2019 令和元年5月17日(金)のできごと(何の日)

令和17日目

令和元年5月17日(金)

2019/05/17

【台湾】「同性婚」を合法化

Embed from Getty Images

台湾の立法院(国会)は17日、同性婚を合法化する特別法案を可決した。同性カップルの「結婚登記」を法律条文に明記した。今月24日に施行される。同性婚の合法化は、アジアで初めて。

新法は、「同性の2人は、共に生活を営むために、親密、排他的で、永久に結ばれた関係を作ることができる」とした上で、戸籍を扱う行政機関で「結婚登記を行う」と規定した。

財産や相互扶養などに関しては、民法規定を準用するとし、カップルのいずれかの子女を養育する場合も、民法に準じた扱いとする。不倫行為も、民法の離婚同様、関係解消請求の要因になるとされた。

同性婚合法化は、憲法裁判所にあたる司法院大法官会議が2017年、同性婚を認めていない現行民法について、婚姻の自由、人民の平等の権利を認めた憲法に反するとの判断を示したことを受けたものだ。

17日午前、強い雨の中、立法院前には賛成派、反対派双方が詰めかけた。自らも同性愛者であるという男子学生(27)は「歴史的な意義がある。より平等な台湾にしていかなくてはならない」と語った。《読売新聞》




【皇嗣ご夫妻】鳥取県入り

秋篠宮ご夫妻は17日午前、全国「みどりの愛護」のつどいに出席するため、鳥取県に入られた。代替わり後の初めての地方公式訪問で、皇太子待遇の皇嗣(こうし)として多忙な公務が本格スタートした。

午前11時頃、鳥取空港に到着したご夫妻は、歓迎する市民らに笑顔で手を振り、車に乗り込まれた。訪問は2日間の日程で、午後には鳥取市の県立鳥取盲学校を訪問し、18日は「みどりの愛護」の式典に出席して緑化運動の功労者をねぎらわれる。

「みどりの愛護」は、自然を愛した昭和天皇の崩御に伴って制定された「みどりの日」にちなんだ行事で、1990年の第1回式典には上皇ご夫妻が出席された。第2回以降は都道府県の持ち回りで、皇太子時代の天皇陛下が出席されてきた。

代替わりに伴い、秋篠宮さまは「みどりの愛護」など陛下が皇太子として担ってきた5行事を受け継がれた。さらに筆頭宮家として引き続き皇室とのゆかりの深い公務を担い、日本動物園水族館協会の総裁など生物学者としての知見を生かした公務にも取り組まれる。

宮内庁は、代替わり後の秋篠宮さまの負担が過大になることに配慮し、一部の公務を長女眞子さまらに引き継ぐことを決めた。それでも秋篠宮さまの毎年恒例行事は25件に上り、皇太子時代の陛下の10件を大きく上回っている。《読売新聞》

【韓国】対北人道支援を決定

韓国統一省は17日、世界食糧計画(WFP)や国連児童基金(ユニセフ)が進める北朝鮮の児童・妊産婦への栄養支援や母子保健事業に800万ドル(約8億7680万円)を拠出することを決めたと発表した。「住民への人道的支援は政治的状況と関係なく進める」とし、食糧支援も「国民の意見を収斂(しゅうれん)して具体的計画を検討していく」という。

大統領府の鄭義溶国家安保室長も17日、食糧支援について「原則を既に確定している」と説明した。統一省は、南北経済協力事業の開城工業団地の企業関係者に対して資産点検のための訪朝も2016年2月の事業中断後初めて承認した。

文在寅政権は対話再開の呼び水にしたい考えだが、北朝鮮は、メディアで「『人道主義』などと空虚な方便や恩着せを弄するな」と批判。開城工団など経済事業再開を要求している。《産経新聞》

【川栄李奈さん】年内出産へ

AKB48の元メンバーで女優の川栄李奈さん(24)が、俳優の広瀬智紀さん(32)と結婚すると、17日、川栄さんの所属事務所が発表した。

2人は、昨年10~11月の舞台での共演をきっかけに交際していた。川栄さんは妊娠中で、年内に出産予定だという。《読売新聞》

【福島県】中学教諭が「いじめよう」

福島県教育委員会は17日、県内の公立中で昨年10月、整髪料の付けすぎを理由に男性教諭(48)が黒板に当時3年の男子生徒の実名を示して「みんなでいじめよう」と書き、生徒がその後不登校に陥っていたと発表した。県教委は教諭を減給6カ月の懲戒処分にした。

県教委によると、教諭は授業中、頭髪に整髪料を付けすぎていると生徒を注意。黒板の「1日の行動目標」欄に生徒の名前と共に「調子に乗っているからみんなでいじめよう」と書いた。校内を巡回した校長が発見し、その日に消させた。

