令和536日目

2020/10/17

この日のできごと(何の日)

【中曽根康弘元首相】内閣・自民党合同葬

戦後第5位の長期政権を担い、昨年11月に死去した故中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬が17日、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で営まれた。葬儀委員長の菅義偉首相は追悼の辞で「必要な改革を実行し、国際社会の平和と繁栄に貢献した」とたたえた。合同葬を巡っては、政府による約9600万円の経費計上や、全国の国立大などに弔意表明を求めた文部科学省への批判が出た。

参列者による黙とうの後、菅首相は中曽根政権下での東西冷戦や貿易摩擦に触れ「次世代に向け、全身全霊で新しい道を切り開いた。わが国の国際的地位を大きく向上させた」と述べた。《共同通信》

昨年11月に101歳で死去した中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬が17日、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で営まれた。葬儀委員長の菅義偉首相ら政界関係者や近親者ら644人が参列し、国鉄民営化などの業績を残した故人をしのんだ。

首相は追悼の辞で「中曽根先生は次世代のわが国の姿を見据え、必要な改革を実行され、国際社会の平和と繁栄に貢献された。改革の精神を受け継ぎ、国政に全力を傾けることをお誓いする」と述べた。

その後、天皇、皇后両陛下、上皇ご夫妻の使いが拝礼し、秋篠宮ご夫妻をはじめ皇族方が供花された。また、安倍晋三前首相ら歴代首相、立憲民主党の枝野幸男代表ら野党党首、外国の要人らが献花を行った。

友人代表の読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆は欠席し、弔辞が代読された。《産経新聞》



【COVID-19】

国内感染新たに624人

国内では17日、新型コロナウイルスの感染者が、31都道府県と空港検疫で新たに624人確認された。死者は東京、長野、大阪、兵庫の4都府県で男女計6人だった。

東京都内では235人の感染が判明した。1日当たりの感染者が200人を上回るのは2日ぶりで、重症患者は前日から2人減の23人。

家庭内感染が50人で、感染経路が特定できていない人は132人に上った。都の担当者は、「寒い季節となるが、家庭でも換気などの感染対策を実践してほしい」と話した。《読売新聞》

イタリア、ベルギーで新規感染1万人超

新型コロナウイルスの「第2波」が深刻化している欧州で17日、1日当たりの新規感染者数が過去最多を更新したと発表する国が相次いだ。

イタリア政府は17日、新型コロナ感染者が前日から1万925人増えたと発表、1日の新規感染者は4日連続で過去最多を更新。ベルギー保健当局は17日、感染者が13日に1万369人確認されたと発表。同国で1日に1万人以上の感染者確認は初。オランダからの17日の報道によると、同国も過去24時間の新規感染者が過去最多となる8114人を記録。オーストリアやチェコ、ポーランドでも最多の報道が相次いだ。《共同通信》

仏・パリなどで夜間外出禁止に

フランス政府は17日、新型コロナウイルスの感染再拡大を抑えるため、パリなど計9都市圏で午後9時から午前6時まで原則的に外出を禁止した。期間は少なくとも4週間で、議会の承認が得られれば12月1日まで継続する方針。

措置導入前の最後の夜となった16日、パリではレストランのテラス席などで楽しむ市民の姿が見られた。19歳の男子学生は地元メディアに「できるだけ堪能する」と語り、マスク姿で友人らと携帯電話で自撮りした。

対象はパリを含むイルドフランス地域圏のほか、マルセイユ、リヨン、サンテティエンヌ、モンペリエ、グルノーブル、リールなどの都市圏。《共同通信》

【石川県加賀市】温泉街でクマが男女3人襲う

17日午前10時35分頃、石川県加賀市山代温泉で、男女3人が相次いでクマに襲われた。同市などによると、70歳代と80歳代の女性2人が頭などにけがを負って病院に運ばれたが、命に別条はないという。男性1人は軽傷。クマは約2時間後に猟友会が駆除した。

現場はJR北陸線の加賀温泉駅から約3キロ南の温泉街。周辺には住宅や旅館などがある。同県内では16日にも白山市で男女4人がクマに襲われ、重軽傷を負った。《読売新聞》

【競泳・日本短水路選手権】第1日

競泳・日本短水路選手権第1日(17日・東京辰巳国際水泳場)――男子は、200メートル自由形で松元克央 (セントラルスポーツ)が1分42秒10の日本新記録で優勝。昨年大会の自身の記録を0秒31更新した。50メートルバタフライは川本武史(トヨタ自動車)が22秒19の日本新で制し、400メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が勝った。女子400メートル個人メドレーは、大橋悠依(イトマン東進)が優勝。《読売新聞》

【箱根駅伝】予選会

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)の予選会が17日、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地内を周回するハーフマラソンのコースで行われた。順大、中大などの常連校が上位を占め、10校が予選を突破。来年1月2、3日に開催予定の本大会に出場する20校が出そろった。

専大が10位で7年ぶりの本大会に返り咲き、前回連続出場が33回で途切れた山梨学院大は7位で予選通過。前回26年ぶりの本大会出場を果たした筑波大は、18秒差の11位で落選した。中央学院大は12位となり連続出場が18で途切れた。本大会では予選会敗退校の記録上位者を中心にオープン参加の関東学生連合チームを編成する。《読売新聞》

