令和719日目

2021/04/18

【米山隆一さん、室井佑月さん】挙式

米山隆一・前新潟県知事(53)と妻の作家、室井佑月さん(51)が18日、同県長岡市の蒼柴神社で結婚式を挙げた。新型コロナウイルス対策を徹底するため参列者を親族ら約15人に絞り、飲食を伴う披露宴は行わなかった。

式を終えた米山氏は「一緒に生きていこうという気持ちが強くなった」。室井さんは「息子と父親が出席していたので何かしでかすのではないかと気が気でなかった」とジョークで報道陣を笑わせた後、「式を挙げたので、最後まで添い遂げたい」と話した。

米山氏は次期衆院選に新潟5区(同市の一部など)から出馬を表明しており、今月中旬に夫婦で同市に引っ越してきた。入籍は昨年5月に済ませていたが、新居が決まったことを受けて式を挙げた。

媒酌人は米山隆一後援会の上村国喜会長夫妻が務めた。《産経新聞》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【COVID-19】

国内新規感染4093人

国内の新型コロナウイルスの感染者は18日、46都道府県と空港検疫で新たに4093人確認された。大阪府は1220人で過去最多を更新。全国の死者は16人、重症者は前日より21人多い723人だった。

大阪府の新規感染者が1000人を上回るのは6日連続。新規感染者が比較的少ない日曜に最多を更新するのは異例だ。和歌山県でも今月9日、14日と並び過去最多の44人の感染が判明した。

また、山形県の感染者2人から感染力が高いとされる変異ウイルス「N501Y」が検出され、これで全都道府県で同型の変異ウイルス感染が確認された。《読売新聞》

イスラエル、屋外でマスク不要に

世界有数の速さで新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるイスラエルで18日、感染者数の減少を受けて屋外でのマスク着用義務が撤廃された。市民生活には大きな変化。飲食店が3月に営業を本格化したこともあり、ワクチン効果でコロナ前の日常に戻りつつある。屋内では、マスク着用義務が継続する。

エルサレムの路上ではこの日、多くの市民がマスクなしの生活を楽しんだ。会計士ミアさん(29)は「息苦しいマスクをしないでよい日常が戻ってきた。本当に長かった」と感無量の様子。友人とカフェのテラス席でビールを飲み談笑した。《共同通信》

【体操・全日本選手権】最終日

体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権最終日は18日、群馬県の高崎アリーナで男子決勝が行われ、19歳の橋本大輝(順大)が計6種目で88.532点をたたき出し、7位だった予選との合計173.365点で逆転して初優勝した。

昨年3位の谷川航が0.637点差で2位、2連覇を狙った萱和磨が3位。予選を1位通過した18歳の北園丈琉は跳馬でミスが出た上に鉄棒では負傷し、6位に終わった。

4枠の五輪団体総合メンバーのうち、今大会の得点を持ち点として争う5月のNHK杯(長野市ビッグハット)で上位2人が自動的に選ばれる。《共同通信》

【プロ野球・18日】

神10―7ヤ

阪神が5年ぶりの7連勝。ガンケルはリズムよく6回を1点に抑え、無傷の4連勝とした。一回に大山の犠飛で先制し、三回は糸原の適時二塁打、大山の2点打などで計5点を加えた。ヤクルトは前半の失点が重く、このカード5連敗。

中2―4広

広島は1―2の八回、クロンの2点二塁打と磯村の遊ゴロで3点を奪った。3年ぶりに登板した高橋昂は5回無失点と好投。七回に救援した大道が2勝目を挙げた。六回に福田の適時打などで逆転した中日は3番手の祖父江が打たれた。

D2―2巨

DeNAが終盤に追い上げて引き分けに持ち込んだ。0―2の七回にソトの今季初本塁打で1点を返し、八回にオースティンの適時内野安打で追い付いた。巨人は今村が七回途中まで1失点と好投したが逃げ切れなかった。

オ2―3ロ

ロッテが2分けを挟み4連勝で、今季初の貯金1とした。1―2の九回に岡の適時内野安打で追い付き、マーティンの押し出し四球で勝ち越した。3番手の佐々木千が2年ぶりの勝利。オリックスは1分けを挟んで4連敗。

日1―4楽

楽天が首位に並んだ。0―1の二回に太田のスクイズで追い付き、三回に茂木の適時打で1点を勝ち越した。五回、八回に1点ずつを加えた。早川が8回1失点で2勝目を挙げ、松井が5セーブ目。日本ハムは打線がつながりを欠いた。

西4―4ソ

ソフトバンクは2―4の九回、中村晃の1号2ランで追いつき、引き分けに持ち込んだ。2番手の津森が七回に勝ち越しを許したが、後の投手陣が無失点でつなぎ、最後は森が三者凡退とした。西武は抑えの増田が誤算だった。

【J1】第10節最終日

明治安田J1第10節最終日(18日・川崎市等々力陸上競技場ほか=4試合)首位の川崎は広島と1―1で引き分け、連勝が5で止まった。2位の名古屋は開幕節以来10試合ぶりに失点し、鳥栖に1―2で敗れて今季初黒星。更新中だった連続無失点のJ1記録は途切れ、勝ち点32の川崎との差が6に広がった。

