5割に逆戻りした。

日5―4西

日本ハムが逆転で今季初のサヨナラ勝ち。1―4の九回に中田の4号2ランと大田の適時二塁打で追い付き、なお2死満塁で杉谷が押し出し四球を選んで試合を決めた。3番手の谷川が移籍後初勝利。西武は九回に抑えの増田が崩れた。

オ0―13ソ

ソフトバンクが17安打で今季最多の13点を奪い、大勝した。一回に5連打と失策で4点を先制。三回に松田が3ランを放ち、その後も柳田、周東のソロなどで加点した。移籍後初登板のマルティネスが1勝目。オリックスは増井が誤算。

D10―2ヤ

DeNAが今季ヤクルト戦8試合目で初勝利した。2―2の六回に代打倉本の2点適時打で勝ち越し、七回に宮崎と嶺井の2点適時打などで6点を加えた。3番手のエスコバーが今季初勝利。ヤクルトは3失策と要所で守備が乱れた。

巨6―9中

中日は四回に木下拓、小笠原の適時打で2点を先制。五、六回もビシエドの2ランなどで計5点を加えた。7―6の九回は大島が2点三塁打を放った。小笠原は六回途中3失点で2勝目。巨人は投手陣が崩れ、後半の猛反撃も及ばず。

【J1】第12節

明治安田J1第12節第1日(1日・ユアテックスタジアム仙台ほか=6試合)仙台が西村のゴールで柏を1―0で破り、今季初勝利を挙げた。昨季1勝もできなかったホームで21試合ぶりの白星。3位の鳥栖は徳島を2―0で下し、3連勝で勝ち点26とした。

2試合が無観客で行われ、横浜MはオナイウのハットトリックでFC東京に3―0で完勝して10戦負けなしの3連勝。FC東京は4連敗となった。神戸は古橋の2得点などで広島に勝った。

福岡は浦和に快勝し、J1で2000年以来の3連勝。鹿島は横浜FCを下した。横浜FCは唯一の今季未勝利。《共同通信》

【静岡県牧之原市】突風

静岡県牧之原市で1日夜、激しい突風が吹いた。静岡地方気象台によると、竜巻の可能性があるという。県警や静岡市消防局、牧之原市によると、30〜60歳代の男女3人が割れた窓ガラスなどで軽傷を負ったほか、複数の住宅の外壁が損壊したり、車両10台前後が横転したりしているのが確認された。

牧之原市によると、電柱やビニールハウスも被害を受け、茶の加工工場の重油タンクが倒壊して油約50リットルが流出したという。中部電力パワーグリッドによると、停電は同市内で午後6時半頃から発生し、県中部の自治体を含め、午後11時25分現在で2270戸が復旧していない。

突風が激しかった場所では、電柱が倒れて電線が垂れ下がり、地面に屋根瓦が飛散していた。同市のコンビニエンスストアで働く30歳代の女性は「雨と風がすごく、店の前の看板が大きく揺れていた。周りの人から車が飛ばされたと聞いた」と話した。《読売新聞》

【野口聡一宇宙飛行士】宇宙基地から帰還

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一飛行士(56)は1日(日本時間2日)、約半年滞在した国際宇宙ステーションを米宇宙船クルードラゴン1号機で出発し、2日午前3時ごろ(同午後4時ごろ)米南部フロリダ州沖のメキシコ湾に着水、地球に帰還した。JAXAによると、野口さんら4人は全員無事で、約1時間後に宇宙船から下船した。

四つのパラシュートを広げた宇宙船がゆっくりと海上に着水すると、中継放送を見守っていたJAXA関係者から拍手や歓声が上がった。

JAXAによると、野口さんのステーション滞在は通算335日余りとなり、日本人最長を更新した。《共同通信》



5月1日 その日のできごと(何の日)