2019 令和元年8月14日(水)のできごと(何の日)

令和106日目

令和元年8月14日(水)

2019/08/14

【韓国】「慰安婦の日」

韓国で法定記念日に定められた「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」の14日、政府主催の式典がソウルで開かれた。文在寅大統領は出席しなかったが、「韓国政府は被害者の尊厳と名誉回復のために最善を尽くす」とのメッセージを寄せた。

式典には元慰安婦の女性や市民団体、専門家ら約300人が参加。文氏は慰安婦問題について「国際社会で共有し、広めていく」とも伝えたが、日本への批判はなかった。文氏は昨年、中部、忠清南道天安市の国立墓地で開かれた第1回の式典には参加し、演説した。

式典であいさつした陳善美女性家族相は「慰安婦問題を女性の人権問題として確立し、歴史の教訓として記憶されるよう後世に教育していく」などと語った。

また、ソウルの日本大使館前では、慰安婦問題で日本に抗議する1400回目の集会が開かれた。

一方、ソウル市中心部の南山では、同市などが主催する慰安婦像(記念碑)の除幕式が行われた。式典は日本の朝鮮半島統治時代に「朝鮮神宮」があった場所の付近で、朴元淳市長や陳氏、慰安婦問題で韓国の主張に賛同する日系米国人のマイク・ホンダ元米下院議員らが出席。元慰安婦の女性があいさつで安倍晋三首相を「嘘つきだ」と強く批判するなど、除幕式は安倍政権を糾弾する色合いが濃かった。

この日の集会は韓国の13都市で開かれ、ソウル市内では南山以外でも、慰安婦像が設置された。また、日本や米国、オーストラリア、台湾など12カ国・地域の37都市でも慰安婦問題に抗議する集会が開催されたという。集会の海外への拡散について韓国メディアは「一層意味の大きいものとなった」(聯合ニュース)と評価している。《産経新聞》



【韓国】日本人労働者の写真が「徴用工」に

韓国ソウルの日本大使館前で「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」の14日に開かれた、慰安婦問題で日本に抗議する集会で、事実とは全く異なる「徴用工」の写真を掲載したチラシが大量に配布された。

問題のチラシは「民族の自主と平和のための第12期韓国労総統一先鋒隊」という左派組織が作成。日本製品不買を呼びかける「NO」のロゴとともに、日本に対して、いわゆる徴用工を「認定、謝罪、賠償をせよ!」と求めるハングルと炭鉱労働者の写真が掲載されている。

「朝鮮人徴用工」として使用したようだが、この写真は筑豊炭田(福岡県)で日本人を撮影したもの。2017年にも米ニューヨークのタイムズスクエアの電光掲示板で流された「軍艦島は地獄島」との意見広告で誤用され、製作に関わった韓国の大学教授が間違いを認めた。韓国では日本批判のためのこうした誤用が後を絶たない。《産経新聞》

【ドイツ・ベルリン】ブランデンブルク門前に少女像

ドイツの首都ベルリン中心部の観光名所ブランデンブルク門前に14日、元従軍慰安婦を象徴する少女像が展示された。戦時下の女性への性暴力に抗議する活動の一環として在ドイツの韓国系団体が企画。現場では各国の観光客が多く、団体関係者は「慰安婦問題を世界に発信したい」と述べた。

在ドイツ日本大使館は「各国には以前から(慰安婦問題を巡る)日本の立場を説明している。今後も国際的な理解を得るよう努めていく」とコメントした。

この日は韓国人ら約100人が参加し、少女像の周囲で「慰安婦問題を忘れないぞ」などとシュプレヒコールを上げた。《共同通信》

【東北道・佐野SA】上り線の飲食店が休止に

東日本高速道路は14日、栃木県佐野市の東北自動車道佐野サービスエリア(SA)上り線にあるレストラン、フードコートが同日未明から営業を休止したと発表した。運営を委託している企業の従業員が「就業拒否」しているのが理由で、再開の見通しは立っていないという。駐車場やトイレ、ガソリンスタンドは利用できる。

