令和447日目

2020/07/20

【熊本豪雨】不明者を一斉捜索


https://www.youtube.com/

豪雨により大きな被害が出た熊本県南部で20日、警察や消防、自衛隊が、行方不明者を一斉捜索した。豪雨の死者は九州5県で計71人に上り、熊本県では八代市と芦北町で計2人が行方不明になっている。

県によると、20~21日の2日間、延べ約1900人態勢で、氾濫した球磨川の周辺や、流された可能性がある八代海などを集中的に捜索する。

また、橋の流失や車両浸水などの被害を受けたくま川鉄道が20日、通学に利用する高校生らのためバスの代替輸送を始めた。平日のみ、上下で計13便運行する。熊本県と鹿児島県を結び、一部で運休している肥薩おれんじ鉄道も、バスの代替輸送を開始した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【日経平均終値】2万2717円48銭

週明け20日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。新型コロナウイルス感染拡大は引き続き懸念されたが、一部のハイテク株に買いが入って相場を押し上げた。

終値は前週末比21円06銭高の2万2717円48銭。東証株価指数(TOPIX)は3.18ポイント高の1577.03。出来高は約9億1893万株だった。《共同通信》

【大相撲7月場所】2日目

大相撲7月場所2日目(20日・両国国技館)横綱鶴竜が右肘の負傷で早くも休場した。一人横綱となった白鵬は豊山を寄せつけず、上手投げで退けて2連勝とした。

新大関朝乃山は初日に金星獲得の遠藤を力強く寄り切り、連勝スタートを切った。かど番の大関貴景勝は阿武咲をはたき込み、同じく負けなし。

両関脇は初日に続いて白星。御嶽海は隆の勝をはたき込みで退け、正代は宝富士を一方的に寄り切った。小結大栄翔は鶴竜の休場で不戦勝。《共同通信》

【宮城県警】鉄道敷地侵入疑い4人摘発

山菜採りや車両撮影目的でJR線の線路付近に立ち入ったとして、宮城県警塩釜署は20日、鉄道営業法違反の疑いで、いずれも宮城県の男性3人を書類送検、男子高校生を家裁送致した。

書類送検されたのは、塩釜市の会社役員の男性(61)、多賀城市の無職男性(72)、仙台市の会社員の男性(31)。家裁送致されたのは栗原市の男子高校生(17)。

容疑はそれぞれ、正当な理由なく多賀城市や松島町の東北線、利府町の仙石線の敷地に入った疑い。

塩釜署によると、会社員と高校生は「珍しい電車を撮影したかった」と話している。会社役員と無職男性は「タラの芽を採りに入った」と話している。《共同通信》

【カルロス・ゴーン被告】身安全なく聴取拒否

中東レバノンに逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告は、事情聴取を望むフランス捜査当局の出頭要請に今月応じなかった理由として、パスポートがなく、移動中の身の安全も保証されないとの「技術的障害」を挙げた。20日付のフランス紙パリジャンがインタビューを伝えた。

フランス当局は、日産と企業連合を組むルノーの会社資金が不正使用された疑惑に関し、今月13日に事情聴取したいとの意向を示したが、被告側は応じなかった。

ゴーン被告は日本の当局が国際手配したことを受けて、レバノンの司法当局が自身のパスポートを保管しているなどと説明した。《共同通信》

【三菱重工業】UAE火星探査機を打ち上げ

三菱重工業は20日午前6時58分、アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「HOPE」を載せたH2Aロケット42号機を、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。探査機は約1時間後、予定の軌道に投入され打ち上げは成功した。

HOPEはムハンマド・ビン・ラシード宇宙センターが開発。7カ月かけて4億9350万キロを飛行し、UAEが建国50年を迎える2021年に火星の周回軌道に到着する。中東の国が惑星間飛行する探査機を飛ばすのは初めて。

機体は紫外線や赤外線を使った観測装置を搭載し、火星の高度2万~4万キロの楕円軌道を55時間で周回する。《共同通信》

【三浦春馬さん】すでに密葬

俳優の三浦春馬さん(享年30)が18日に亡くなったことを受け、所属事務所のアミューズは20日、同社のホームページ(HP)で追悼コメントを発表するとともに、三浦さんの密葬がすでに執り行われたことを報告した。

三浦さんは平成2年生まれ、茨城県出身。9年のNHK連続テレビ小説「あぐり」で子役としてデビューした後、18年に日本テレビ系で放送されたドラマ「14才の母」でヒロインの恋人役を演じ、注目された。

