平成10071日目

2016/08/04

【自民党】都連執行部が辞意表明

自民党都連会長の石原伸晃経済財政・再生相は4日午前、党本部で開いた都連幹部会合で辞意を表明した。都知事選で推薦した元総務相の増田寛也氏が大差で敗れたため。都連幹事長の内田茂都議、会長代行の下村博文・党幹事長代行、総務会長の平沢勝栄・党広報本部長ら他の執行部も辞意をあきらかにした。《日経新聞》




【安倍晋三首相】東京都・小池百合子知事と会談

安倍晋三首相は4日午前、東京都の小池百合子新知事と官邸で約10分間会談し、約4年後に迫った2020年東京五輪・パラリンピックの成功に向け、政府と都が緊密に協力する方針で一致した。小池氏が7月末の都知事選で自民党都連と対立した経緯を踏まえ、党総裁として関係修復を図った格好だ。

首相が知事就任後の小池氏と会談するのは初めて。自民党の二階俊博幹事長は、都知事選を巡る小池氏らの処分に慎重な考えを示した。《共同通信》

【ヤクルト・由規投手】5年ぶり神宮お立ち台

ヤクルト5―2広島◇4日◇神宮

涙はなかった。1786日ぶりに涙の復活勝利を挙げた7月24日の中日戦(ナゴヤドーム)から11日。ヤクルトの由規(本名:佐藤由規)投手(26)が4日、広島戦に先発し、7与四球も6回無失点で本拠地・神宮球場では2011年9月3日の巨人戦以来1797日ぶりの白星となる、今季2勝目(1敗)を挙げた。

5年ぶりの神宮でのお立ち台。「神宮のマウンドで投げて、勝って、お立ち台に上がることだけを考えてずっとリハビリをしてきた。皆さん、5年間待っててくれて本当にありがとう」。前回の涙を流し復活勝利をかみしめた右腕は、笑顔で声をはずませた。《スポニチ》

8月4日/のできごと