夏休みで利用者が増える時期だけに、東日本高速は「迷惑をかけて申し訳ない。再開に向け準備を急ぐ」としている。

食事関連以外に、お土産物などのショッピングコーナーも営業を休止。運営会社の経営を巡って何らかの対立や混乱が起きているとみられる。《共同通信》

【札幌市】ヒグマ1頭を駆除

札幌市は14日、同市南区の住宅地などに出没していたヒグマ1頭を駆除したと発表した。同区では今月上旬から目撃証言が相次ぎ、クマが家庭菜園を荒らすなどの被害が出ていた。

地元のハンターが猟銃で駆除した。

ヒグマはメスとみられ、体長は約1・5メートル。市は住民への危険性があるとして、駆除を決断したという。《産経新聞》

【新潟県上越市】40.3度

新潟県内は14日、台風10号の影響で暖かく湿った空気が流れ込み、気温が上昇した。気象庁によると、同県上越市で14日午後0時17分に気温40度を観測、さらに同0時54分には40・3度を記録した。

気温が40度に達したのは今年初めて。同庁は、熱中症への警戒が必要としている。《読売新聞》

【大分県玖珠町】台風で18人孤立

14日午後4時35分ごろ、大分県玖珠町の大谷渓谷で、観光客の女性から「車が水没して動けなくなった」と119番があった。県や消防によると、台風10号の接近による雨で川が増水し、乳児を含む計18人が孤立した。けが人はいないという。

県警と消防が救助に向かっている。18人は同じグループで、6台の車でバーベキューなどをしに佐賀県から訪れたとの情報がある。乳児から40代ぐらいとみられ、うち11人が未成年。川から少し離れた小高い場所に避難している。

大分地方気象台によると玖珠町では14日、台風10号周辺の湿った空気の影響で午後4時半までに21.5ミリの雨が降った。《共同通信》

【山陽新幹線】15日の運転を見合わせ

大型の台風10号の接近を受け、JR西日本は14日、15日に山陽新幹線の新大阪-小倉駅間で終日すべての列車の運転を見合わせると発表した。小倉-博多駅間は1時間に1本程度の運転を行う予定。

JR西によると、15日は山陽新幹線上り線でお盆休みのUターンラッシュがピークを迎える見込みだった。これに伴い、JR西は14日、博多駅午後5時22分発、新大阪駅午後8時34分着のひかり864号を臨時運行する予定。

また15日は、岡山、広島、山口の3県で在来線も終日すべての運行を見合わせるほか、京阪神地区の路線でも運転を見合わせる可能性がある。16日の運転計画については、15日夕方に発表する。

JR東海も15日は東海道新幹線で山陽新幹線との直通をとりやめ、東京-新大阪駅間で本数を減らして折り返し運転する。

JR四国も14日午後3時以降、予土線、牟岐線など管内の一部区間で順次運転を見合わせることを決めた。《産経新聞》

【ニューヨーク株式市場】800ドル安

14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急落し、前日比800.49ドル安の2万5479.42ドルで取引を終えた。6月4日以来約2カ月ぶりの安値水準で、下げ幅は今年最大だった。景気後退の予兆とされる長短金利の逆転が起こり、世界的な景気後退への懸念が強まった。英国やドイツなど欧州の主要市場も大幅に下落した。

中国が14日発表した7月の工業生産の伸び率は17年5カ月ぶりの低水準だったほか、ドイツが3四半期ぶりのマイナス成長となった。米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱問題を背景に、世界経済に不透明感が高まった。《共同通信》

【日経平均終値】2万0655円13銭(前日比199円69銭高)

14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発し、終値は前日比199円69銭高の2万0655円13銭だった。米政権が対中制裁関税「第4弾」で一部品目への発動時期を延期すると前日に発表し、米中貿易摩擦への警戒感が和らいだ。円安ドル高の進行も追い風となり、幅広い銘柄に買い注文が入った。

東証株価指数(TOPIX)は12.93ポイント高の1499.50。出来高は約10億6300万株。

米通商代表部は13日、中国からの輸入品3千億ドルに10%の追加関税を課す第4弾制裁に関し、スマートフォンなど一部品目への発動を9月1日から12月15日に延期すると発表した。《共同通信》

