平成7871日目

2010/07/27

【社民党・辻元清美衆院議員】離党届提出

社民党の辻元清美衆院議員(50)=衆院大阪10区=は27日午後、大阪市内で記者会見し、「本日、私は社民党に離党届を提出しました」と離党を表明した。今後については「無所属議員として活動します」と述べた。会見で辻元氏は目を潤ませながら「社民党の辻元として支援してくださった方々におわびします」と話し、「昨夜は一睡もしていない。離党届を出すのは苦渋の選択だった」と胸の内を明かした。

辻元氏は平成8年に初当選し現在4期目。民主党との連立政権で国土交通副大臣を務めたが、今年5月、社民党が連立離脱した際に副大臣を辞任した。

国土交通副大臣のときに、政権与党の一員として具体的に問題を解決する様子を目の当たりにしたことが、離党を考えるきっかけだったという。

「これまでは批判の急先鋒だったが、日本が危機的にある中で、それだけでは日本を変えることはできない。政権交代を逆戻りさせてはいけないと思った」と述べた。

また、普天間基地移設問題に伴い、社民党が連立政権を離脱したことについては、「党の基本方針に照らしやむを得なかった」と話したが、その一方で「小さな政党が政権の外に出たら、あらゆる政策の実現が遠のくのが心配で、何がこの先、社民党にとって正しい方向なのか悩んだ」と心情を吐露した。《産経新聞》

社民党の福島瑞穂党首は27日、辻元清美衆院議員の離党表明について「今まで(在日米軍の)普天間基地、平和やさまざまなテーマで仲間として一緒にがんばってきたので本当に残念だ」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。

辻元氏の離党表明による同党への影響は「打撃だ」と認めつつも、党首の責任については「党が元気に政策実現をやって国民に応える政党を作るのが責任だ」と明言を避けた。離党届の取り扱いについては「これからの議論」と述べるにとどめた。《産経新聞》



【J1・京都】加藤久監督を解任、秋田豊コーチが新監督に

最下位に低迷する京都は27日、加藤久監督(54)を解任し、秋田豊コーチ(39)が新監督に就任すると発表した。28日の浦和戦(西京極)は秋田コーチが代行として指揮を執る。試合後に監督就任の記者会見を行う。この日、城陽市内の練習場で行われた非公開練習でも指導を行ったもようだ。加藤監督は兼務したチーム統括職も解任され退団する。

加藤監督は07年10月から就任。J1で08年14位、09年12位。今季は2勝4分け8敗で勝ち点10、得失点差で最下位の18位と沈み、3月27日の磐田戦で勝って以降、リーグ戦は10試合連続で白星から見放されていた。日本代表の岡田武史監督(53)も後任候補に挙がっていたが、シーズン中ということもあり、チームをよく知る秋田コーチの昇格に落ち着いた。《スポニチ》

【政府】増税先送り

政府は27日夕の臨時閣議で、2011年度予算の概算要求基準を閣議決定した。「政治主導」で新たな仕組みづくりを狙ったが、目新しい成果は成長戦略などに充てる1兆円超の「元気な日本復活特別枠」を設定した程度。その財源として既存経費を全省庁一律で10%削減する横並びの手法には閣内にも批判がくすぶり、予算組み換えの道は険し道だ。

菅直人首相は臨時閣議で「査定大臣の意識を持ってリーダーシップを発揮してほしい」と全閣僚に指示した。ただ検討段階では、高齢化などで約1兆3000億円増える社会保障費の財源手当てが今後の削減努力に委ねられ、菅首相が意欲を示した消費税の増税論議も宙に浮いたまま。年末までの予算編成過程などに難題を先送りした格好だ。《共同通信》

【この日の菅総理】

口蹄疫対策本部

平成22年7月27日、菅総理は総理大臣官邸で、第11回口蹄疫対策本部を開催しました。

菅総理は、冒頭のあいさつで「本日午前零時をもって、最後まで残っていた宮崎市周辺地域の家畜の移動制限が解除され、宮崎県においても非常事態宣言の解除が発表されたところであります。これまでの、閣僚の皆様や現地で努力された自衛隊、警察をはじめ関係者の方々の御尽力に、改めて感謝申し上げます。
ワクチン接種地域では、早ければ8月末に、また、9月からは本格的に、家畜の導入が可能となる見込みと聞いておりますが、農家の皆様が安心して再び畜産を営むことができるよう、排せつ物の発酵消毒を徹底するとともに、経営支援を図ることが重要だと考えております。また、雇用対策、さらには関連産業や商工業・観光業など地域経済の復興への支援が大きな課題となっております。
まだまだ油断はできませんけど、確実に口蹄疫を無くすという最後の詰めを行うと同時に、これからは畜産の復活に向けてそれぞれ関係者の御努力をお願いしたい。」と述べました。《首相官邸》

記者ぶら下がり

菅直人総理(代表)は、27日夜官邸で記者団に、2011年度予算概算要求組替え基準の閣議決定に関して、10%削減をめぐり、さまざまな意見が出されたことに関する質問に、「政治主導で予算編成をしているのだからいろんな意見が出るのは当然。むしろ政治主道の象徴」と答えた。

さらに、民主党から提言された2兆円の特別枠について、「これから具体化していく」と答えた。

また、日中のガス田交渉がスタートしたことについて、「ここでスタートできたことは大変良かったと思う」と述べ、「早期の妥結が図られれば、さらに喜ばしいと思っている。また鳩山総理が友愛の海といわれたのは大変いい言葉だと思っており、私も友愛の海であってほしいと思っている」と答えた。《民主党ニュース》



7月27日のできごと