平成10017日目

平成28年6月11日(土)

2016/06/11

【安倍晋三首相】「民進党には、もれなく共産党がついてくる」

「民進党には、もれなく共産党がついてくる」と述べ、野党共闘を皮肉った。安倍首相は「野党統一候補というものではなくて、共産党、民進党の統一候補。民進党には、もれなく共産党がついてくる」と述べた。

安倍首相は11日、愛媛・松山市で講演し、アメリカのオバマ大統領の広島訪問や、北朝鮮の弾道ミサイル発射への対処などにふれ、「助け合う同盟は絆を強くした。日本の安全は、より確かなものとなった」と強調した。

そのうえで、自衛隊解散を訴える共産党とともに、民進党が安全保障法制の廃止を訴えているとして、「日米同盟を根幹から揺るがし、絆と信頼を断ち切る」と述べ、民進、共産勢力に、力を与えないよう呼びかけた。《FNN》



【なすびさん】福島でエベレスト登頂を報告

東日本大震災の被災地応援メッセージ発信を目的にエベレスト登山に挑戦し、タレントとして初めて登頂に成功した、なすび(40)が11日午後、羽田空港着の便で帰国した。家族や支援者に拍手で迎えられ、涙ぐんだ。

震災後の2013年から登頂に挑戦し、先月19日に4度目で悲願を達成した。その後、故郷の福島県に戻り、地元の支援者にも登頂成功を報告した。《スポニチ》

【プロ野球・阪神】5連敗でストップ

阪神3―0日本ハム◇11日◇札幌D

阪神は日本ハムに快勝し、連敗を5でストップ。3回に先制タイムリーを放った大和(28)がお立ち台に上った。

大和は「久し振りのスタメンなので、なんとか結果を出したかった」と試合前から意気込み、自身が先制適時打を放った打席を「1打席目は凡退に終わったので、何とかヒット打とうと思っていたので、よかった」と喜んだ。

また6回にはファインプレーをみせるなど攻守にわたって活躍。「若い選手が目立つなか、中堅も頑張っているところを見せられた」と顔をほころばせた。敵地ながら多くの声援を届けたファンに向け「温かい声援、いつもありがとうございます」と感謝した。

【陸上・桐生祥秀選手】10秒01をマーク

陸上の日本学生個人選手権は11日、神奈川県のShonan BMWスタジアム平塚で第2日の競技が行われ、男子100メートル準決勝で桐生祥秀(東洋大)が日本歴代2位タイで自己ベストに並ぶ10秒01をマークした。

桐生は予選で10秒17の大会新記録をマーク。準決勝でも追い風1・8メートルの好条件に恵まれると、フィニッシュまで流すことなく、京都・洛南高時代の13年4月29日にマークした自己記録に肩を並べた。

桐生は午後6時過ぎに行われる決勝にも出走予定。日本陸連の伊東浩司男子短距離部長が98年に出した10秒00の日本記録の更新はもちろん、日本人初の9秒台が現実味を帯びてきた。《スポニチ》



6月11日のできごと