教諭は県教委の調査に「生徒とは信頼関係があって、冗談で書いたつもりだった」と釈明した。《共同通信》

【パ・リーグ】

オ5―7西(17日) 西武が競り勝つ

西武が競り勝った。5―5の延長十回に森の右犠飛と中村の8号ソロで2点を勝ち越した。3番手の増田が3勝目を挙げ、ヒースが2セーブ目。オリックスは2度リードされながらも追い付く粘りを見せたが、最後は力尽きた。

ロ6―1楽(17日) ロッテが快勝

ロッテが快勝して2位タイに浮上した。一回に清田の二ゴロで1点を先制。二回にレアードのソロ、七回には鈴木の満塁本塁打で突き放した。二木が7回4安打無失点で4勝目。楽天は打線が振るわず、勝率が5割を切った。

【セ・リーグ】

神2―10広(17日) 八回逆転で広島5連勝

広島が5連勝。1―2の八回に菊池涼とバティスタの連続適時打で逆転し、九回は菊池涼の2点打など7安打で7得点と突き放した。レグナルトが六回に好救援を見せ、3番手の九里が今季初白星。阪神は西が八回につかまった。

ヤ3―4D(17日) 今永が5勝目

DeNAは三回に神里、宮崎、ソトの3者連続の適時二塁打で3点を先制し、四回にロペスのソロで加点した。今永は七回途中3失点でリーグトップに並ぶ5勝目。救援陣が踏ん張り逃げ切った。ヤクルトは3連敗で3位に転落した。

中1―4巨(17日) 巨人、連敗4で止める

巨人が連敗を4で止めた。六回に岡本の2点二塁打と亀井の一ゴロで3点。九回は炭谷の二塁打で加点した。ヤングマンは六回途中まで1失点で3勝目。沢村は今季初セーブ。新人勝野が好投した中日は拙攻が響き、1点止まりだった。

【大相撲夏場所6日目】鶴竜と栃ノ心が6戦全勝

大相撲夏場所6日目(17日・両国国技館)一人横綱の鶴竜は大栄翔をはたき込みで辛くも退け、6戦全勝とした。1場所での大関復帰を目指す栃ノ心は逸ノ城との関脇同士の熱戦を寄り切りで制し、同じく全勝キープ。

2大関はそろって黒星。豪栄道は千代大龍に引き落とされ、高安は玉鷲に送り出されてともに3敗目を喫した。

勝ちっ放しは鶴竜、栃ノ心の2人となり、1敗は平幕の朝乃山と新入幕の炎鵬。十両は貴源治が6戦全勝で単独トップに立っている。

【野党6党派】丸山穂高氏の辞職勧告案を提出

立憲民主党や日本維新の会など野党6党派は17日、北方領土を戦争で取り返す是非に言及し、維新を除名された丸山穂高衆院議員(大阪19区)に対する議員辞職勧告決議案を衆院に共同提出した。自民、公明両党にも決議案への賛成を求める方針だ。与党は「国会議員の身分は非常に重い」(森山裕自民党国対委員長)として、現段階では採決に慎重姿勢だ。決議案は会期末に廃案となる可能性がある。

決議案は丸山氏の言動について「国会全体の権威と品位を著しく汚したという事実はぬぐいがたい」と指摘。「わが国の国是である平和主義に反し、国際問題にも発展しかねない可能性もある」とした。《共同通信》

【日本維新の会】駐日ロシア大使に謝罪

日本維新の会の片山虎之助共同代表と馬場伸幸幹事長は17日午後、東京都内のロシア大使館を訪問した。ガルージン駐日ロシア大使と面会し、同党を除名処分となった丸山穂高衆院議員の戦争で北方領土を取り返すことの是非に触れた発言を謝罪した。

出席者によると、片山氏は「わが党にいた議員の発言で不快な思いをさせた。維新の考えでは全くない」と釈明した。

タス通信によると、ガルージン氏は丸山氏の発言について「受け入れがたい」としつつも、この発言によってロシアと日本の関係発展が逆行することはないと表明。謝罪は「本国に伝える」と応じた。《共同通信》

【菅義偉官房長官】衆参同日選「内閣不信任案で解散の大義に」

菅官房長官は17日の記者会見で、野党が今国会に内閣不信任決議案を提出した場合、安倍首相が衆院を解散する可能性があるとの認識を示した。菅氏は内閣不信任案の提出が衆院解散の大義になるかどうかを問われ、「当然なるんじゃないでしょうか」と語った。

国会では、夏の参院選に合わせて衆院選を行う「衆参同日選」の観測が浮上しており、衆院を解散する大義が論点の一つになっている。菅氏の発言は「内閣不信任案の提出が衆院解散の引き金になる」という見方を強めることになりそうだ。《読売新聞》



5月17日のできごと

シェアする

フォローする