令和542日目

2020/10/23

この日のできごと(何の日)

【日本学術会議】任命拒否の4人が撤回要求

日本学術会議が新会員候補に推薦し、菅義偉首相が任命拒否した6人のうち、岡田正則早稲田大教授や松宮孝明立命館大教授ら4人が23日、日本外国特派員協会で会見し、任命拒否は「学問の自由を破壊する憲法違反」「政治権力に左右されない職務の大きな妨げ」などと訴え、早期撤回を求めた。

岡田氏は「会員の適否を政治権力が決められれば、憲法23条が保障する『学問の自由』の破壊になる」と主張。松宮氏は、政府が拒否の根拠に「公務員の選定、罷免は国民固有の権利」と規定する憲法15条を挙げている点に触れ「首相は、どんな公務員も自由に選び、選ばないことができると宣言した」と指摘した。《共同通信》



【COVID-19】

国内新規感染748人

国内では23日、新型コロナウイルスの感染者が32都道府県と空港検疫で新たに748人確認された。死者は8都府県の12人だった。

東京都内では新たに186人の感染が判明し、1日当たりの感染者は4日連続で100人を上回った。重症者は前日から1人減の23人。6割近い111人は感染経路が特定できていない。直近1週間の平均陽性率は3・4%だった。

北海道では51人、宮城県では20人の感染が確認され、それぞれ1日当たりの新規感染者が過去最多となった。大阪府は新たに100人の感染を発表した。

沖縄県議会事務局は、新たに男性県議9人が感染したと発表。22日に感染が確認された男性議員と、18〜21日に県内の離島を視察していた。県は視察中に感染が広がったとみている。《読売新聞》

GoToイート、16日間で1092万人予約

新型コロナウイルスの感染拡大で需要が落ち込んだ飲食店を支援する「Go To イート」のポイント付与事業について、野上農相は23日の閣議後記者会見で、事業が始まった1日から16日までの予約が約1092万人に達したことを明らかにした。

内訳は昼食が約233万人で、夕食が約859万人。グルメサイトを通じて店を利用すると付与されるポイントは、約98億円分に上った。来年1月までポイントが付く予定だが、同事業の政府給付金は616億円で、使い切れば終了となる。《読売新聞》

【日経平均終値】2万3516円59銭

23日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。大きな波乱がないまま米大統領の候補者討論会が終わったことを受け、ひとまず安心感が広がった。終値は前日比42円32銭高の2万3516円59銭。米追加経済対策を巡る協議の早期合意が期待された。ただ米政治情勢を巡る市場の様子見姿勢はなお強く、上げ幅は限られた。

22日の米株高を追い風に、買い優勢で取引が始まった。日本時間23日午前の討論会の実施中は、発言内容を見極めようと手控えムードが出て、平均株価は前日終値を挟んでもみ合った。《共同通信》

【JR北海道・日高線】一部廃止で合意

高波被害で2015年から不通が続くJR北海道の日高線鵡川―様似間(116キロ)について、沿線7町と同社は23日、来年4月1日に廃止し、バスに転換することで最終合意した。

日高町であった覚書締結式に出席した坂下一幸様似町長は沿線7町を代表して「今まで以上に便利な公共交通をつくらなければならない」と話した。同社の島田修社長は「地域の苦渋の決断を重く受け止め、深く感謝する」と述べた。

日高線苫小牧―様似間(146.5キロ)のうち、鵡川―様似間は15年1月に高波被害を受けて運休した。《共同通信》

【福井県敦賀市】クマに襲われ男性2人けが

23日朝、福井県敦賀市樋ノ水町の北陸新幹線延伸工事現場などで、JR社員の男性(56)と、作業員の男性(49)がクマに相次いで襲われた。敦賀市によると、作業員は左足を骨折し重傷という。ともに命に別条はない。クマは午前11時ごろ地元猟友会が射殺した。

午前8時半ごろ、敦賀市長沢にあるJR西日本の車両保管庫で社員が体長約1メートルのクマに襲われ、首筋などにけがをした。クマはそのまま約100メートル先の北陸新幹線の工事現場に侵入して作業員を襲った。

現場は敦賀駅の南約1.5キロの田畑が広がる地域。《共同通信》

【プロ野球・23日】

楽4―4日

日本ハムが追い付き、引き分けた。3―4の八回2死で大田の13号ソロが出た。五回途中から救援5投手が無失点でつないだ。楽天は3点差を盛り返して五回にロメロの適時打で勝ち越したが、八回に牧田が打たれ逃げ切れなかった。

ソ8―1西

ソフトバンクが12連勝。1―1の六回に甲斐のスクイズ、柳田の2点適時打、グラシアルの適時打で4点を勝ち越し、八回は柳田の2ランなどで3点を加えた。石川が7回1失点で9勝目。西武は連勝が4で止まり、勝率5割に戻った。

オ7―2ロ

オリックスが快勝した。一回にT―岡田の犠飛とモヤの適時打で2点を先制し、三回はT―岡田の14号ソロとモヤの適時二塁打で2点を加えた。山岡は六回途中1失点で3勝目。ロッテは二木が四回途中5失点と崩れて5連敗となった。

ヤ3―4中

中日が4連勝とした。2―3の六回に木下拓が逆転の2点二塁打を放った。救援陣が無失点で投げ切り、五回のピンチを防いだ又吉が4勝目。祖父江は今季初セーブを挙げた。ヤクルトは今シーズン最多の借金23となった。

D2―0広

DeNAが連敗を3で止めた。五回に失策に乗じて攻め立て、梶谷が左前に先制打を放ち、続く神里が犠飛。京山が6回を2安打無得点に抑え、9月6日以来の2勝目。広島は床田がミスで傷口を広げ、打線は好機で一本が出なかった。