【安倍晋三首相】帰京

夏休みで山口県に帰省中の安倍晋三首相は14日、地元の支援者らへのあいさつ回りを続けた。昼食ではとれたてのアスパラガスなど地域の食材を使った料理に舌鼓を打ち、「歯応えもよく、新鮮で言うことなしだ」と笑顔で語った。

首相は同日午後に帰京し、15日に都内で開かれる全国戦没者追悼式に出席。その後、山梨県鳴沢村の別荘に向かい、静養に入る。

首相は13日夜には山口県下関市の焼き鳥店で、今井尚哉首相秘書官の誕生日を祝った。後援会関係者が今井氏にケーキを振る舞い、「チーム安倍」の結束を深めたようだ。《産経新聞》

【パ・リーグ】

日4―9ロ(14日) 小島がプロ初勝利

ロッテが4位タイに浮上した。一回に荻野のソロと鈴木の2ランで3点を先制。二回に荻野の2打席連発となる2ランでリードを広げた。新人の小島が6回1失点でプロ初勝利を挙げた。日本ハムは8連敗で勝率が5割を切った。

楽3―12ソ(14日) ソフトバンク6連勝

ソフトバンクが今季2度目の6連勝。3―3の三回にグラシアルのソロで勝ち越し、四回に福田、内川が適時打した。六回にも4点を加え、今季最多の19安打で12点を奪い圧倒した。武田は8回3失点で4勝目。楽天は則本昂が崩れた。

西8―7オ(14日) 西武が逆転で5連勝

西武が逆転で連勝を5に伸ばした。6―7の八回に山川が左越えに34号2ランを放った。増田が九回を締めて19セーブ目を挙げた。オリックスは一回に5点を先制したが、山岡が5回6失点と先発の役割を果たせなかった。

【セ・リーグ】

広1―7巨(14日) 菅野が9勝目

巨人は菅野が7月2日以来の9勝目。切れ、制球ともに上々で8回を5安打、1点に抑えた。打線は1―1の七回に坂本勇の左中間二塁打と岡本の左前打で2点を勝ち越し、八、九回にも加点。広島は自力優勝の可能性が消滅した。

中3―6神(14日) 阪神が逆転勝ち

阪神が0―3の五回2死から6連打し、一挙5点を奪って逆転した。マルテが同点の適時二塁打を放ち、大山の2点打で勝ち越した。六回も木浪の3号ソロで加点した。救援の能見が1回無失点で今季初勝利。中日は山井がつかまった。

ヤ15―2D(14日) 石川が6勝目

ヤクルトが今季最多タイの15得点で圧倒して3連勝を飾った。一回に山田哲と大引の3ランなどで7点を先制して主導権を握った。石川が八回1死でソロを浴びるまで無安打に抑える快投で4連勝で6勝目を挙げた。DeNAは4連敗。

【全国高校野球選手権大会第9日】鶴岡東、仙台育英、関東第一が3回戦へ

全国高校野球選手権大会第9日は14日、甲子園球場で2回戦が行われ、鶴岡東(山形)仙台育英(宮城)関東第一(東東京)が3回戦に進んだ。台風10号の接近で悪天候が予想されるため、15日の3回戦4試合は16日に順延される。

日程は1日ずつずれ込み、16日以降の試合が順調に消化されれば、決勝は22日に行われる。

鶴岡東は今春の選抜大会準優勝の習志野(千葉)を9―5で下した。鶴岡東は二回に5点を先制。丸山が2打席連続の本塁打を放った。

仙台育英は一回に4点を先制し、その後も着実に加点。鳴門(徳島)を8―5で下した。

関東第一は熊本工に6―5で競り勝った。《共同通信》

【東浩紀さん】「芸術祭相談役」辞意表明

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、芸術祭の企画アドバイザーを務める思想家東浩紀さんは14日、ツイッターで辞意を表明した。企画展については「外交問題に巻き込まれたこと」と「市民への説明不足」が問題の本質だと指摘した。

ツイートによると、東さんは元従軍慰安婦を象徴する少女像について「政治家やメディアに政治的に利用されてしまった」と分析。津田大介芸術監督に対し「外交問題に安易に巻き込まれる展示を行ったこと」などを謝罪し、市民や作家を巻き込んだ議論を行うべきだと提案したと明かした。《共同通信》



8月14日のできごと

シェアする

フォローする