C大阪は4試合ぶり勝利。4連勝を狙った浦和に1―0で競り勝った。G大阪―清水は0―0で引き分けた。《共同通信》

【競馬】第81回皐月賞

第81回皐月賞(18日・中山11R2000m芝16頭、G1)クラシック3冠レース第1戦は、2番人気のエフフォーリア(横山武史騎乗)が2分0秒6でG1初勝利を挙げた。無傷の4連勝で一昨年のサートゥルナーリア、昨年のコントレイルに続く史上19頭目の無敗制覇を果たし、1着賞金1億1千万円を獲得した。

22歳の同騎手はデビュー5年目でG1初優勝。父の横山典弘騎手も98年に勝っており、史上3組目の父子制覇。鹿戸雄一調教師もこのレース初めての勝利。

3、4番手の内側を進んだエフフォーリアは、最後の直線で先頭に立つと、力強い末脚でタイトルホルダーに3馬身差で快勝した。《共同通信》

【F1・エミリアロマーニャGP】決勝

自動車のF1シリーズ第2戦、エミリアロマーニャ・グランプリ(GP)は18日、イタリアのイモラで決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が今季初勝利、通算11勝目を挙げた。ホンダも今季初優勝。20番手から出たアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は13位でゴールした。

メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が2位。角田の同僚ピエール・ガスリー(フランス)が8位、レッドブル・ホンダのセルヒオ・ペレス(メキシコ)が12位だった。《共同通信》

【鳩山由紀夫元首相】日米会談「不慣れなオロオロ感」

鳩山由紀夫元首相は18日付のツイッターで、バイデン米大統領と初めての対面会談に臨んだ菅義偉首相について、「不慣れなオロオロ感と気恥ずかしさがモロだった。夕食会を断られハンバーガー付きの20分の首脳会談では哀れだった」と投稿した。

両首脳が「ヨシ」「ジョー」とファースト・ネームで呼び合ったことに関しては「初対面なのに親しげに呼び合う演出は外務省の浅知恵でしょう」とも書き込んだ。

鳩山氏は首相就任直後の2009年9月の初訪米で当時のオバマ大統領と「ユキオ」「バラク」と互いに呼び合っていた。《産経新聞》

【ミャンマー】邦人記者連行

ミャンマー在住のフリージャーナリスト北角裕樹さん(45)が18日、最大都市ヤンゴンの自宅近くで治安当局に連行された。地元メディアなどが報じた。治安当局の家宅捜索を受けたとみられ、段ボール箱が持ち出される様子を近所の住民が目撃したという。北角さんは2月26日、国軍のクーデターに抗議するデモの取材中に拘束され、同日中に解放されていた。

地元メディアによると、北角さんは4月18日夜、警察車両に乗せられ、連れ去られた。在ミャンマー日本大使館が確認を急いでいる。北角さんは元日本経済新聞記者。ミャンマーに移り住み、フリーで活動していた。《共同通信》

【ロシア】チェコ外交官20人追放

ロシア外務省は18日、同国駐在のチェコ大使を呼び、モスクワで勤務するチェコの外交官20人を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」とし、19日中の出国を要求した。チェコ政府が、2014年に同国で起きた弾薬庫爆破に関連してロシアの外交官18人を情報機関のスパイだとして追放すると17日に発表したことへの報復措置。

米国務省のプライス報道官は18日、自身のツイッターで「米国はロシアの破壊行為に対するチェコ政府の確固とした対応を支持する」と述べた。《共同通信》

【MLB】

米大リーグは18日、各地で行われ、レイズの筒香がニューヨークでのヤンキース戦に「7番・指名打者」でフル出場し、2―2の七回に勝ち越しの適時二塁打を放って4打数1安打1打点、1三振だった。チームは4―2で勝ち、3連勝とした。

レッドソックスの沢村はホワイトソックスとのダブルヘッダー第2試合で1―4の六回に3番手で登板し、1回を2安打1失点、1四球。チームは1―5で敗れた。

大谷が所属するエンゼルスは、対戦相手のツインズで複数の選手らが新型コロナウイルスの検査に陽性反応を示したため、17日に続く試合延期が決まっていた。《共同通信》

【チャーリー浜さん】死去

「〜じゃあーりませんか」というギャグが流行語となり、人気を集めたタレントのチャーリー浜さんが18日午後6時41分、呼吸不全と誤嚥性肺炎のため大阪市の病院で死去した。78歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

高校卒業後、作家花登筐が立ち上げた劇団「笑いの王国」に入り、芸を磨いた後、1962年に吉本新喜劇に入団。七三分けの髪形と黒縁眼鏡というスタイルで、キザな役を演じて人気を集めた。

「〜じゃあーりませんか」のギャグは、テレビCMをきっかけに流行し、91年に日本新語・流行語大賞に選ばれた。《共同通信》



4月18日 その日のできごと(何の日)