平成10126日目

2016/09/28

【パ・リーグ】日本ハム、4年ぶりのリーグ優勝

日本ハム1―0西武◇28日◇西武プリンスD

日本ハムが大谷の1安打15奪三振の快投で2012年以来4年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた。

優勝へのマジックナンバーを1としていた日本ハムは敵地で西武と対戦し、先発マウンドに上がった大谷は5回1死まで1人の走者も出さないパーフェクト投球。打線は大谷の花巻東(岩手)の3年先輩でもある西武先発・菊池の荒れ球に手こずり、なかなか援護点を奪えなかったが、4回にレアードの39号ソロで先制すると、このわずか1点のリードを大谷が9回1安打完封で守り切った。

打たれた安打は5回1死から5番・森に打たれた右前打のみ。今月13日のオリックス戦(札幌D)で164キロをマークして自身が持つプロ野球最速を更新した大谷だが、この日はMAX159キロとスピードは“抑え気味”ながら5連続を含む15奪三振の完封ショーだった。

大谷は自身9連勝で今季10勝目(4敗)をマーク。打者としてここまで104安打、22本塁打を放っており、投手としての10勝を加えた「2桁勝利、2桁本塁打、100安打」は米大リーグでも過去にないプロ野球初の快挙となった。《スポニチ》




【東京都・小池百合子知事】豊洲問題「責任の所在を明らかにする」

東京都の小池百合子知事が就任してから初めてとなる都議会定例会が28日、開会した。小池氏は所信表明の冒頭、豊洲市場(江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土をせず、地下空間が設けられていた問題について「都民の信頼を失ったと言わざるを得ない」と述べた上で、「責任の所在を明らかにする。原因を探求する義務が私たちにはある」と語った。会期は10月13日まで。

【民進党・蓮舫代表】安倍首相と初対決

安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が28日、参院本会議でも始まり、民進党の蓮舫代表が就任後初めて国会論戦に立った。蓮舫氏は「提案」の言葉を多用し、「批判」が目立った党のイメージ刷新を試みた。10月の衆院東京10区、福岡6区両補選や、年明けとの観測も流れる衆院解散・総選挙に向け、党勢回復への足がかりを得たいためだ。しかし、雇用回復や賃金上昇の数字を列挙する首相の恒例の答弁との論戦はかみ合わなかった。

「今の時代に合った経済政策が必要だと強く提案する」。蓮舫氏はアベノミクスの転換を求めた。8月閣議決定の事業規模28.1兆円の経済対策などの財政出動を「旧来型」とし、その繰り返しでは人口減少社会の経済成長は見込めないとの主張だ。「教育、雇用、老後の不安を取り除いて初めて個人消費が動き出す」とし、再分配強化が経済成長につながるとした。

「人への投資」は民進党が参院選で掲げた政策。しかし、共産党などと足並みをそろえて「安倍政権での憲法改正反対」などを前面にした結果、十分浸透しなかった。蓮舫氏はこの反省に立ち、党の独自政策提案を重視。代表質問では憲法改正に一切触れなかった。

首相は経済対策について「民需主導の持続的な経済成長につながる政策が中心で、指摘は当たらない」と反論。参院選の勝利は「アベノミクスを一層加速せよと国民から力強い信任をいただくことができた」と蓮舫氏の追及を一蹴した。《毎日新聞》

9月28日/のできごと