巨5―4神

巨人は二回に丸の23号ソロと3失策につけ込み計3点を先制し、五回に坂本と若林の適時打で2点を加えた。今村は八回途中3失点で4勝目。阪神は拙守が響いて勝率5割転落。九回に1点差に迫ってなお1死二、三塁で後続が倒れた。《共同通信》

巨人・岩隈久志投手、引退会見

今季限りで現役を引退するプロ野球巨人の岩隈久志投手(39)が23日、東京ドームで記者会見し「最後の最後まで挑戦させていただいたことに感謝している。悔いなくやらせてもらった。すごくすっきりしている」と実感を込めた。駆けつけた原辰徳監督から花束を贈られた。

決断理由については「やりきる中で肩の脱臼をしてしまい、体力の限界を感じた。これ以上迷惑を掛けられない部分もあった」と語った。原監督によると、10月に状態を確認するためにシート打撃を実施。監督が見守る中、全力で投げた1球目が打者に当たり、岩隈は肩の痛みでひざまずいたという。《共同通信》

【大阪府池田市・冨田裕樹市長】庁舎内にサウナ設置、謝罪

大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が、庁舎内に私物の簡易サウナやトレーニング機器を持ち込み使用していたことが23日、市への取材で分かった。市長は同日、記者会見し「持病の緩和とリハビリのためだった」と釈明した上で「公私混同と思われる行動だった。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

冨田市長によると、スポーツ障害の後遺症やヘルニアがあり、昨年4月の着任後から昨夏ごろにかけて、トレーニング機器などを市長控室に設置。治療の一環として昼休みに使用していた。今年9月には家族の引っ越しに伴い、自宅にあった簡易サウナを事務所スタッフらとともに搬入したという。《共同通信》

【東京高裁】夫婦別姓、二審も請求棄却

夫婦別姓を認めない民法や戸籍法の規定は、憲法が禁じる「信条による差別」に当たるとして、別姓で事実婚の男女6人が国に1人50万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は23日、一審東京地裁立川支部判決と同様に「合憲」とし、原告側の控訴を棄却した。

民法の規定について、最高裁は2015年、合憲との判断を示している。岩井伸晃裁判長は、選択的夫婦別姓を支持する人は増加しているものの、導入すべきだとの意見が大勢を占めているとは言えないと指摘。「国会や国民全体の議論を尽くすことが求められている段階で、現時点で規定が憲法に違反するとは認められない」と述べた。《共同通信》

【国民民主党】立民との衆院会派を離脱へ

国民民主党の玉木雄一郎代表は23日、衆院で立憲民主党などと組んでいる野党統一会派から離脱すると表明した。国会内で記者会見し「臨時国会では別の会派で臨む」と述べた。26日の臨時国会召集に合わせて手続きに入る。連合の神津里季生会長とも連合本部で会談し、離脱方針を伝えた。

国民は旧立民との合流に参加しなかった保守系議員が多く「立民との会派から離脱して独自色を出すべきだ」との声が上がっていた。22日には党所属衆院議員で協議し、玉木氏に対応を一任した。

玉木氏は神津氏との会談後、相原康伸事務局長とも意見交換した。《共同通信》

【安倍晋三前首相】台湾人徴用工の給与袋をツイート

安倍晋三前首相は23日、産業遺産情報センター(東京都新宿区)に展示されている三菱重工業長崎造船所で働いたいわゆる徴用工の給与袋や賞与袋をツイッターで紹介した。「当時の彼らの労働に対する待遇がどうであったかを物語る貴重な資料だ。いわれなき中傷への反撃はファクトを示すことが一番だろう」と投稿した。

台湾出身の鄭新発さんは日本統治下の昭和18年9月に徴用され、長崎造船所で働いた。センターには昭和20年7月分までの鄭さんの給与袋のほか、「団体出勤賞袋」や「生産増進慰労金袋」も残っており、出身地の違いに関係なく徴用者に各種の手当が支払われていたことを示している。

安倍氏は22日にセンターを視察していた。《産経新聞》

【日本、英国】EPAに署名

日英両政府は23日、経済連携協定(EPA)に署名した。工業品や農産品への関税削減は、日本と欧州連合(EU)のEPAの内容をおおむね踏襲した。両国の国会手続きを経る必要があり、日本政府は今月26日召集の臨時国会で承認を得る。両政府は、来年1月1日に協定を発効できるよう協力することで一致した。

署名式が東京都内で開かれ、茂木敏充外相とトラス英国際貿易相が出席した。記者会見した茂木氏は「協定を、日英関係をさらに強化・発展させるための重要な基盤にしたい」と強調。一方、英国は日本など11カ国による環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加盟に意欲を示しており、トラス氏は「加盟への道が開かれる」とした。

英国からの輸入品の約94%、日本から英国への輸出品の約99%について、将来的に関税が撤廃される。《産経新聞》

【イスラエル、スーダン】国交正常化で合意

米ホワイトハウスは23日、イスラエルとアフリカ北東部のアラブ国家、スーダンが国交正常化に合意したと発表した。トランプ米大統領の仲介によるもので、イスラエルとアラブ諸国の国交正常化で合意したのはアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンに続いて3カ国目となる。

トランプ氏は11月3日に迫った大統領選を前に、自身の支持基盤でイスラエルへの支援を信仰の柱に据える福音派などキリスト教右派へのアピール材料として外交成果を誇示するとみられる。

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し「イスラエル、スーダンにとって信じられないほど素晴らしいディール(取引)だ」と強調した。《産経新聞》



10月23日 その日のできごと(何の日)