追悼コメントでは、生前の三浦さんについて「中学生の頃から16年という長きにわたって共に夢を語り、歩んできた大切な仲間」と振り返り、「一つ一つの作品に向かうエネルギーによって、本当に眩(まぶ)しく輝いていた彼の魂は、これまでの多くの作品と、それを受け取った全ての方の心の中で、決して失われることなく輝き続けることと思います」と記した。

三浦さんの葬儀は親族と相談の上、すでに密葬として執り行ったという。新型コロナウイルスの感染予防に配慮しながら、ファンや関係者に向けたお別れの会を別途、検討していることも明かした。《産経新聞》

【COVID-19】

国内死者1000人突破

新型コロナウイルスに感染して亡くなった人は20日、東京都と埼玉県で各1人増え、国内の死者数はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を含めて計1001人となった。7月に入ってから新規感染者は急増しているが、比較的症状が軽い若年層への感染が目立ち、重症化して死に至るケースは少なくなっている。

国内で最初の死者が発表されたのは2月13日。各自治体の発表などによると、1日あたりの死者数が最も多かったのは5月2日の31人で、この日に合計500人に達した。6月以降は、一部の県が死者数を修正した日(6月19日)以外はゼロか1ケタの日が続いている。死者の8割近くは70歳以上だった。

死者が確認されるペースは鈍化しているが、7月に入り、首都圏などで新規感染者は急増。現在の感染者は若者が多く、厚生労働省によると重症者は20日午前0時で47人と、医療機関が逼迫(ひっぱく)する事態ではない。

ただ、若年層から重症化しやすい高齢者らへの感染も懸念される。専門家からは、重症者が増えた時に備えて軽症者向けの宿泊施設の確保を急ぐように求める声が上がっている。《読売新聞》

以下動画はテレビ東京

青森県むつ市、4連休に観光施設を閉鎖

青森県むつ市は20日、市内にある公共の観光施設を23日からの4連休の間、閉鎖すると発表した。「新型コロナウイルス感染から市民を守るため」としている。宮下宗一郎市長は政府の観光支援事業「Go To トラベル」を批判していた。

市によると、閉鎖するのは釜臥山展望台や下北観光物産館、薬研温泉露天風呂など21カ所。《共同通信》

山口県、「へずまりゅう」相談相次ぐ

動画投稿サイト「ユーチューブ」に「へずまりゅう」の名前で動画を載せ、新型コロナウイルスの感染が確認された男性が訪れた山口県は20日、これまでに男性と接触した82人をPCR検査し、約780件の相談があったと発表した。男性が訪れた県内の飲食店で3人の陽性が確認されている。

動画投稿者の男性は今月10~11日に山口県を訪問、15日に愛知県で感染が確認された。村岡嗣政知事は17日の記者会見で、来県前に高熱を出していたとの情報があり、感染の可能性があるのに各地で一方的な接触を繰り返したとして「なんてことをしてくれたのか」と非難。接触者に県への相談を呼び掛けていた。《共同通信》

中国、コロナめぐり5000人起訴

中国の最高人民検察院(最高検)は20日、新型コロナウイルス感染症に関連し、詐欺や絶滅が危ぶまれる野生動物を売買した罪などで、1~6月に5565人の起訴を決定したと発表した。詐欺が43.4%と最も多く、公務執行妨害が15.0%、違法な狩猟が8.6%、絶滅が危ぶまれる野生動物の違法な売買や輸送などが6.0%と続いた。

詐欺についてはマスクの販売をうたって金をだまし取る事例が多くを占めたとみられる。最高検は3月、薬品会社代表がマスクの販売を呼び掛け、約160万元(約2450万円)を集めて約80万元を賭博に使った事件を発表していた。《共同通信》

【中国】13の水門を開放

中国新華社通信によると、豪雨が続く安徽省のダムで緊急放流が行われた。13の水門が開かれ、約20万人の人々が暮らす地域に水が押し寄せている。

現地ではこのところ豪雨が続いている。20日、同省を流れる淮河の水位が急速に上昇し、警戒水位を36センチ上回った。

20日朝、地元当局は4段階の警戒レベルのうち最高の赤警報を発令した。また淮河の管理当局によると、中国政府は淮河流域の緊急対応レベルを最高のレベル1に引き上げた。

地元気象当局によると現地では今後も豪雨が降り続く見通し。《ロイター》



7月20日 その日のできごと(何の日)