2019 平成31年3月13日(水)のできごと

平成11022日目

平成31年3月13日(水)

2019/03/13

【谷垣禎一氏】参院選出馬要請を固辞

平成28年に自転車事故で頸髄を損傷して衆院議員を引退した自民党の谷垣禎一前幹事長が13日、東京都内のホテルで二階俊博幹事長と会談した。二階氏が夏の参院選への出馬を要請したが、谷垣氏は「リハビリを中心に生活していく」と述べ、辞退した。

谷垣氏は面会後、記者団に「退院して1年数カ月たち、自分ができることがわかってきた。(二階氏には)リハビリを中心に人に迷惑をかけないよう生きていくという話をした」と述べた。

関係者によると、二階氏は会談で「セールスと交渉は断られた時から始まる」と語るなど、谷垣氏の参院選出馬に強い意欲を見せたという。

会談は、谷垣氏が2月の党大会でスピーチを行ったことから、二階氏がお礼を伝えるため呼びかけた。《産経新聞》




【和歌山県、徳島県】震度4

13日午後1時48分ごろ、和歌山、徳島両県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は紀伊水道で、震源の深さは約50キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.2と推定される。津波の心配はない。《共同通信》

【中日・根尾昂内野手】初オープン戦

プロ野球中日の注目新人、根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が13日、名古屋市のナゴヤドームで行われた阪神戦でオープン戦に初出場した。遊撃手として七回から守備につき、八回の打席では空振り三振に倒れた。九回の守りではゴロを2度、無難にさばいた。打席に立った際は2万3469人が詰め掛けた本拠地のファンから大きな歓声や、拍手が起きた。

ドラフト1位で入団した根尾内野手は1月の合同自主トレーニングで右ふくらはぎに肉離れを起こし、出遅れた。沖縄県での2軍キャンプは終盤まで別メニューで調整。その後はナゴヤ球場でシート打撃を行うなど徐々に練習の強度を上げた。《共同通信》

【大阪メトロ】ホームドア開かず

大阪メトロは13日、大阪メトロ南港ポートタウン線(ニュートラム)のポートタウン西駅(大阪市住之江区)で、転落防止用のホームドアが開かず、ニュートラムの乗客21人が乗り降りできなかったと発表した。

同社によると、13日午後5時45分ごろ、同駅に住之江公園発コスモスクエア行きのニュートラム(4両編成)が停車した際、ドアは開いたが、ホームドアが全て開かず、その後発車したという。同社が原因を調べている。《産経新聞》

【大阪市議会】吉村洋文市長の辞職届、反対多数で不同意

大阪府知事・市長の入れ替えダブル選(4月7日投開票)に臨むため、大阪市の吉村洋文市長が提出した20日付の辞職届について、市議会は13日の本会議で、自民、公明、共産各会派などの反対多数で不同意とした。吉村氏は21日告示の知事選への立候補で自動失職となる見通し。

議場では、各会派がダブル選を見据えて主張を展開。登壇した公明の土岐恭生幹事長は「議会での合意形成の努力をないがしろにした職責の放棄。断じて認めるわけにはいかない」と強調し、共産議員も「身勝手すぎる」と指摘。自民の黒田當士幹事長は取材に「選挙の私物化で特に入れ替え選は延命措置以外の何ものでもない」と断じた。《産経新聞》

【大阪地裁】無罪確定男性の国賠請求棄却

大阪府岸和田市で平成24年、知人の男性を殴ったとして暴行罪に問われ、目撃情報が嘘だったと判明して無罪が確定した大阪市の男性(68)が、捜査機関による不当な拘束で心身の苦痛を受けたとして、国と大阪府に慰謝料計約1580万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、大阪地裁であり、山地修裁判長は「有罪とする嫌疑が原告に認められるとした判断は合理性を欠くとまではいえない」として請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

男性の刑事裁判では、捜査段階で犯行を目撃したとした別の男性が「実際は(被害者とされた)知人が男性を暴行した。知人らと賠償金を取ろうと口裏を合わせ、嘘をついた」と目撃情報を撤回。大阪地裁岸和田支部は26年1月、男性に無罪を言い渡していた。

判決理由で山地裁判長は、口裏合わせをしていた知人らの供述内容は当初から一貫しており、信用性が認められる状況だったと指摘。当時の証拠などに照らして身体拘束が必要とした検察官の判断についても「合理性を欠くということは困難」とした。《産経新聞》

【英下院】「合意なき離脱」不支持

英国の欧州連合(EU)からの離脱期日が29日に迫る中、英下院は13日、EUと条件の合意のないまま離脱する方針の是非を問う採決で、不支持を議決した。「合意なき離脱」に伴う経済や社会の混乱に懸念を示した形だ。

採決は、メイ首相が示したEUとの離脱合意案が下院で12日に否決されたのを受けて実施された。離脱を巡る先行きは依然見通せないが、離脱が延期される可能性が高まった。

英国では離脱を巡る不透明感から、日産自動車が主力車種の製造計画を撤回するなど、経済への影響がすでに現れ始めている。《共同通信》

【ブラジル・サンパウロ】小学校で乱射、8人死亡

ブラジルの最大都市サンパウロ郊外の小学校で13日朝、2人の男が銃を乱射、6人の児童を含む、少なくとも8人が死亡した。ほかに十数人の児童らが撃たれるなどして負傷した。警察が捜査している。地元メディアが報じた。

報道によると、男2人が学校内に侵入して乱射後、2人とも自殺した。2人は20代とみられている。

ブラジルで銃入手は法律で厳しく制限されているが、違法に購入するのは容易だという。《共同通信》




3月13日のできごと

シェアする

フォローする