2019 令和元年5月29日(水)

令和29日目

令和元年5月29日(水)

2019/05/29

【NHK】「利用客」実は会社スタッフ

NHKは29日、客の依頼に応じて家族や恋人を演じる代行サービス業の会社を紹介したドキュメンタリー番組で、「利用客」として出演した男女3人が、実際には会社が用意したスタッフだったことが分かったと発表した。

問題となったのは、国際放送「NHKワールド JAPAN」が昨年11月に放送した番組。家族や友人をレンタルする代行ビジネスが日本で支持されていることを紹介した。男女3人の利用客が代行を依頼する理由やサービスを受ける様子を取材していたが、実際には客ではなく、レンタルサービス会社が用意したスタッフだったという。160の国や地域に向けた約30分間の番組で、再放送を含め今年1月までに計8回放送された。

NHKによると、同局の職員ではなく、国内外で活動するフリーのディレクターが企画を提案し、NHKエンタープライズが制作した。24日に週刊誌の指摘を受けたNHKは、レンタルサービス会社の社長や番組出演者、制作した外部のフリーのディレクターなどに聞き取り調査を実施。レンタルサービス会社の社長は「顔を出して取材に応じてくれる利用客がみつからなかったので、スタッフに頼んで利用客を演じてもらった。会社の独断で行った」と説明したという。

NHKは「視聴者の皆さまにおわびし、早急に再発防止を徹底する」としている。《産経新聞》



【日経平均終値】2万1003円37銭(前日比256円77銭安)

29日の東京株式市場は、米中貿易摩擦の長期化への不安感から売りが強まり、日経平均株価(225種)は3営業日ぶりに大幅反落した。終値は前日比256円77銭安の2万1003円37銭で、3月25日以来、約2カ月ぶりの安値を付けた。下げ幅は一時370円を超えた。

東証株価指数(TOPIX)は14.58ポイント安の1536.41。出来高は約13億2200万株。

トランプ米大統領が中国との協議について、早期合意に慎重な考えを示したため、市場で先行き懸念が増大。世界経済の減速への警戒感から幅広い銘柄が売られた。

【パ・リーグ】

楽1―4西(29日) 西武の十亀が3勝目

西武は三回に秋山の適時打と外崎の犠飛で2点を先行し、2―1の六回に山川の22号ソロ、八回に中村の適時打で加点した。十亀は6回1失点で3勝目。救援陣が無失点でつなぎ九回は増田が締めた。楽天は好機を生かせず2位に転落。

日6―4ロ(29日) 田中賢が逆転2ラン

日本ハムが3連勝とした。3―4の八回に代打田中賢の2年ぶりとなる本塁打で2点を奪って逆転し、中田の押し出し四球で加点した。石川直が今季初勝利を挙げ、秋吉が10セーブ目。ロッテは3度リードを奪いながら守れなかった。

オ2―5ソ(29日) ソフトB、3連敗でストップ

ソフトバンクが連敗を3で止めた。2―2の四回に釜元の2点適時打で勝ち越し、九回はグラシアルの9号ソロで加点。6回2失点と粘った大竹が2勝目を挙げ、森は12セーブ目。オリックスは拙守が絡んだ失点が響いた。

【セ・リーグ】

神8―4巨(29日) 高山が代打サヨナラ満塁弾

阪神は4―4の延長十二回、代打高山がサヨナラ満塁本塁打を放った。今季5度目のサヨナラ勝ちで2位浮上。2―4の八回にマルテの2ランで追い付いた。巨人は八回に丸が再びソロ本塁打を放ったが、その裏に沢村が痛打された。

ヤ3―5広(29日) 広島が30勝一番乗り

広島が両リーグ一番乗りで30勝に到達した。2―3の五回に鈴木の適時二塁打と西川の2点適時内野安打でひっくり返した。大瀬良は7回3失点でリーグトップタイの5勝目。ヤクルトは一回の村上の3ランのみで打線が沈黙し13連敗。

中1―2D(29日) DeNA延長戦を制す

DeNAは1―1の延長十一回2死三塁から筒香の適時打で勝ち越した。終盤は小刻みな継投でしのぎ、救援の三嶋が今季初勝利。中日は大野雄が8回1失点と好投したが、打線が不発。最後は鈴木博が打たれ、連勝が3で止まった。