【J1】第23節第1日

明治安田J1第23節第1日(17日・ヤンマースタジアム長居=1試合)C大阪が横浜Mに4―1で快勝した。奥埜、豊川がともに2ゴールを奪った。勝ち点を48に伸ばし、暫定2位。

18日に残り8試合が行われ、同一シーズンの新記録となる11連勝(延長を除く)を狙う首位の川崎は名古屋と対戦する。《共同通信》

【プロ野球・17日】

西1―4オ

オリックスが連敗を4で止め、3年ぶりの西武戦の勝ち越しを決めた。五回に大下のソロで先制。六回にモヤの2ラン、九回には吉田正の適時打で加点した。張奕は6回3安打無失点で2勝目。西武は打線がつながりを欠いた。

ソ5―0楽(17日)/ソフトバンクが7連勝

ソフトバンクが7連勝で貯金を20に伸ばした。一回に柳田の27号ソロで先制。四回にはグラシアルの10号ソロ、五回は栗原の3点二塁打で加点した。東浜が7回無失点で自身6連勝とし、8勝目を挙げた。楽天は勝率5割に戻った。

広2―5中

中日が今季初の7連勝。1―2の八回に阿部、ビシエドの連続2点打で逆転した。柳が7回2失点で4勝目、R・マルティネスがリーグ最多の21セーブ目。森下が7回1失点と好投の広島は継投に失敗。1分けを挟んで3連敗となった。

【サッカー・堂安律選手】独1部で初ゴール

サッカーのドイツ1部リーグで17日、ビーレフェルトの堂安律がホームで行われた欧州王者のバイエルン・ミュンヘン戦に先発して試合終了間際までプレーし、4点を追う後半13分に今季初ゴールを挙げた。PSVアイントホーフェン(オランダ)から期限付きで加入した堂安はドイツ1部初得点。試合は1―4で敗れた。

シュツットガルトの遠藤航は2―0で勝ったアウェーのヘルタ戦にフル出場。ブレーメンの大迫勇也は1―1で引き分けた敵地のフライブルク戦でベンチ外だった。《共同通信》

【ナゴルノ・カラバフ紛争】停戦に改めて合意

係争地ナゴルノカラバフを巡り戦闘を続けるアゼルバイジャンとアルメニアは17日、ナゴルノカラバフと周辺で18日午前0時(日本時間同日午前5時)から軍事行動を停止することで改めて合意した。アルメニア国防省は18日未明の時点で戦闘は起きていないと説明している。

現地ではロシアの仲介で合意したと10日に発表された停戦が完全履行されず攻撃が続いていた。停戦監視活動は行われておらず、軍事行動が止まるかどうかは不透明だ。

両国は即時停戦を呼び掛けた米ロ仏3カ国首脳、欧州安保協力機構の声明やロシア仲介の停戦合意に基づき、人道目的で停戦することに合意した。《共同通信》

【タイ・バンコク】反政府デモ

タイの学生らは17日、首都バンコクの高架鉄道や地下鉄の駅に集まり、それぞれの駅で一斉に反政府デモを行った。政府はバンコクに非常事態を宣言して5人以上の集会を禁止したが、これを無視するデモは3日連続。首都の重要交通網がまひする事態になった。

バンコク中心部を走る高架鉄道の全駅が閉鎖され、地下鉄の2路線全てが運行を停止した。中心部とスワンナプーム国際空港を結ぶ高速鉄道も運休になった。

学生らは軍政の流れをくむプラユット政権の退陣や王室改革を訴え、反政府集会を開いてきた。15日、警察が団体のリーダーらを逮捕したことに猛反発し、釈放を求めている。《共同通信》

【菅義偉首相】靖国神社に真榊奉納

菅義偉首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせて「内閣総理大臣 菅義偉」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。18日までの例大祭中の参拝は見送る方針。関係者によると、菅首相は官房長官当時には真榊を奉納していなかったが、例大祭で真榊を奉納してきた安倍晋三前首相の対応に倣い奉納することにしたという。

大島理森衆院議長、田村憲久厚生労働相、井上信治万博相も真榊を奉納した。

靖国神社にとって、4月と10月の例大祭は最も重要な祭事とされる。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、例大祭の期間を例年の3日間から2日間に短縮した。《共同通信》

【米大統領選挙】トランプ氏、中西部2州で集会

11月3日実施の米大統領選で再選を目指す共和党のトランプ大統領は17日、選挙の行方を左右する激戦州の中西部ミシガン、ウィスコンシン両州で支持者集会を開いた。トランプ氏は2016年の前回大統領選で両州を制したが、今回は民主党候補のバイデン前副大統領に支持率で差をつけられており、終盤での追い上げを目指す。

政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」がまとめた各種世論調査の平均支持率(17日現在)によると、トランプ氏はバイデン氏にミシガン州で7・2ポイント差、ウィスコンシン州で6・3ポイント差をつけられている。トランプ氏のウィスコンシン州入りは今年6回目となる。

両州とも今月に入り、新型コロナウイルスの感染者数が急増しており、いずれの集会でも参加者は会場で事前の体温検査が義務付けられた。ただ、参加者はソーシャルディスタンス(社会的距離)を守らずに密集し、マスクの着用も徹底されなかった。《産経新聞》



10月17日 その日のできごと(何の日)