平成10032日目

平成28年6月26日(日)

2016/06/26

【共産党・藤野保史政策委員長】「(防衛費は)人を殺すための予算」

共産党の藤野保史政策委員長は26日出演したNHK番組で、防衛費が初めて5兆円を超えた平成28年度予算を念頭に「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と述べた。

これに対し、自民党の稲田朋美政調会長は「それは言い過ぎだ。(防衛費は)日本を守るためだ」と即座に反論。公明党の石田祝稔、おおさか維新の会の下地幹郎両政調会長は「人を殺すための予算」の取り消しや訂正を勧めた。

日本のこころを大切にする党の和田政宗政調会長も「政治家の発言としてまずい。国民の命を守るために国防がある」とたしなめたが、藤野氏が番組中に応じることはなかった。《産経新聞》



【民進党・岡田克也代表】「地元で公認候補負ければ、代表選出ない」

民進党の岡田克也代表は26日、自らの地元である参院選三重選挙区(改選数1)で党公認候補が当選できなかった場合、「代表を続ける資格はない。全体の結果に関わらず、次の代表選には出ない」と述べた。三重県東員町で記者団の質問に答えた。

岡田氏の任期は今年9月末まで。岡田氏はこの日、同県四日市市内の街頭演説でも党公認候補が敗れた場合の対応を取り上げ、「私は責任をとって次の代表選には出ない。退路を断ってこの選挙を戦い抜く」と明言。地元で負けた場合は今期限りで党代表を辞任する考えを示した。《朝日新聞》

【陸上日本選手権・男子200メートル】飯塚翔太選手が優勝

リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた陸上の第100回日本選手権最終日は26日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで行われ、200メートルの男子は追い風1.8メートルの条件下、飯塚翔太(ミズノ)が日本歴代2位で日本陸連が定めた派遣設定記録を突破する20秒11で優勝し、2大会連続の五輪代表に決まった。

追い風1.8メートルの女子は福島千里(北海道ハイテクAC)が自身の日本記録を6年ぶりに0秒01更新する22秒88で6連覇し、100メートルとの6年連続2冠も達成した。

【競馬・第57回宝塚記念】8番人気のマリアライトがV

「第57回宝塚記念」(G1、芝・2200メートル・晴・やや重)は26日、阪神競馬場11Rで行われ、蛯名騎手騎乗の8番人気、マリアライト(牝5=久保田厩舎、父ディープインパクト、母クリソプレーズ)がゴール前で差し切ってV。勝ち時計は2分12秒8。

そろったスタートからキタサンブラックが先行。マリアライト、ラブリーデイなどは中団に位置を取り、1番人気のドゥラメンテは後方からの競馬となった。

速いペースでレースは進み、キタサンブラックが先頭で4コーナーを通過。ラブリーデイが2番手に付け、マリアライト、ステファノスがその後ろに付けた。ドゥラメンテは中団付近へと位置を上げた。

直線に入り、マリアライトとラブリーデイがキタサンブラックに接近。中団から猛追してきたドゥラメンテも先頭争いに浮上した。ゴール前で4頭による大接戦となり、その中からマリアライトが最後に差し切って1着でゴールした。

首差の2着がドゥラメンテ、そこから鼻差の3着がキタサンブラックだった。ドゥラメンテはゴール後、鞍上のM・デムーロが下馬し、その後馬運車に乗せられた。



6月26日のできごと