平成10031日目

2016/06/25

【J1・鹿島】第一ステージ制覇

Embed from Getty Images

明治安田J1第1ステージ最終節(25日・カシマスタジアムほか=9試合)首位の鹿島が最下位の福岡を2―0で下し、6連勝で勝ち点39としてステージ優勝を決めた。2001年第2ステージ以来6度目のステージ制覇で、最大5チームで年間優勝を争うチャンピオンシップの出場権を最初に獲得した。

初のステージ優勝の可能性があった川崎は大宮を2―0で下したが、勝ち点38で及ばず2位。3位浦和は神戸に3―1で勝ち、同33とした。広島は甲府に快勝し4位。FC東京は横浜M、磐田は仙台、新潟は鳥栖をそれぞれ下し、G大阪―名古屋、柏―湘南は引き分けた。《共同通信》




【阪神・福留孝介外野手】日米通算2000安打

阪神の福留孝介外野手(39)は25日の広島戦(マツダ)で2安打を放ち、日米通算2000安打を達成した。日本球界では1502安打目で、メジャーでの498安打と合わせての大台到達となった。日米通算2000安打を達成した日本人選手はイチロー、松井秀喜、松井稼頭央、中村紀洋、井口資仁に次いで6人目になる。

福留はこの日「4番・右翼手」で先発。2回の第1打席は左邪飛に倒れるも、0-3で迎えた4回の第2打席で、二死から右線二塁打を放った。6回の第3打席では、二死二塁の場面で打席が回り、広島の先発・岡田から二塁内野安打を放ち日米通算2000安打を達成した。《スポニチ》

【英国】EU離脱「再投票」を求める署名が200万超え

国民投票で欧州連合(EU)からの離脱派が勝利した英国で、再投票を求めるインターネット上の請願に、25日午後の時点で200万人を超える署名が集まった。

議会での審議に必要とされる10万人の署名をはるかに超え、28日に下院の特別委員会が取り上げることになった。与党・保守党の議員がツイッター上で確認した。

請願はEU離脱の是非を問う国民投票をめぐり、政府に対して「投票率75%未満で得票率が60%未満の場合は再投票を実施する」との新たなルールを施行するよう求める内容。署名を受け付ける議会の公式サイトはアクセスが殺到し、一時的につながらなくなった。

23日に行われた国民投票の投票率は72%と、昨年の総選挙での66%を上回ったが、請願が設定する75%には達しなかった。結果は離脱派が1741万0742票、得票率52%で過半数を占めたものの、60%には至っていない。《CNN》

【鳩山由紀夫元首相】アジアインフラ投資銀行顧問就任へ

鳩山由紀夫元首相が、中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)の顧問となる「国際諮問委員会」の委員に就任することが、25日分かった。金立群総裁が確認した。日本は米国とともにAIIB参加を見送っており、中国側には、日本の首相経験者を迎え入れることで、日米を切り崩す狙いがありそうだ。《時事通信》

【第24回参院選】公示後初の週末

来月10日投開票の参議院選挙が公示されてから、最初の週末を迎えた。主な政党の党首は各地の街頭で支持を訴えた。

自民党・安倍総裁「この戦いは日本の安全を、子供たちの将来を、いいかげんな共産党、民進党勢力に託すのか、しっかりと国民の命を守ってきた自民党・公明党、与党に託すのか、それを決める選挙なんです」

民進党・岡田代表「分配と成長の両立をしっかりやっていくことこそが経済政策なんです。どうか私たちに託していただきたいと思います。もう1回、この安倍政権、この暴走を止めて軌道修正していきます。私たちに任せてください」

公明党・山口代表「今ようやく見え始めた希望。これを地方にも中小企業にも、みなさんの家庭、個人にもお届けしていく。この希望が行き渡る国をつくろうというのが、これからの公明党の目標になる」

共産党・志位委員長「安倍さんが狙う憲法改定の本丸は9条改憲です。絶対に許すわけにはまいりません。安倍9条改憲ストップの審判をくだそうじゃありませんか」

おおさか維新の会・松井代表「知事や議員、徹底的に全国と比べれば身を切る改革やりましたよ。今の優遇厚遇されすぎの権力に対しておかしいんじゃないかと言える政党はおおさか維新の会、我々しかありません」

社民党・吉田党首「社民党が掲げる経済政策はボトムアップの地域から働く人、中小企業を大事にする、家計を温める経済政策です」

生活の党と山本太郎となかまたち・小沢代表「国民の命と暮らしを守れないで、何で生活、政治ですか。安倍さんのように自由競争、そのままほっといたら弱肉強食、強いものだけが生き残る世の中になってしまう」

日本のこころを大切にする党・中山代表「日本の人々は長い年月をかけてすてきな社会をつくってまいりました。自信をもってこの日本の社会のよさを世界に訴えていきたいと思います」

新党改革・荒井代表「自民党の足りないところを補い、野党の何でも反対を蹴散らして、本当に切なる気持ちを政治に体現していきたい」《日テレNEWS》

6月25日/のできごと