平成10035日目

2016/06/29

【小池百合子氏】都知事選出馬を表明

自民党の小池百合子元防衛相(63、衆院東京10区)は29日午前、国会内で記者会見し、東京都知事選(7月14日告示―31日投開票)に出馬する意向を表明した。「都政の信頼回復、停滞の解消、山積する課題解決のため崖から飛び降りる覚悟で挑戦したい」と述べた。

自民党は政治とカネの問題が少ない「非国会議員」を軸に調整しており、自民党幹部は29日「国会議員は候補から外すのが党の方針だ」として小池氏の推薦は難しいとの認識を示した。小池氏は記者会見で「自民党議員として出馬の決意を固めた。熟考した結論だ」としつつ「自民党都連の了解は得ていない」と説明。自民党の支援が得られない場合は「流れを見極めたい」と語った。

自民党は25~26日、都知事選候補を選ぶため、桜井俊前総務次官、増田寛也元総務相、片山善博元総務相ら非議員を対象に世論調査を実施。桜井氏の支持が最も多かったとして党都連内では桜井氏を推す声が高まっているが、桜井氏は出馬を固辞している。

民進党は独自候補を立てる方向で調整しており、片山氏や長島昭久衆院議員らの名前が浮上している。党幹部は「自民票が割れて三つどもえになるなら、優勢になる」と語った。




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【自民党都連】緊急会合

7月14日告示の東京都知事選に自民党衆院議員の小池百合子元防衛相が出馬の意思を表明したことを受け、自民党都連は29日夕に緊急の会議を開いた。終了後に都連会長の石原伸晃経済再生担当相が記者会見し「残念ながら本人から相談がなく、都連としては承知していない」と述べた。

一方で都連は同日、人気アイドルグループ「嵐」の桜井翔さんの父親で前総務事務次官の桜井俊氏に出馬を要請した。関係者によると、桜井氏は固辞したもようだ。桜井氏は同日午後、共同通信の取材に「そのつもりはない」と断言。自民党からの要請については「ノーコメント」とした《共同通信》

【民進党・岡田克也代表】首相に質問状

民進党の岡田克也代表は29日、参院選の争点に関する公開質問状を安倍晋三首相(自民党総裁)に送った。30日までの書面での回答を求めている。

質問状には、憲法9条改正に対する首相の認識や消費税率引き上げ再延期に伴う社会保障の財源確保策など、8つの質問が挙げられている。《産経新聞》

【参院選】与野党、舌戦を続く

安倍晋三首相(自民党総裁)は29日、激戦区の新潟で野党統一候補への批判を展開し、経済政策「アベノミクス」の継続による成長路線に理解を求めた。民進党の岡田克也代表は松山市で共産、社民、生活各党との合同演説会に臨み、格差拡大阻止に向け政策転換を唱えた。参院選は7月10日の投開票まで30日であと10日。与野党は支持拡大を目指し舌戦を続けた。

首相は新潟県村上市で街頭演説し、野党統一候補に関し「理念も政策も全く違うのに同じ候補を推していることを普通は野合と言う。安倍政権を倒した後、何をするかが全くない」と強調。「やるべきことはアベノミクスの道をしっかり前に力強く進んでいくことだ」と呼び掛けた。

続いて訪れた新潟市では商店街を練り歩き、握手やハイタッチを繰り返したほか、ビールケースの上に乗り「日本が世界から求められていることは政治の安定だ」と訴えた。

一方、岡田氏は高知県土佐市で遊説した後、松山市の合同演説会に参加した。岡田氏は、安倍政権は企業に有利な改正労働者派遣法を成立させ「生涯派遣」の道を開くなど、格差拡大を後押ししてきたと批判。「自民党政治は間違っている。私たちの生活が壊れてしまう。安倍暴走政治を止めよう」と力を込めた。

共産党の志位和夫委員長は、野党統一候補に触れ「首相は野党共闘が怖くて仕方ない。32の改選1人区全部で勝利しよう」と述べた。社民党の又市征治幹事長は「立憲主義、平和主義を踏みにじるなんて許せない。首相を退陣に追い込む」と意気込んだ。生活の玉城デニー幹事長は改憲阻止に力を注ぐと力説した。《共同通信》

【欧州連合】英離脱に向け結束確認

欧州連合(EU)は29日、英国のEU離脱問題を主要議題とする2日目の首脳会議を英国抜きで開催した。ブリュッセルのEU本部で行われた閉幕後の記者会見でトゥスクEU大統領は、英国を除く加盟27カ国は結束を保ち、緊密に協力する決意だと表明した。《共同通信》

【岸田文雄外相】英・ハモンド外相と電話会談

岸田文雄外相は29日、英国のハモンド外相と電話会談し、英国が欧州連合(EU)からの離脱を決めたことについて、英国に進出している日系企業がこれまで通り活動できるよう要請し、英国が引き続き世界的な自由貿易の推進役を担うよう求めた。ハモンド氏は「日系企業を含む外国企業の意見をよく聞いた上で、EUとの離脱交渉に臨みたい」と応じた。

また、ハモンド氏は日・EU間で交渉中の経済連携協定(EPA)について「少なくとも2年はEU加盟国であり続けるので、引き続きEPAの推進に貢献する国でありたい」と述べた。《産経新聞》

【プロ野球・広島】32年ぶり11連勝、黒田投手が日米通算199勝

広島8−1ヤクルト

球団史上22年ぶりの10連勝中と絶好調の広島が、ヤクルトに8―1で逆転勝ち。1984年以来32年ぶりの11連勝となり、貯金を今季最多の16とした。先発の黒田は7回1失点で今季6勝目。打撃でも走者一掃の二塁打を放つ活躍で日米通算199勝とし、200勝に王手をかけた。

2回に山田に先制ソロを許したが、3回1死満塁から菊池が右中間を破る2点適時二塁打を放ち逆転。さらに2死二、三塁でルナが中前へ2点適時打を放ちリードを広げた。6回には2死満塁から黒田が左越えの走者一掃二塁打。自身のバットで貴重な援護点を挙げた。

黒田は山田に浴びた一発以外はほぼ完璧。打たせて取る投球で3回から7回まで1安打に抑え、反撃の糸口を与えなかった。8回はヘーゲンズ、9回は今村が無失点で締めた。《スポニチ》

【ロシア、トルコ】関係修復へ

ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領は29日、電話会談した。トルコ大統領府によると、両首脳は昨年11月のトルコ軍によるロシア爆撃機撃墜で冷え込んだ関係の修復に向けた決意を表明、テロとの戦いで協力することで一致した。

プーチン氏は電話会談後に政府会合を開き、貿易や経済、観光面で両国関係を正常化する手続きに入るよう指示した。エルドアン氏が謝罪と受け取れる書簡を送り、プーチン氏はこれが転機になったと指摘した。

事件後、ロシアはトルコに対し、物資の輸入制限やトルコ旅行の募集禁止などの経済制裁を続けてきた。《共同通信》



6月29日 その日のできごと(何の日)