【大阪府警】「不適切動画で少年ら書類送検

回転ずしチェーン「くら寿司」の店舗で撮影された不適切な動画がインターネット上に投稿された問題で、大阪府警少年課が偽計業務妨害容疑で、動画を撮影するなどしたアルバイト従業員の少年らを書類送検したことが29日、捜査関係者への取材で分かった。

飲食店やコンビニエンスストアのアルバイト従業員が不適切な動画をネット上に投稿する行為は、「バイトテロ」などと呼ばれて問題化しているが、投稿に関与した従業員が立件されるのは異例。府警はネットへの投稿で店の営業を妨害したと判断したとみられる。

動画は大阪府守口市の店舗で撮影され、アルバイト店員が食材の魚をごみ箱に捨てた後、ふざけてまな板に載せようとする姿が写っていた。店側は、問題の魚はその場で廃棄処分されており、客には提供されていないとしている。《産経新聞》

【美空ひばりさん】レコードなど累計出荷枚数1億枚を突破

昭和を代表する歌手で、平成元年に亡くなった美空ひばりさんのレコードなど音楽商品の累計出荷枚数が1億枚を超えたことが分かった。美空さんの長男、加藤和也さんが29日、東京都内で開かれたイベントで発表した。

加藤さんとレコード会社の日本コロムビアによると「川の流れのように」「柔」「悲しい酒」など、美空さんのレコード、CD、カセットテープなどの累計出荷枚数は5月1日時点で1億1700万枚に達した。平成元年の時点では9690万枚だった。令和に改元されたことをきっかけに集計し直したという。日本コロムビアは「(国内では)前人未到の大記録と言っても過言ではない」としている。《産経新聞》

【王丹氏】天安門事件30年で会見

1989年の天安門事件で弾圧された中国民主化運動の学生リーダーだった王丹氏(50)が29日、東京都内で記者会見し「中国共産党に希望を持っていたが、甘い考えだった」と当時を振り返り、事件から30年たっても政治改革が進まない現状に失望感を示した。

王氏は「天安門事件は(政権による市民の)大虐殺であり、共産党にとって民主主義は敵だということが分かった」と強調。各国は民主化を期待して中国との協力を進めてきたが期待外れに終わったとして「国際社会は中国共産党の本当の顔を認識すべきだ」と指摘した。

王氏は98年に出国。台湾の大学で客員教授を務めた後、米国に移住した。《共同通信》

【桜田義孝前五輪相】「子供を最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」

自民党の桜田義孝前五輪相は29日、千葉市で開かれた同党議員の政治資金パーティーで、「結婚しなくていいという女の人が増えている。お子さん、お孫さんには子供を最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」と述べた。

桜田氏は産経新聞の取材に「少子化対策の一環として発言した。子供を持つ幸せを享受してもらいたいと心から思った。子育てしやすい環境をつくることが大事だと言いたかった」と強調。同時に「それを押し付けるつもりも、だれかを傷付けるつもりもなかった」と語った。《産経新聞》

【自民党・二階俊博幹事長】衆参同日選は「マスコミがつくっているだけ」

自民党の二階俊博幹事長は29日、東京都内で開かれた石原派(近未来政治研究会、12人)の政治資金パーティーであいさつし、安倍晋三首相が夏の参院選の前に衆院を解散して衆参同日選を断行するとの臆測が広がっていることについて「そんなことはだれもいっていない。マスコミがつくっているだけだ」と述べた。

二階氏は「注目する紙面を書かないと、新聞だって売れない。だから、はっとするようなことを書いている」と指摘。参院選については「勝ち抜かなければ政権が認められたことにはならない。大変な試練で、これを乗り越えなければ政治は進まない」と強調した。《産経新聞》

【安倍晋三首相】バングラデシュ・ハシナ首相と会談

安倍晋三首相は29日、バングラデシュのハシナ首相と官邸で会談した。同国がベンガル湾周辺で進める商業港の建設などインフラ整備への支援として計約1326億5900万円の円借款供与を表明した。2016年に首都ダッカで日本人7人を含む22人が死亡した飲食店襲撃事件を踏まえ、テロ対策に関する協力でも合意した。

会談後の共同記者発表で安倍首相は「バングラデシュと地域の繁栄のため、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて協力していく」と強調。ハシナ氏は日本の支援に謝意を伝えた。

会談では、経済成長が続くバングラデシュへの日本企業の進出を促進する方針で一致した。《共同通信》



5月29日のできごと